BLOGAzureブログ

ついにGAされた
Azure Virtual Desktop(旧Windows Virtual Desktop)とは!?
[概要/特徴編]

2019.11.18

クラウドサーバーご検討中の方必見 お役立ち資料一覧

皆さまこんにちは!SB C&S の井上です。
2018年の Ignite で発表され、2019年3月にパブリックプレビューが開始された注目のサービス、「Azure Virtual Desktop(旧Windows Virtual Desktop)」が9月末に突如 GA されました。

そこで今回は Azure Virtual Desktop(旧Windows Virtual Desktop)とはどういったサービスなのか、概要と特徴についてご紹介していきます。

Azure Virtual Desktop(旧Windows Virtual Desktop)とは?

Azure Virtual Desktop(旧Windows Virtual Desktop)とは、Microsoft 純正の仮想デスクトップサービスです。

AVD(旧WVD) には様々な特徴やメリットがあるので、以下にまとめます。

  • Windows 10 マルチセッションを提供する唯一のサービス
  • Windows 7 の 3年間の ESU(Extended Security Update) を無償提供
  • Azure データセンターのリソースを利用し、素早く展開/スケーリング可能
  • Office 365 ProPlus に最適化
  • FSLogix の各機能を無償で利用可能
  • パートナーエコシステムとの連携で機能拡張


現在、働き方改革の推進によって DaaS や VDI などの仮想デスクトップサービスが注目を集めていますが、AVD(旧WVD) には他の仮想デスクトップサービスにはない、AVD(旧WVD) 限定の大きなメリットがあります。
そのメリットとは、Windows 10 マルチセッションが利用できるという点です。

AVD(旧WVD)の価格は?

AVD(旧WVD) を利用するには、先述したライセンス料金に加えて、Azure リソースの利用料金も必要となります。AVD(旧WVD) のアーキテクチャは「Microsoft 管理プレーン」と「ユーザー管理プレーン」の2つに大分されますが、実際に支払が必要なのは「ユーザー管理プレーン」内のリソースのみであり、「Microsoft 管理プレーン」内のリソース利用料金は所定のライセンス料金に含まれています。

したがって、AVD(旧WVD) の利用に必要なトータルの価格は、
[ユーザー管理プレーンのリソース利用量 + (ライセンス料金 × 利用ユーザー数)] となります。

より詳しい情報は「ついにGAされた Azure Virtual Desktop(旧Windows Virtual Desktop)とは!? [アーキテクチャ/価格編] 」
でご覧いただけます。是非ご確認ください。

AVD(旧WVD) 環境の構築前準備

AVD(旧WVD) を構築するにあたり、以下4つのリソースを事前に準備しておく必要があります。

AVD(旧WVD) に必要なリソース

以下2通りの方法からどちらかを用意
 方法1: Azure AD + Azure AD Domain Services
 方法2: Azure AD + Active Directory Domain Controller + Azure AD Connect

所有のマスターイメージを Azure 上に持ち込むか、Azure Marketplace の OS イメージから構成
 (FSLogix を利用する場合は、マスターイメージにインストール/設定しておく)

ファイルサーバーかストレージアカウントからどちらか一方、もしくは両方を用意

Azure AD ユーザーを作成して TenantCreator ロールを割り当てる

 

上記4つのリソースを準備した後、以下の手順で AVD(旧WVD) を構築していきます。
具体的な手順は「ついに GA された Azure Virtual Desktop(旧Windows Virtual Desktop)とは!? [構築手順/接続方法編]」
でご覧いただけます。是非ご確認ください。

Windows 10 マルチセッションとは?

