BLOGAzureブログ

Azure Virtual Desktop (AVD) の展開をより簡単に!AVDでAzure AD Joinした端末を展開する方法 -後編-

2021.08.06

クラウドサーバーご検討中の方必見 お役立ち資料一覧

皆さまこんにちは。SB C&Sの井上です。

先日、Microsoftの純正DaaSサービスであるWindows Virtual Desktop(WVD)がAzure Virtual Desktop(AVD)に名称変更され、追加機能のアナウンスもありました。WVDは2019年のリリース後から非常に注目度の高いサービスだったので、AVDにリブランドされて何が変わったのか、どんな機能が追加されるのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、AVDの新たなプレビュー機能である、AVDでAzure AD JoinしたVMを展開する方法についてご紹介します。この機能を使うことで、WVDで必要であったADDS, Azure ADDSなどの認証基盤がなくてもAVDを利用することができるようになります。

前回の記事ではAD Joinとは、というところから、サポートされる構成、設定方法までご案内しました。今回の後編では、Azure AD Joinした AVD セッションホスト VM への接続方法をご紹介します。

1.接続方法

それでは早速、Azure AD JoinしたAVDセッションホストVMへの接続方法をご紹介します。AVDセッションホストにアクセスするローカルPCは以下のいずれかの条件を満たしている必要があります。

  • ローカルPCがセッションホストと同じAzure ADテナントにAzure AD Joinしている
  • ローカルPCがセッションホストと同じAzure ADテナントにハイブリッドAzure AD Joinしている
  • ローカルPCがWindows 10, Version 2004以降で、セッションホストと同じAzure ADテナントにAzure AD登録している

また、Azure AD Joinしていないローカルデバイス(Windows, Android, macOS, iOS)などからアクセスする場合は、4-3.の手順でホストプールのRDPプロパティを追加する必要があります。今回はローカルPCとしてHyper-VでWindows 10 Pro, Version 21H1を作成し、セッションホストと同じAzure ADテナントにAzure AD Joinしています。

画像11_AVD_ローカルPC_AADJoin_Azure Portal.png

(1) ローカルPCをホストプールと同じAzure ADテナントにAzure AD Join

画像12_AVD_ローカルPC_AADJoin_Hyper-V.png

(2) AVDのアプリケーショングループに割り当てたユーザーでローカルPCにサインイン

画像13_AADユーザーサインイン.png

(3) Windows DesktopクライアントからAVDにアクセス

画像14_AVD_Windows Desktopクライアント1.png

画像15_AVD_Windows Desktopクライアント1.png

画像16_AVD接続.png

4.まとめ

前回・今回と2回に渡って、AVDの新たなプレビュー機能である、AVDでAzure AD JoinしたVMを展開する方法についてご紹介しました。

この機能を使うことで、WVDで必要であったADDS, Azure ADDSなどの認証基盤がない環境でもAzure ADのみでAVDを利用することができるようになります。これによりAVDのデプロイと管理がより簡単になり、必要なリソースが減ることで利用コストも削減できるというメリットがあります。

一方、AVDのAzure AD Join機能で作成したセッションホストでは現状ローカルプロファイルのみのサポートなので、マルチセッションでのユーザープロファイル管理が難しい点、ADDSを利用しないのでグループポリシーの配信ができない点などは注意が必要です。

現在プレビュー中のサービスなので、今後GAに向けてこれらの点がアップデートされれば、より使いやすく便利な機能になるのではないでしょうか。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

利用方法やユースケースなど、Azureに関してご不明な点がございましたら、ぜひお気軽に Azure相談センター までお問い合わせください。
Azure に精通したスタッフが丁寧にご回答いたします。

著者紹介:SB C&S 井上 雄貴


  【 著者紹介 】
  井上 雄貴   ・Azure Solutions Architect Expert   ・JDLA Deep Lerning for ENGINEER 2019 #1
  SB C&S株式会社 技術統括部 第1技術部 2課

 

Azureの導入や運用に関するお悩みは SoftbankグループのSB C&Sにご相談ください

SoftbankグループのSB C&Sは、さまざまな分野のエキスパート企業との協力なパートナーシップによって、多岐にわたるAzure関連ソリューションをご提供しています。

「Azureのサービスを提供している企業が多すぎて、どの企業が自社にベストか分からない」
「Azure導入のメリット・デメリットを知りたい」
「Azureがどういう課題を解決してくれるのか知りたい」
など、Azureに関するお悩みならお気軽にお問い合わせください。
中立的な立場で、貴社に最適なソリューションをご提案いたします。

クラウドサーバーご検討中の方必見
お役立ち資料一覧

クラウドサーバーご検討中の方必見 お役立ち資料一覧
  • クラウドサーバーの導入を検討しているがオンプレミスとどう違うのか
  • AWSとAzureの違いについて知りたい
  • そもそもAzureについて基礎から知りたい
  • 今、話題の「WVD」って何?

そのようなお悩みはありませんか?
Azure相談センターでは、上記のようなお悩みを解決する
ダウンロード資料を豊富にご用意しています。
是非、ご覧ください。

Azureのことなら、
SB C&Sにご相談を!

導入から活用まで専門スタッフが回答いたします。
お気軽にお問い合わせください。