SB C&Sの最新技術情報 発信サイト

C&S ENGINEER VOICE

【資料のご紹介】VMware Carbon Black Cloud 導入の手引き

仮想化
2022.02.21

本サイトではこれまでも様々なVMware Carbon Black Cloudに関連するブログ記事を投稿してきましたが、 このたび、「VMware Carbon Black Cloud 導入の手引き」をリリースしました。

本資料は、国内でも多くの導入実績を誇るVMware社が提供するEDR製品「Carbon Black Cloud Endpoint」について、製品購入後〜製品導入にいたるまでに役立つ数々の知識やナレッジを詳細に解説したSB C&Sオリジナルの技術書となっています。

Carbon Black Cloud Endpointはフルクラウド製品であるため実機をさわる機会が残念ながら少ない現状にありますが、本資料ではそのような方であっても実機をイメージしていただきやすくするために豊富なスクリーンショットを掲載して機能概要や設定手順などを解説しています。

目次

  1. はじめに
  2. クラウドログイン
  3. 導入と防御
  4. 検出 (Detection)
  5. 応答 (Response)
  6. 脅威の検出例

全243ページにもなる内容は、初めてCarbon Black Cloud Endpointを操作するユーザーを想定しており、クラウドへの初回ユーザーログイン、ポリシーの設定方法、センサーのインストール方法、アラートや調査画面の解説、インシデント発生時に活用する応答(Response)機能の使い方など、導入時に必要となる設定の解説から導入後の運用時に役立つナレッジまで幅広い情報をカバーしています。

「EDR製品やVMware Carbon Black Cloudについて知りたい、興味がある」といった方はぜひダウンロードしてご一読ください。特にエンジニアの方へおすすめしたい資料です。

資料ダウンロードはこちら

著者紹介

SB C&S株式会社
ICT事業本部 ICT事業戦略・技術本部 技術統括部 第1技術部 1課
千代田 寛 - Kan Chiyoda -

VMware vExpert