Windows 10 マルチセッションとは、AVD(旧WVD) 限定で提供される、マルチセッション機能を備えた Windows 10 Enterprise です。

仮想デスクトップ 提供方式

仮想デスクトップ 提供方式

この機能により、Windows 10 のセッションホスト仮想マシンに複数ユーザーで同時アクセスして利用することができます。
セッションホストがネイティブなクライアント OS で動作するので、サーバー OS で動作するSBCと異なり、半期チャネル、Edge、コルタナ、ストアアプリなども利用可能です。
また、ユーザー専用の仮想デスクトップを提供する VDI と比較して、仮想マシンの台数を大幅に抑えられるため、コストを抑えられるという大きなメリットがあります。

つまり、Windows 10 マルチセッションは SBC と VDI のメリットを併せ持った、新たな方式の仮想デスクトップサービスです。

AVD(旧WVD) では Windows 10 だけでなく Windows 7 も提供されますが、Windows 7 のセッションホストではマルチセッション方式がサポートされていない点に注意が必要です。
また、AVD(旧WVD) では Windows 7 の延長セキュリティアップデートが無償で提供されますが、あくまでも Windows 10 への移行計画を前提とする延命処置としての利用が推奨されています。

FSLogix とは?

2018年11月に Microsoft が買収した FSLogix の機能を無償で利用できるのも、AVD(旧WVD) の大きなメリットの内のひとつです。

FSLogix によって、AVD(旧WVD) に以下5つの機能が提供されます。

  • Profile Container
  • Office 365 Container
  • Cloud Cache
  • App Masking
  • Java Redirection

FSLogix の概要/特徴

FSLogix の概要/特徴

これらの機能を利用することで、ユーザーエクスペリエンスの向上、管理者の負担軽減が見込めます。

パートナーエコシステムとは?

AVD(旧WVD) では、パートナーエコシステムとして提携しているサードパーティ製品の機能を組み合わせて、AVD(旧WVD) の機能を拡張することができます。
現在発表されているパートナーと提供機能は以下の通りです。

パートナーエコシステム一覧

パートナーエコシステム一覧

パートナーエコシステムの拡張機能を利用するためには、追加でライセンス料金が必要となりますが、利用者の要望に合わせて機能拡張したり、管理者の負担を軽減したりなど、より柔軟な構成が可能になります。

まとめ

今回は Microsoft 純正の仮想デスクトップサービスである Azure Virtual Desktop(旧Windows Virtual Desktop)の概要と特徴のうち、

  • Windows 10 マルチセッション
  • FSLogix
  • パートナーエコシステム

についてご紹介いたしました。

次回も AVD(旧WVD) について、ライセンスや価格、アーキテクチャを中心にご紹介する予定ですので、ご期待ください!

連載第2回 『AVD(旧WVD) アーキテクチャ/価格編』 はこちら
連載第3回『AVD(旧WVD) 構築手順/接続方法編』はこちら
その他:AVD(旧WVD) v2構築方法 詳細はこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

利用方法やユースケースなど、Azure や AVD(旧WVD) に関してご不明な点がございましたら、ぜひお気軽に Azure相談センター までお問い合わせください。
Azure に精通したスタッフが丁寧にご回答いたします。

著者紹介 | SB C&S株式会社 井上 雄貴 (JDLA Deep Learning for ENGINEER 2019 #1)

Azureの導入や運用に関するお悩みは SoftbankグループのSB C&Sにご相談ください

SoftbankグループのSB C&Sは、さまざまな分野のエキスパート企業との協力なパートナーシップによって、多岐にわたるAzure関連ソリューションをご提供しています。

「Azureのサービスを提供している企業が多すぎて、どの企業が自社にベストか分からない」
「Azure導入のメリット・デメリットを知りたい」
「Azureがどういう課題を解決してくれるのか知りたい」
など、Azureに関するお悩みならお気軽にお問い合わせください。
中立的な立場で、貴社に最適なソリューションをご提案いたします。

クラウドサーバーご検討中の方必見
お役立ち資料一覧

クラウドサーバーご検討中の方必見 お役立ち資料一覧
  • クラウドサーバーの導入を検討しているがオンプレミスとどう違うのか
  • AWSとAzureの違いについて知りたい
  • そもそもAzureについて基礎から知りたい
  • 今、話題の「WVD」って何?

そのようなお悩みはありませんか?
Azure相談センターでは、上記のようなお悩みを解決する
ダウンロード資料を豊富にご用意しています。
是非、ご覧ください。

Azureのことなら、
SB C&Sにご相談を!

導入から活用まで専門スタッフが回答いたします。
お気軽にお問い合わせください。