【漫画】亜鶴のクラウド導入奮闘記 第1回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンサルティング会社に勤める主人公・小田亜鶴(あづる)。入社当初はサービス開発ができる仕事を熱望していたが、会社の方針で営業を3年間任されることに...。そして、4年目で念願のシステム部門に配属された。これまでにないサービスの開発に意気込む亜鶴だったが、意外にも初めて着手した仕事はよくわからないクラウドサービスを社内に提案することだった。

第2回はこちら

資料ダウンロードフォームのページへのリンク