BLOGAzureブログ

トレンド&ニュース Vol.8
(4月後半)

2015.04.30

クラウドサーバーご検討中の方必見 お役立ち資料一覧

こんにちは!
4月に入り、Microsoftからは新しいサービスや機能の追加が次々と発表されています。日本でも5月に、開発者向けイベント「de:code」が控えております。今回は一体どんな発表があるのでしょうか。まずはこちらのニュースまとめで、予習しましょう!

Microsoft、マイクロサービス向けPaaS「Azure Service Fabric」を発表

Azureのアプリケーションを小さく細分化して利用できる新サービス「Azure Service Fabric」が一般提供されることになりました。Microsoftの自社イベント「Build 2015」で開発者向けのプレビュー画面が公開される予定で、2015年には一般提供開始となる見込み。これを使えば土台のインフラに関係なくアップデートとメンテナンスが可能なマイクロサービスを構築できます。

「Azure Service Fabric」の詳しい紹介はこちら
http://japan.zdnet.com/article/35063452/

Microsoftのイベント「de:code」開催

Microsoftの開発者向けイベント「de:code」が、5月26日(火)と27日(水)に開催されます。今回はTechEdのようなインフラ技術者を対象としたセッションが充実。日本マイクロソフトのエヴァンジェリスト 井上章氏は、今回の意気込みと見所を記事中で紹介しています。イベントの詳細は公式サイトでご確認ください。

参加登録や当日のプログラムが掲載された公式サイトはこちら
http://www.microsoft.com/ja-jp/events/decode/2015/default.aspx

日本マイクロソフトのエバンジェリスト・井上章氏が紹介するイベントの見所はこちら
http://thinkit.co.jp/story/2015/04/22/5698

Azure Backupの新しい料金モデルを発表

Azure でバックアップを行う TCO (総所有コスト) の大幅な削減を目的として、新料金体系が発表されました。新しい料金モデルは「ソフトウェアの管理コスト」と「バックアップストレージのコスト」の2つのパートから構成。100GBの仮想マシンで1日の更新量は1%、復旧ポイントの保持期間は1年間、冗長ストレージをLRSで構成した場合、従来のモデルと比較して77%コストダウンできます。あらゆる規模のバックアップコストの削減が可能です。

Azure Marketplaceの利用範囲を拡大

今回、Azure Marketplaceを多くのお客様が利用できるように、利用範囲の拡大が発表されました。Enterprise Agreement (EA)の直接契約MicrosoftのWebから直接購入したお客様に加え、86か国のEA間接契約のお客様も利用できます。3000種類を超えるアプリケーションやサービスの購入、構成、運用の実現が可能になりました。

新しいコンテナーテクノロジを
発表

ビジネスのスピードに合わせて、迅速かつ効率的にアプリケーションを構築し、利用できる状態にする手法が「コンテナー」です。Microsoftと Docker, Inc.は昨年10月、Windowsエコシステム全体でDockerとコンテナー利用を可能にすることを合同発表しました。この記事では、コンテナー利用に関する取り組みのうち、「Hyper-V コンテナー」と「Nano Server」の2つの機能を紹介しています。

Azure Media Servicesにライブエンコーディングなど、新機能が追加

動画ストリーミングのプラットフォームであるAzure Media Servicesに、さまざまな新機能が追加されました。このアップデートによって、ライブエンコーディングが可能になり、リアルタイムで複数のフォーマットにより動的に動画を再生できるようになりました。ライブエンコーディングについてMicrosoftは「真のクラウドDVR体験」を提供する機能と解説しています。

Azure Media Servicesのアップデートに関する記事はこちら
http://jp.techcrunch.com/2015/04/14/20150413microsoft-updates-azure-media-services-with-live-encoding-new-media-player-and-more/

photo:Thinkstock / Getty Images

クラウドサーバーご検討中の方必見
お役立ち資料一覧

クラウドサーバーご検討中の方必見 お役立ち資料一覧
  • クラウドサーバーの導入を検討しているがオンプレミスとどう違うのか
  • AWSとAzureの違いについて知りたい
  • そもそもAzureについて基礎から知りたい
  • 今、話題の「WVD」って何?

そのようなお悩みはありませんか?
Azure相談センターでは、上記のようなお悩みを解決する
ダウンロード資料を豊富にご用意しています。
是非、ご覧ください。

Azureのことなら、
SB C&Sにご相談を!

導入から活用まで専門スタッフが回答いたします。
お気軽にお問い合わせください。