BLOGAzureブログ

Windows Server 2008 は Azureへ!
【キャンペーン実施中】

2019.04.04

クラウドサーバーご検討中の方必見 お役立ち資料一覧

Windows Server 2008のサポート終了対策、お済みですか?

「Windows Server 2008」の延長サポートが2020年1月に終了しますが、その対策はお済みですか?
...とは言え、新しいバージョンにするというのはアプリケーションの互換性の問題など、様々な要因で「なかなか難しいし、2008を正直使い続けたい...」とお考えの方も多いはず。

そこでご紹介したいのが、Azure相談センターを運営する SB C&S が実施中の「Go to Azure! 移行キャンペーン」です。

Azureに移行すれば、3年間の"延命"が出来る

なぜ Windows Server 2008 のサポート終了対策として、このキャンペーンをオススメするのか?
それは、Windows Serever 2008 を Microsoft Azure に移行すれば3年間は延命が出来るから。

Windows Server 2008をAzureに移行すれば、2008の延長サポート終了からさらに3年間、延長セキュリティ更新プログラムを無償で入手できます。
今回のタイミングでは大きな投資はせず、Azureにひとまず載せ替えておいて、その猶予期間の間にネクストステップを考えれば良いというわけです。

今後ますますビジネスの機動性が求められる中、クラウドサービスへの移行を検討される企業も多いと思いますが、3年間という猶予があればゆっくり、しっかり移行に向けた準備が整えられますね。

キャンペーンの詳しい情報は、以下のページからご確認ください。

Go to Azure! 移行キャンペーン  キャンペーンサイトへ

クラウドサーバーご検討中の方必見
お役立ち資料一覧

クラウドサーバーご検討中の方必見 お役立ち資料一覧
  • クラウドサーバーの導入を検討しているがオンプレミスとどう違うのか
  • AWSとAzureの違いについて知りたい
  • そもそもAzureについて基礎から知りたい
  • 今、話題の「WVD」って何?

そのようなお悩みはありませんか?
Azure相談センターでは、上記のようなお悩みを解決する
ダウンロード資料を豊富にご用意しています。
是非、ご覧ください。

Azureのことなら、
SB C&Sにご相談を!

導入から活用まで専門スタッフが回答いたします。
お気軽にお問い合わせください。