オンプレミス環境からAzureへの移行手順をコンパクトに解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オンプレミス環境からAzureへの移行手順をコンパクトに解説

クラウドの導入を検討されている皆さんの間では、IaaS、PaaS、SaaSの3パターンのうち、IaaSへの注目度が高いようです。やはり、オンプレミス環境からの移行する際の柔軟性の高さが支持を集めるポイントなのかもしれません。

そこで今回は、「移行ステップ」「ネットワーク設定」「ファイルサーバーのアクセス権限」など、IaaS導入にあたって検討が必要な項目を、大まかなフローが把握しやすいよう、コンパクトにわかりやすくご紹介します。なお、これまでブログで紹介した内容と合わせてご覧いただくとさらに理解が進みます。ぜひ、リンク先のブログと合わせてお読みください。

移行ステップ

クラウドへの移行は、以下のステップに沿って行われるのが一般的です。

中小規模の企業のシステムをクラウドに移行する際のポイントは、まずはシンプルなステップでスピーディーに切り替えを進めてしまい、クラウド環境での運用開始を当面のゴールとすること。クラウドなので、運用が始まってからの調整もスムーズです!

Iaas移行の詳しいチェックポイントについては、以下の記事に詳しく記載されています。
運用中のシステムをクラウドへ移行するならなぜIaaSが最適なのか

ネットワーク設定

では、実際にAzure導入した際のネットワークの設定について説明しましょう。まずネットワーク設定にあたっては、オンプレミス側に、VPN デバイスまたは RRAS が必要です。また「サイト対サイト」 構成により、オンプレミスのネットワークと Azure の仮想ネットワークをまたいで、Active Directory ドメインを構成できます。

VPNを用いる場合、ネットワーク設定は以下の手順で行います。

Azure相談センターでは、他にもAzureの機能の紹介など、Azureへの移行を検討している方に役立つ情報がたくさん紹介されています。ぜひブログ記事もご覧ください。