お問い合わせ

C&SがおすすめするVMwareソリューション

VMware Horizon Cloud on Microsoft Azure

VMware と Microsoft の組み合わせが実現する新しいDaaSをご提案します。

  • EUC
  • ワークスタイル変革
  • VDI
  • DigitalWS
  • 働き方改革

働き方改革を加速させる仕組みとして注目を集めるVDI。Windows 7の無償延長サポート終了に伴うWindwos 10への移行も追い風となっています。しかし、コスト・基盤の運用負荷・構築や増設に要する時間など、どれも大掛かりすぎてVDIの導入に二の足を踏む企業は少なくありません。事実、オンプレミス型VDIには克服すべき課題も多いのです。

これまでのクライアント仮想化 コストや手間が膨らみ、
導入も運用も大変!

ピンチアウトしてご確認ください

  • 初期投資のインパクトが大きく、小規模では割に合わない
  • 増設に伴う再設計・再構築に手間がかかり、プロジェクトが長期化する
  • 監視からトラブルシューティングまで対応範囲が広く、運用管理の負荷が高い
  • 維持していくためには、熟練の運用管理者が必要である
クラウドを活用した DaaS 「持たない選択」で導入も運用もすっきり!

ピンチアウトしてご確認ください

DaaSによる課題解決

VDIをクラウドから利用するDaaSは、ハードウェアの調達が不要なため、コストを抑えた小規模構成から利用をスタートでき、システムの設計・構築作業もほぼ不要です。リソースの増減にも柔軟に対応でき、無駄が発生しません。

どう実現?

VDI 業界での大規模実績を持つクライアント仮想化技術 世界最大規模のクラウドが持つ弾力性や安全性

最小限のコストと手間で、柔軟性と安全性に優れたVDI環境を実現
  • VMware Horizon Cloud
  • Microsoft Azure
  • 柔軟性と安全性に優れたメンテナンスフリーのVDI環境

VDI 業界での大規模実績を持つクライアント仮想化技術VMware Horizon Cloudと、世界最大規模のクラウドMicrosoft Azureを組み合わせることで、仮想デスクトップとアプリケーションをサービスとして提供することのメリットと、使用量に応じたパブリック IaaS の柔軟性を同時に手に入れ、信頼性に優れた、費用対効果の高いデジタルワークスペースの実現が可能になります。

ピンチアウトしてご確認ください

VMware Horizon Cloud on Microsoft Azureの特長

VMware Horizon Cloud on Microsoft Azureは、VMwareがMicrosoft Azureに特化して提供する、デスクトップ/アプリケーション配信サービスです。言い換えれば、DaaSをMicrosoft Azure上で実現するものです。ご利用中の Microsoft Azure インフラストラクチャを Horizon Cloud 制御プレーンに接続することで、Microsoft Azure データセンターにホストされた仮想デスクトップとアプリケーションをセキュアに提供できます。

  • 継続的なサービスの改善
  • シンプルかつ洗練されたメンテナンスフリーの管理機能
  • 自動化により極小化された運用負荷
  • 公開デスクトップと公開アプリケーションの双方のサポート
  • 2種類の画面転送プロトコル(Blast Extreme、PCoIP)のサポート
on Azureならではのメリット

クラウドだから、すぐにVDI環境を利用できるようになるのはもちろん、スケールアウトもスケールインも自由自在。複雑な仮想基盤の保守やアップデートにも手間がかかることなく、使いたい機能やサービスを迅速かつセキュアに使えるようになります。

グローバルインフラ
  • 世界最大級のクラウドプラットフォーム&バックボーンの活用
  • 最先端IT技術の持続的な供給
コスト削減
  • キャパシティに応じた分単位の従量課金制
  • Microsoftラインセンス費用の最適化
クラウドサービス間連携
  • さまざまなAzureサービスとの連携
  • Office 365との親和性

システム構成・利用イメージ

管理コンポーネントは、VMware Horizon Cloud on Microsoft Azure上のサービス、またはMicrosoft Azureの仮想アプライアンスとして自動展開。新しいバージョンがリリースされると、現在利用している管理コンポーネントの横に新しいバージョンの管理コンポーネントが自動で生成されます。また、管理者がユーザー数を指定するだけで、Microsoft Azure上に必要な数だけの仮想マシンを自動展開します。

ピンチアウトしてご確認ください

活用シナリオ例

経営戦略の実践から具体的な課題の解決まで、これまでにないスピード感と柔軟性でさまざまな目的に対応します。

シナリオ1働き方改革をサポート

社内から社外リソースへ安全に接続
端末へのデータ保存を制限
Office 365とシームレスに連携

シナリオ2クライアントサーバー型
システムの提供

クライアントアプリケーションをRDSホスト上で公開
Microsoft Azure内で完結するクラサバも実装可能

シナリオ3海外からの社内システム
アクセス改善

世界中にDaas環境を展開
MicrosoftのグローバルWANを活用

シナリオ4GPUを使用したスムーズな
アプリケーション操作

GPU 対応インスタンスを使用すれば、
特別な設定無しで 3D での処理が必要となる
CAD アプリケーションや Windows 10、Office 365などの
スムーズな動作が可能

さらに利便性とセキュリティー強化を実現するなら
VMware Workspace ONE™

VMware Workspace ONE を導入することで、ログイン時のセキュリティーを強化する「2 要素認証」やユーザーの利便性を高めるシングルサインオン(SSO)を簡単に提供できます。また、マルチデバイスや、クラウドサービスへのアクセスコントロールなど、アプリケーション・ID・デバイスを Workspace ONE で一元的に管理することができます。

シングルサインオン(SSO)でユーザーの利便性を向上

2 要素認証でセキュリティーを強化

関連情報
さらに表示する

VMware製品、販売についての資料・お問い合わせ VMware製品、販売パートナー制度に関するお問い合わせを受け付けております。お気軽にご相談ください。