セールスセンターサイト

Symantec Endpoint
Security (SES-E/SES-C)

働き方が多様化した時代にも適合し、
標的型対策にも最適なエンドポイントセキュリティ

仕様

提供機能

マルウェア対策

集中保護

機械学習

メモリエクス
プロイト緩和

ふるまいに
基づく防止

侵入防止

ファイアウォール

モバイル
セキュリティ

スクリプト
エミュレーター

Active Directory
保護

脆弱性評価

アプリケーション
制御

標的型攻撃
クラウド分析

EDR

アナリストによる
調査分析

ふるまい
フォレンジックス

脅威分析

利用環境

CPU Intel Pentium デュアルコアまたは同等以上(8 コア以上を推奨)
メモリ 2 GB 以上の RAM 空き容量 (8 GB 以上を推奨)
ハードディスク ■ローカル SQL Server データベースを使用する場合
管理サーバーとデータベース用に最低 40 GBの容量が 利用可能であること (200 GB を推奨)

■リモート SQL Server データベースを使用する場合
管理サーバー用に最低 40 GBの容量が 利用可能であること(100 GB を推奨)
データベースのリモートサーバー用に追加のディスク容量が利用可能であること
対応OS Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2019
Webブラウザ Microsoft Edge Chromium ベースのブラウザ (14.3 以降)
Microsoft Edge(32 ビット版の Windows 10 は、サポート対象外となります。)
Microsoft Internet Explorer 11 (14.2.x 以前)
Mozilla Firefox 5.x ~ 83
Google Chrome 87
CPU 32 ビット CPU
Pentium 4 2 GHz 以上または同等のプロセッサ推奨

64 ビット CPU
Pentium 4 2 GHz with x86-64 サポート以上または同等のプロセッサ推奨
メモリ 1 GB以上 (2 GB を推奨)または各OSでの推奨値に従う
ハードディスク 395 MB
対応OS Windows 7(32 ビット、64 ビット、RTM、SP1)
Windows Embedded 7 Standard、POSReady、Enterprise (32 ビット、64 ビット)
Windows 8(32 ビット、64 ビット)
Windows Embedded 8 Standard (32 ビット、64 ビット)
Windows To Go を含む Windows 8.1 (32 ビット、 64 ビット)
Windows 8.1 (2014 年 4 月更新) (32 ビット、64 ビット)
Windows 8.1 (2014 年 8 月更新) (32 ビット、64 ビット)
Windows Embedded 8.1 Pro、Industry Pro、Industry Enterprise (32 ビット、64 ビット)
Windows 10 (バージョン 1507) (32 ビット、64 ビット)、Windows 10 Enterprise 2015 LTSB を含む
Windows 10 November Update (バージョン 1511) (32 ビット、64 ビット)
Windows 10 Anniversary Update (バージョン 1607) (32 ビット、64 ビット)、Windows 10 Enterprise 2016 LTSB を含む
Windows 10 Creators Update (バージョン 1703) (32 ビット、64 ビット)
Windows 10 Fall Creators Update (バージョン 1709) (32 ビット、64 ビット)
Windows 10 April 2018 Update (バージョン 1803) (32 ビット、64 ビット)
Windows 10 October 2018 Update (バージョン 1809)(32 ビット、64 ビット)、Windows 10 Enterprise 2019 LTSC を含む
Windows 10 May 2019 Update (バージョン 1903)(32 ビット、64 ビット)
Windows 10 November 2019 Update (バージョン 1909) (32 ビット、64 ビット) (14.2 RU1 以降)
Windows 10 20H1 (Windows 10 バージョン 2004) (14.3 以降)
Windows 10 20H2 (Windows 10 バージョン 2009) (14.3 RU1 時点)
Windows Server 2008 R2
Windows Small Business Server 2011
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2012 R2 (2014 年 4 月更新)
Windows Server 2012 R2 (2014 年 8 月更新)
Windows Server 2016
Windows Server 2019
Windows Server version 1803 (サーバーコア) (14.2 以降)
Windows Server version 1809 (サーバーコア)
Windows Server version 1903 (サーバーコア) (14.2 RU1 以降)
Windows Server version 1909 (サーバーコア) (14.2 RU1 以降)
Windows Server version 2004
Windows Server version 20H2 (14.3 RU1)
CPU Intel Pentium 1 GHz 以上
メモリ 256 MB 以上(EDRなどの機能を使用する場合はメモリの追加が必要です)
ハードディスク 245MB以上
対応OS Windows Embedded Standard 7 (32 ビット、64 ビット)
Windows Embedded POSReady 7 (32 ビット、64 ビット)
Windows Embedded Enterprise 7 (32 ビット、64 ビット)
Windows Embedded 8 Standard (32 ビット、64 ビット)
Windows Embedded 8.1 Industry Pro (32 ビット、64 ビット)
Windows Embedded 8.1 Industry Enterprise (32 ビット、64 ビット)
Windows Embedded 8.1 Pro (32 ビット、64 ビット)
CPU Intel Core 2 Duo 以上またはApple M1 chip以上
メモリ 2 GB 以上の RAM 空き容量
ハードディスク 1GB以上
対応OS macOS 10.15 ~ 10.15.7
macOS 11 (Big Sur)
CPU Intel Pentium 4 2 GHz 以上
メモリ 500 MB 以上のRAM空き容量(4 GB 以上を推奨)
ハードディスク /var、/opt、および /tmp が同じファイルシステムまたはボリュームを共有する場合、2 GB 以上のディスク空き容量
異なるボリュームにある場合、各 /var、/opt、および /tmp に 500 MB 以上のディスク空き容量
対応OS (バージョン 14.3 RU1 の時点でサポートされているオペレーティングシステム)
Amazon Linux 2
CentOS 6、7、8
Debian 9、10 (14.3 RU2 以降)
Oracle Enterprise Linux 6、7、8
Red Hat Enterprise Linux 6、7、8
SuSE Linux Enterprise Server 12.x、15.x
Ubuntu 14.04 LTS、16.04 LTS、18.04 LTS、20.04 LTS
(バージョン 14.3 MP1 以前でサポートされているオペレーティング システム)
Amazon Linux
CentOS 6U3 - 6U9, 7 - 7U7, 8 (32 ビット、64 ビット)
Debian 6.0.5 Squeeze、Debian 8 Jessie(32 ビット、64 ビット)
Fedora 16, 17(32 ビット、64 ビット)
Oracle Linux (OEL) 6U2、6U4、6U5、6U8、7、7U1、7U2、7U3、7U4
Red Hat Enterprise Linux Server (RHEL) 6U2 - 6U9, 7 - 7U8, 8-8U2
SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 11 SP1 - 11 SP4 (32 ビット、64 ビット)、12 (64 ビット)、12 SP1 - 12 SP3 (64 ビット)
SUSE Linux Enterprise Desktop (SLED) 11 SP1 - 11 SP4 (32 ビット、64 ビット)、12 SP3 (64 ビット)
Ubuntu 12.04, 14.04, 16.04, 18.04 (14.3 時点)、32 ビット、64 ビット
対応OS Android:バージョン5.0以降
iOS/iPadOS:バージョン9.0以降

システム構成

お客さまの環境に合わせて、オンプレミス、クラウド、ハイブリッドでシステムをご利用いただくことが可能です。
※オンプレミスやハイブリッドの場合、一部機能に制限が発生する場合がございます。