2017.10.13

【セミナーレポート】Dockerコンテナの事例から学ぶ、アプリケーションをコンテナ対応させる秘訣

DevOps Hub編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月3日 日本マイクロソフト株式会社 品川本社にて、「Dockerコンテナの事例から学ぶ、アプリケーションをコンテナ対応させる秘訣」セミナーが開催されました。
こちらのセミナーのセッションの模様を、実際の資料を公開し、ご紹介いたします。

DevOpsを実践し成功に導くための"はじめの一歩"

クリエーションライン株式会社 取締役 兼 CSO 鈴木逸平氏による、セッションです。
日々のITプロジェクトは、さまざまな役割を持った方々が参加するため、DevOpsは難しい取り組みであるイメージをもたれているかと思います。こちらのセッションでは、それぞれの役割に応じて何を実践していく必要があるのか、DevOpsを実践し成功に導くための秘訣をユーザー事例を交えながら解説しました。

Docker Enterprise Editionで実践するCaaS

ソフトバンク コマース&サービス株式会社 テクニカルフェロー 加藤学による、セッションです。
企業がアプリケーションをモダン化させていくには、デプロイモデルの標準化やインフラの自動化だけでなく、細やかなアクセスコントロールや脆弱性検索などのセキュリティ機能まで幅広い対応を求められています。これを実現する手段の一つであるDocker Enterprise EditionのUCP (Universal Control Plane) と DTR(Docker Trusted Registry)の最新バージョンを使った具体的な導入ステップや運用イメージをデモを交えながら紹介しました。

Azure App Services x Jenkins

日本マイクロソフト株式会社 パートナー事業本部 パートナー技術統括本部 クラウドソリューションアーキテクト 平岡一成氏による、セッションです。
CIツールとして不動の人気を誇るJenkins。Azure と連携するプラグイン機能が次々とリリースされています。それらのプラグインを簡単なデモと一緒にご紹介し、すぐに使い始めるためのTIPSを解説しました。

DevOps Hubでは、今後も開発の効率化についての様々なイベントを開催予定です。是非チェックしてくださいね!

この記事の著者:DevOps Hub編集部

DevOps Hub編集部は、DevOpsに関するコラム、インタビューなどさまざまな記事をお届けします。


DevOps Hubのアカウントをフォローして
更新情報を受け取る

  • Like on Feedly
    follow us in feedly

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

DevOpsに関することなら
お気軽にご相談ください。

Facebook、TwitterでDevOpsに関する
情報配信を行っています。