2018.05.17

エンタープライズ向けのコンテナ基盤

原 聖
日本ヒューレット・パッカード株式会社
ハイブリッドIT事業統括 クラウドプラットフォーム統括本部
クラウドプラットフォーム部ソリューション開発部 ソリューションアーキテクト
このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(以下「HPE」)は、エンタープライズ企業向けにデータセンター関連製品・サービスを開発・提供しています。

企業ではパブリッククラウドの利用と合わせて、既存のシステムを運用しつつ、ITプロセスの近代化、効率化、省力化を目指したクラウドネイティブ技術の導入検討が進んでいます。HPEでは、そのような流れを受けマルチクラウド、クラウドネイティブ技術の導入を志向する企業に向けて新しい技術・ソリューションを開発・提供しています。


180517_hpe_01.jpg

ここでは、何回かに分けてHPEのクラウドネイティブ関連の取り組みについてご紹介します。今回はRed Hat社と共同開発したエンタープライズ向けのコンテナ搭載基盤について紹介いたします。

エンタープライズ企業におけるコンテナ導入の課題

昨今、Google/Facebookといったテックジャイアントが利用し洗練させてきたIT技術・手法をエンタープライズ企業が利用・活用していく動きが見られます。DevOpsというテーマにおいても、迅速かつ継続的なアプリケーション開発を実践するためにコンテナ導入を試みている企業も多いのではないでしょうか。

しかしながら、ITシステムの運用を担うIT部門に目を向けると、開発者、事業部門からのコンテナ導入のニーズはあるものの、既存のサービス基盤の運用に工数が取られ、新しい技術・企画に取り組む時間が取れないといった実情・課題があるように思います。


180517_hpe_02.jpg

コンテナ導入・DevOpsを推進

このような課題を解決するため、HPEはRed Hat社と提携しエンタープライズ企業の容易なコンテナ導入を支援するパッケージソリューションを開発しました。(詳細はこちら

自社のデータセンターにコンテナ基盤を導入する際に必要なハードウェア・ソフトウェア・構築・教育サービスをひとまとめにしたソリューションで、IT担当者の手間を省き、スムーズなコンテナ基盤導入を支援します。

エンタープライズでストレスなくコンテナを利用いただけるよう、以下の特長を持ったインフラ基盤を採用しております。

  • ソフトウェア・APIで制御可能、クラウドのようにインフラリソースを用意可能
  • ファームウェアレベルでの強固なセキュリティチェック機構を搭載
  • パブリッククラウドからのデータバックアップ&リストアが可能

VMware環境でそのまま使用でき、容易なインフラセットアップが可能なHPE SimpliVity(ハイパーコンバージド)、コンテナ集約率が高く、迅速なベアメタルリソースを提供可能なHPE Synergy(コンポーザブルインフラ)の2パターンを用意しました。コンテナ環境構築用ソフトウェアとしてKubernetesを搭載したRed Hat OpenShift Container Platformを搭載しております。


180517_hpe_03.jpg

HPEとRed Hat両社本国のラボで稼働検証済みの構成をとっているため、悩みがちなインフラ設計も安心です。基盤構築・導入後にもDevOps向けの講習を用意しており、スムーズなコンテナ活用、DevOps推進を支援いたします。また、お望みであれば、既存資産のアセスメント、既存環境からコンテナ基盤へのアプリケーション移行などのお手伝いもさせていただきます。


180517_hpe_04.jpg

この記事の著者:原 聖

日本ヒューレット・パッカード株式会社
ハイブリッドIT事業統括 クラウドプラットフォーム統括本部
クラウドプラットフォーム部ソリューション開発部 ソリューションアーキテクト

日本ヒューレット・パッカード株式会社 所属。
入社以来エンタープライズ領域にてインフラからソフトウェアまでの新製品、戦略製品の日本での展開・啓蒙活動に従事。
現在はOSS/クラウド関連技術のソリューション開発業務に従事している。


DevOps Hubのアカウントをフォローして
更新情報を受け取る

  • Like on Feedly
    follow us in feedly

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

DevOpsに関することなら
お気軽にご相談ください。

Facebook、TwitterでDevOpsに関する
情報配信を行っています。