WHAT’S AZUREMicrosoft Azureとは

オープンなプラットフォームとして
さまざまなサービスを利用することが可能

サーバーやCPUなどインフラストラクチャーの機能を持つIaaS、
そしてアプリケーションの開発環境となるPaaSの2つを合わせて提供します。

Microsoft AzureとはWHAT’S AZURE

Microsoft Azureとは、2010年10月に「Windows Azure」としてサービスを開始したMicrosoft社が提供する
パブリック クラウド プラットフォーム。
コンピューティングからデータ保存、アプリケーションなど、オープンなプラットフォームとして、
さまざまなサービスを利用することが可能です。

AzureはPaaSとIaaSを統合したサービス。サーバーやCPUなどインフラストラクチャーの機能を持つIaaS、
そしてアプリケーションの開発環境となるPaaSの2つを合わせて提供します。
この2つはクラウドサービスの提供者と利用者で管理する範囲が異なってきます。

IaaSとPaaSの管理の違いDifference

IaaSとはInfrastructure as a Service の略で仮想サーバをはじめとした機材やネットワークなどのインフラを、
クラウド上にインターネット経由で作成し利用するサービスです。仮想マシンの OS より上の管理は、利用者が実施。

PaaSとはPlatform as a Serviceの略でアプリケーションソフトが稼働するためのデータベースなどを、
インターネット上に提供されるサービスです。
仮想マシンより上の管理は利用者が実施。

クラウドのメリットMERIT

Azure導入のメリットMERIT

提供機能一覧FUNCTION

Azureでは、Webアプリ、仮想マシン、ストレージなど、多岐に渡るサービスを組み合わせて利用できます。
お客様のニーズに合わせた構築・運用が可能です。

  • 01コンピューティング

    • Virtual Machines

    • Cloud Services

    • Batch

    • Service Fabric

    • Azure Container Service

  • 02Webとモバイル

    • App Service

    • Mobile Apps

    • Mobile Engagement

    • API Management

  • 03データとストレージ

    • SQL Database

    • Storage

    • DocumentDB

    • StorSimple

    • SQL Data Warehouse

    • Azure Redis Cache

    • Seach

  • 04分析とIoT

    • HDInsight

    • Machine Leaning

    • Data Factory

    • Data Catalog

    • Data Lake Analytics

    • Azure IoT Hub

    • Event Hubs

    • Notification Hubs

    • Stream Analytics

  • 05ネットワーク

    • Virtual Network

    • Load Balancer

    • DNS

    • Express Route

    • Traffic Manager

    • VPN Gateway

    • Application Gateway

  • 06メディアとCDN

    • Media Services

    • CDN

  • 07ハイブリッド統合

    • Backup

    • Site Recovery

    • Service Bus

    • BizTalk Services

  • 08セキュリティと管理

    • Azure Active Directory

    • Azure Active
      Directory B2C

    • Azure AD
      Domain Services

    • Multi-Factor Authentication

    • Scheduler

    • Automation

    • Key Vault

    • Log Analytics (OMS)

  • 09開発者向けサービス

    • Visual Studio
      Team Services

    • Visual Studio
      Application Insights

Microsoft Azureの料金についてPRICE

  • Azureの使用料金は固定額ではありません。さまざまなリソースの利用時間や利用量に比例して価格が変動する仕組みになっています。
    たとえば仮想マシンであれば、基本となる仮想マシンのサイズに利用時間をかけたものが使用料金になります。
    また、ストレージ使用料金であれば保存しているデータ量が、同様にネットワーク使用料金であればデータセンターからの送信データ量が料金決定のポイントとなります。 さらに、有償サポートも利用件数に応じて料金が変わります。
    毎月の利用料金を節約するためには、仮想マシンであれば使用しないものは落としておく、クラウドへ保存しておく必要のないデータはAzureの外に逃がしておく、など工夫をするとよいでしょう。必要なものを必要な分だけ使う。これがAzureを安価に利用するコツです。
    >詳細はこちら

Azure利用料の仕組みUSAGE FEE

Azureの利用料は毎月固定の金額ではなく、利用時間やリソース使用料、拡張機能、サポート利用などにより変動します。

仮想マシンのサイズ
×利用時間
ストレージ
データ量
ネットワーク送信
データ量※1
バックアップ
データ量※2
ルーター起動時間
インスタンス量/月
有償サポート利用分※3

※1:データセンターへの送信データ量(アップロード)は無料です。
※2:バックアップからの復元は通信料も含め費用は発生しません。
※3:有償サポートがOpenライセンスでの支払いはできません。

Azureのことなら、
SB C&Sにご相談を!

導入から活用まで専門スタッフが回答いたします。
お気軽にお問い合わせください。