BLOGAzureブログ

Windows 365 って何?どんな人向けのサービス?基本情報を解説

2021.07.26

クラウドサーバーご検討中の方必見 お役立ち資料一覧

この記事のライター:SB C&S Azure 相談センター 五味ちゃん【この記事は、3分で読めます】
皆さまこんにちは。SB C&Sの五味です。
先日のMicrosoft Inspire で、新たに Windows 365 の発表がありましたね。『新型コロナウイルス感染防止対策としてテレワークを強いられる中で、新たな目玉ソリューションとなりそう』ということで、弊社内では今一番注目しているサービスです。

AzureなのかMicrosoft 365なのか、線引が難しいサービスということもあって、今回は日頃Office 365・Microsoft 365 相談センターでブログを書いている私 五味 が、このWindows 365について、2回に分けてご紹介します。今回の前編では、Windows 365の基本的な情報をご説明します。次回の後編では、AVD(旧称:WVD)との比較について見ていく予定ですのでそちらもお楽しみに。
Azureを取り扱っている販売店のご担当者さまはもちろん、セキュアなテレワークの方法を模索されている方、DaaSに興味がある方、BYOPCをさせたいと考えている方はぜひ最後までお付き合いくださいね。

1.Windows 365とは?

Windows 365とは、簡単に表現すると、一種の DaaS (Desktop as a Service)で、パソコン(Mac OSのPCでもOK)やiPadなどの端末上のChromeやSafari、FirefoxなどのWebブラウザから、クラウド上に設置したWindows OS(パーソナライズされた Windows 10 または Windows 11 デスクトップ)にアクセスして利用できるサービスです。

そして、Windows 365 のセキュリティはゼロ・トラストの原則に基づく強固なものとなっているのがポイントです。Windows 365を使えるようになれば、必然的にBYOPC(Bring Your Own PC、つまり個人の端末を利用すること)という選択肢も増えるわけですが、管理されていない個人のデバイスが、企業のアプリケーションやデータに安全にアクセスできるよう、徹底したセキュリティ対策が施されます。

Windows 365 のセキュリティは、ゼロトラストの原則に基づく

Windows 365 のセキュリティは、ゼロトラストの原則に基づく

Microsoft が Windows 365 を投入した背景には、やはり新型コロナウイルスの流行と、それにより全世界でテレワークが急速に広がったこと、そして現在はオフィス勤務とテレワークを併用するハイブリッドワークという働き方も広まりつつあることがあるようです。パーソナライズされたデスクトップを従業員一人ひとりに貸与し、安全に、且つ快適に、業務効率を損なわせることなく使わせることは、日本でもテレワークにこの一年取り組んできた企業の担当者なら一度は頭を抱えた問題ではなかったでしょうか。

Microsoft Azure では、AVD(Azure Virtual Desktop、旧称:Windows Virtual Desktop・WVD) というVDIのプラットフォームをすでに提供しています。このサービスとの違いが何なのかという点について、詳しくは次回の記事でご紹介したいと考えていますが、VDIの詳しいノウハウを持っていなくても、簡単に管理とデプロイが出来るというところが特に Windows 365 の強みのようです。
※その他にも、料金面ではAVDが従量課金なのに対し、Windows 365は「予測可能なユーザーごとの価格設定」という情報もありますが、現時点で詳細な料金情報が出ていないため、この記事では言及は控えたいと思います。

2.Windows 365は、どんな人に向けたサービス?

Microsoftの公式ブログでは、下記のように表現されています。

"Windows 365 is for the approximate 80% of the marketplace that lacks the need for full customization or the resources for dedicated IT."

和訳すると、『Windows 365は、フルカスタマイズや専用のITリソースを必要としない、市場のおよそ80%を対象にしている』というところですが、つまりクラウドシフトを検討しているものの、SIerに手を借りるのも負担だったり、自社でITのリソースを十分に確保できない中小企業をメインターゲットと据えていると思われます。"市場の80%"という数字に、Microsoftの強気と自信を感じますね...!

3.リリース時期、リージョン、料金は?

現時点(2021年7月21日)では、2021年8月2日にリリースと発表されています。しかし、リリース時点で利用できるリージョン(地域)は未発表のため、すぐに日本リージョンで使えるかどうかは不明です。すぐに使えると嬉しいですよね。
また現在のところ、Windows 365の利用料金に関する情報は発表されていません。利用料金が発表され次第、更新しますので、続報をお待ち下さい!

4.まとめ

いかがでしたか?非常にあっさりとした記事となってしまいましたが、「Windows 365 って急に聞くようになったけど、一体何?」と思われている方には、ひとまずざっくりとした概要をお伝えできたのではないかなと思います。

  • 五味ちゃん の ワンポイントまとめ
  • (1)Windows 365とは、パソコン(Mac OSのPCでもOK)やiPadなどの端末上のChromeやSafari、FirefoxなどのWebブラウザから、クラウド上に設置したWindows OSにアクセスして利用できるサービス
  • (2)クラウドシフトを検討しているものの、SIerに手を借りるのも負担だったり、自社でITのリソースを十分に確保できない中小企業がメインターゲット
  • (3)リリースは2021年8月2日。ただし利用できるリージョンや、詳細な利用料金は未発表

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

利用方法やユースケースなど、Azureに関してご不明な点がございましたら、ぜひお気軽に Azure相談センター までお問い合わせください。
Azure に精通したスタッフが丁寧にご回答いたします。

Azureの導入や運用に関するお悩みは SoftbankグループのSB C&Sにご相談ください

SoftbankグループのSB C&Sは、さまざまな分野のエキスパート企業との協力なパートナーシップによって、多岐にわたるAzure関連ソリューションをご提供しています。

「Azureのサービスを提供している企業が多すぎて、どの企業が自社にベストか分からない」
「Azure導入のメリット・デメリットを知りたい」
「Azureがどういう課題を解決してくれるのか知りたい」
など、Azureに関するお悩みならお気軽にお問い合わせください。
中立的な立場で、貴社に最適なソリューションをご提案いたします。

クラウドサーバーご検討中の方必見
お役立ち資料一覧

クラウドサーバーご検討中の方必見 お役立ち資料一覧
  • クラウドサーバーの導入を検討しているがオンプレミスとどう違うのか
  • AWSとAzureの違いについて知りたい
  • そもそもAzureについて基礎から知りたい
  • 今、話題の「WVD」って何?

そのようなお悩みはありませんか?
Azure相談センターでは、上記のようなお悩みを解決する
ダウンロード資料を豊富にご用意しています。
是非、ご覧ください。

Azureのことなら、
SB C&Sにご相談を!

導入から活用まで専門スタッフが回答いたします。
お気軽にお問い合わせください。