2018.11.19

セキュリティーチェックを自動化してDevSecOpsへ

永見絢子
株式会社アシスト
社長室 新規事業推進担当
このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

株式会社アシスト 社長室 新規事業推進担当の永見絢子と申します。

DevOpsがO'Reilly Media主催の技術カンファレンス「Velocity 2009」で登場してから約10年、日本でもDevOpsを実践している、または実践しようとするユーザ企業は着実に増えています。

しかし、せっかくDevOpsで開発サイクルを早めても、セキュリティーがDevOpsの足かせになってしまうという課題があります。例えば、リリース前のセキュリティーチェックで問題が発覚し、リリースを最優先して突貫で修正したために品質が犠牲になってしまうといったことが起こります。

DevSecOpsの登場

そこで、新たに登場したのがDevOpsサイクルにセキュリティーも組み込む「DevSecOps」です。開発プロセスの終盤で行われるセキュリティーチェックは工数増大や品質低下のリスクがありますが、開発の早い段階に頻繁に行うことができれば大幅な手戻りをなくし、品質も保てます。

ガートナーの2018年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10では、CARTA(Continuous adaptive risk and trust assessment)の実現にDevSecOpsが必要不可欠であるとされています。CARTAでは常にリスクを監視して臨機応変に対応することが求められますが、そのためにはセキュリティーチェックの自動化が必要だということです。

そして、開発アプリケーションの大部分がオープンソースのライブラリやコンポーネントからなっている現状では、オープンソースの脆弱性の自動検知がセキュリティーリスクの低減につながります。

オープンソースの脆弱性を検知するWhiteSource

WhiteSourceは、開発アプリケーションで利用しているオープンソースとその脆弱性を可視化するSaaSサービスです。

GitHubやJenkins、Maven、コマンドラインからの実行など様々なプラグインが用意されているので、DevOps環境に簡単に組み込めます。例えば、Jenkinsでビルド実行時にWhiteSourceによる開発アプリケーションの自動スキャンを行えます。これにより開発者の方が特に意識せずともビルドごとにセキュリティーチェックが行われます。

181119_Assist_01.png

WhiteSourceはスキャンした各ファイルのハッシュ値を計算して、クラウド上のWhiteSourceサーバに送付します。そして、あらゆるOSSの情報を集めたWhiteSourceのマスタDBとマッチングして、どんなオープンソースのライブラリが含まれているのか、既知の脆弱性やバグがないか、バージョンは古くないか、などを解析します。

181119_Assist_02.png

解析結果は、オンラインのダッシュボードで確認できます。

181119_Assist_03.png

また、設定に応じてアラートメールを受け取ることもできます。

181119_Assist_04.png

2週間の無料トライアルで実際にチェック

このようにWhiteSourceはDevOpsにセキュリティーチェックを組み込み、品質を犠牲にすることなく開発サイクルを効率化できるDevSecOpsを実現します。利用しているオープンソースとその脆弱性が検知されるかどうか、ぜひ2週間の無料トライアルでお試しください。

181119_Assist_05.png

この記事の著者:永見絢子

株式会社アシスト
社長室 新規事業推進担当

ビジネス・インテリジェンス製品のフィールドを経験後、情報活用系製品全般のプリセールス、研修講師を担当。2017年11月からオープンソースのセキュリティとコンプライアンス管理ソリューション「WhiteSource」の立ち上げに参画し、DevOpsの世界に足を踏み入れる。


DevOps Hubのアカウントをフォローして
更新情報を受け取る

  • Like on Feedly
    follow us in feedly

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

DevOpsに関することなら
お気軽にご相談ください。

Facebook、TwitterでDevOpsに関する
情報配信を行っています。