2020.03.24

【DevOps 用語集】まとめ

DevOps Hub編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

【DevOps 用語集】まとめ

デジタルトランスフォーメーション(DX)

モバイルやクラウド、ビックデータといったデジタルテクノロジーを活用し、顧客満足度の高いサービスや製品を提供することです。

コンテナ

OSの上にユーザーがアプリケーションを実行するための空間を作り、
その中にアプリケーションに必要なミドルウェア・必要な設定などを詰め込み、
パッケージ化する技術を指します。

CI/CD

顧客にアプリケーションを提供する頻度を高める方法の一つで、
開発のサイクルの中に自動化を取り入れます。

マイクロサービス

1つのアプリケーションを機能ごとに分割して、それらを疎結合させてサービスを提供する技術です。

Infrastructure as Code(IaC)

インフラの構成をコード化して管理する考え方を指します。

Immutable Infrastructure

インフラを管理する手法の一つで「一度構築した本番環境には更新やパッチの提供などの変更を加えず稼働させる」という考え方です。

DevSecOps

DevOpsにセキュリティーを取り入れる考え方です。

クラウドサービス(SaaS,PaaS,IaaS)

クラウドを使って提供されるサービス全般をクラウドサービスと呼びます。様々なソフトウェアやデータ、サーバなどをネットワークを通じて利用者に提供されます。

Git

ファイルの更新履歴を保存しておくことができる、バージョン管理システムの一つです。

SRE

サイトの信頼性向上のために自動化や障害対応、機能管理などを通じて収益やブランドを支えるという概念、またはその概念を実現するエンジニアを指します。

ローコード開発

アプリケーションを高速開発するための手法です。

システム開発手法

今回は数多くあるシステム開発手法の中から、ウォーターフォール型、アジャイル型、プロトタイプ型、スパイラル型を紹介していきます。

この記事の著者:DevOps Hub編集部

DevOps Hub編集部は、DevOpsに関するコラム、インタビューなどさまざまな記事をお届けします。


DevOps Hubのアカウントをフォローして
更新情報を受け取る

  • Like on Feedly
    follow us in feedly

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

DevOpsに関することなら
お気軽にご相談ください。

Facebook、TwitterでDevOpsに関する
情報配信を行っています。