正しい敬語で送りたい!ビジネスメールのマナー

正しい敬語で送りたい!ビジネスメールのマナー

HOT

目上の人や大事な取引先へのメールで、相手に失礼な表現がないか不安になることはありませんか? デキるビジネスパーソンにとって、正しい敬語の理解は必須。「二重敬語」「過剰敬語」「何様敬語」といった誤用のポイントを押さえて、過不足のないスッキリ敬語と、相手を気遣うクッション言葉で、さらなる印象アップにつなげましょう。

「二重敬語」

二重に敬語化した誤表現。丁寧に伝えたい気持ちが裏目に出て、くどく聞こえてしまいます。

  • □□部長様、ご担当者様各位
  • □□部長、担当各位

「敬称」+「様」の二重敬語、部長という役職は敬称、各位(=みなさま)の意味で敬称

  • 資料はご覧になられましたか?
  • 資料はご覧になりましたか?

「ご覧になる」+「られる」の二重敬語

  • ご注文をお承りしました
  • ご注文を承りしました(お受けしました)

「承る」+「お〜する」の二重敬語

  • お越しなられる日をお知らせください
  • お越しになる日をお知らせください

「お越し」+「られる」の二重敬語

「過剰敬語」

「お」や「ご」、「させていただく」を過剰に加えた誤表現。敬意の不足を気にするあまり、必要以上にベタベタと聞こえてしまいます。

  • お伺いいたします
  • 伺います

「伺います」は、この一語で相手を立てている

  • 次回、ご説明させていただきます
  • 次回、ご説明いたします

相手の了解を得て何かを行う時以外の「〜させていただく」は慇懃無礼になることも

  • 書かさせていただきます
  • 書かせていただきます

「さ」入り言葉は文法的にも誤り

「何様敬語」

相手を立てるつもりが、「お前は何様だ?」と勘違いされかねない誤表現。トラブルの元になるので、特に注意が必要。

  • 宜しかったでしょうか
  • 宜しいでしょうか

「〜かったでしょうか」はバイト敬語とも呼ばれ、自分の考えを押し付けているように聞こえてしまう

  • とんでもございません
  • とんでもないことでございます/とんでもないことです

「とんでもない」で一語なので、「ございません」を付けると二重打ち消しになってしまう

  • ご苦労さまです
  • お疲れさまです

どちらも「さま」が付いているが、「ご苦労」は、目下の人を労う言葉

  • 私には役不足かもしれません
  • 私には力不足かもしれません

本来の意味は、「自分の力量に比べて、役目が不相応に軽いこと」

「クッション言葉」

正しい敬語を身につけたら、相手への気遣いをアピールする柔らかな敬語を組み合わせて、依頼上手になってみましょう。

  • お手数をおかけしますが
  • ぶしつけなお願いで恐縮ですが
  • 差し支えなければ
  • ご容赦ください

「クッション言葉」+「疑問型」で丁寧さを出せるようになると、なお効果的

  • ご面倒をお掛けしますが+願えませんでしょうか?
  • ご多忙とは存じますが+ご都合よろしいでしょうか?

また、メールの末尾にさりげなく、「最近、ご結婚されたそうですね。おめでとうございます!」など、相手の心に届くひと言を添えられるようになれば、仕事をより円滑に進められるはず。おもてなしの心も意識して、さらに上をめざしましょう。

ビジネスハック365