SOLUTION & PRICEAzure活用例と価格​

リモートデスクトップ
環境構築
(VDI、WVD)

コストを抑えながら簡単にリモートデスクトップ環境を利用するなら、
Windows Virtual Desktop

Windows Virtual Desktop
(WVD)とはWHAT’S WVD

Windows Virtual Desktop(以下、WVD)とは、Microsoftがマネージドサービスとして提供するDaaS(Desktop as a Service)で、2019年9月30日にリリースされた新しいサービスです。

この分野ではVDI製品として、Citrix社の「Citrix XenDesktop」やVMware社の「VMware Horizon」などが以前から提供されてきましたが、WVDはクラウド環境を利用した初のMicrosoft 純正仮想デスクトップサービスです。

  • 01WVDならコストを抑えながら、
    Windows 10環境を利用できる

    一般提供されているWindows 10は 1ユーザーにつき、仮想マシンを1台用意しなければいけません。
    WVDで提供されるWindows 10は、1つの仮想マシンに複数のユーザーが同時利用できるマルチセッションの機能が追加されています。
    数あるDaaSサービスの中で、唯一マルチセッションでWindows 10を利用できるのがWVDです。

    このマルチセッションが出来ることに加え、ライセンス面でも、対象のライセンス(Microsoft 365, Windows 10 Enterprise, VDA)がどれか1つあれば利用できる
    こともあり、従来よりもコストを抑えてWindows 10を利用できます。

  • 02複雑な管理プレーン構築を省き、
    スピーディーに導入

    今までの仮想デスクトップサービスは、デスクトップへ接続ライセンスやセッションを管理するためのサーバー群となる管理プレーンをユーザー自身で
    構築する必要がありました。
    これらのサーバー群を利用するには、サーバーサイズの最適化、ネットワーク最適化、業務継続性のための冗長化など、さまざまな要素を考慮する
    必要がありました。
    環境の構築には大変時間がかかります。もちろんサーバー群も毎月仮想マシンやOSの利用料金が発生します。

    WVDなら、管理プレーンはマイクロソフト側が提供するため、管理プレーン構築に費やした時間や労力が削減でき、テナントの登録と仮想マシンの選定だけで
    利用開始できてしまうので、スピーディーに導入できてしまいます。

こんな悩みも、
WVDを構築することで解決

  • Windows 7のEOSを迎えてしまったけど、アプリがWindows 10に対応していない。

  • WVDではWindows 7の延長サポートを実施しています。

  • リモートデスクトップの管理を考えないといけない、どうすればいい。

  • WVDならMicrosoft標準管理機能が使えて簡単管理、また、管理コンポーネントを構築する必要なく、すぐに利用可能。

  • リモートデスクトップのセキュリティ対策を考えないといけない。

  • WVDならMicrosoftの標準セキュリティ対策機能が使えます。より厳しいセキュリティ基準を。

Azure利用金額(月額・参考価格)PRICE

100人 Windowsマルチセッション
D4s v3(RI3年) Standard HDD
24h/365d 稼働
ワークロード VMの台数 Azure利用料金
Light(6人/vCPU) 5台 48,641.38円/月
Medium(4人/vCPU) 7台 68,097.93円/月
Heavy(2人/vCPU) 13台 126,467.58円/月

2020年4月1日時点の東日本リージョンを利用した際の価格例です。価格に税は含まれません。

※仮想マシンのスペックなど、上記はすべてサンプルとなります。お客さまの条件によって、かかるコストは変化します。
※上記の構成を構築するには、SIなど別途費用がかかります。

Azure WVDアーキテクト図

利用機能FUNCTION

  • Virtual Machines

  • Storage

  • Virtual Network

Azureのことなら、
SB C&Sにご相談を!

導入から活用まで専門スタッフが回答いたします。
お気軽にお問い合わせください。