仕事のデジタル疲れをスッキリ解消!お役立ちグッズ&ケア

仕事のデジタル疲れをスッキリ解消!お役立ちグッズ&ケア

SUPPLE

パソコン、スマホ、タブレット……便利なデジタルツールの数々はビジネスパーソンの強い味方。しかし、長時間これらの機器と向かい合っていると疲れ目や肩こりなどの不調が出ることも。今回はそんな「デジタル疲れ」を解消するお役立ちグッズ&ケア方法をご紹介します。

疲れた目をじんわりほぐす“ホットアイマスク”

疲れ目はデジタル疲れを代表する症状の一つ。近ごろ目が疲れるんだよね…と知人に話したところ、これ使いなよと勧めてくれたのが「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」(花王)。使い方はアイマスク同様で至ってカンタン。目にあてると蒸気の力でマスクが温まり、疲れた目をじんわりとほぐしてくれます。温かさが続くのは10分ほどなので、オフィスの休憩時間にも使えそう。試しに家で寝る前に使ってみると、ゆっくりと広がる温かさが目の緊張をほぐしてくれて…気が付いたら朝に。寝起きにいつも感じていた目の奥の重さもなくスッキリ。疲れ目に悩むビジネスパーソンにぜひ試してもらいたい一品です!

疲れた目をじんわりほぐす“ホットアイマスク”

肩こりに効く!?手軽に押せるツボ三選

肩こりはデスクワーカーの職業病。長時間同じ姿勢でパソコンやスマホに向かっていると肩や首のまわりの筋肉が緊張してガチガチに…。そんなツラ〜い肩こりを楽にしてくれるという、デスクワークしながらでもラクに押せるツボをご紹介します!

①合谷

合谷は手にあるツボで、親指と人差し指の骨が合流しているくぼみの部分にあります。ここをぐっと押して離すのを3秒ごとに繰り返すと効果的。

②手三里

肘を軽く曲げて出来るシワの部分から、指二本分ほど手首の方に下がったところにあるのが手三里というツボ。ここも同様に3秒ごとに押して離す、を繰り返しましょう。

③天柱

後頭部と首の境目、髪の生え際あたりのくぼみの部分にあるのが天柱というツボ。人差し指、中指、薬指の三本でこのあたりをぐっと押してみましょう。頭痛や疲れ目にも効くと言われているツボです。

ツボ押しやマッサージ以外でも、蒸しタオルで肩を温めたり、ドライヤーを軽く当てたりして血行を良くするのも効果的ですよ!

肩こりに効く!?手軽に押せるツボ三選

休日にはスマホをOFF?デジタルデトックスのすすめ

いくら癒やしても、毎日デジタルツールに囲まれていてはなかなか気も休まらない……。そんなあなたに知ってもらいたいのが「デジタルデトックス」という言葉。デトックスといえば、体から毒素を出すという意味ですが、デジタルデトックスは、電子機器やインターネットから距離を置き、完全オフラインの時間を作る取り組みのこと。例えば仕事から帰ったら家ではパソコンに触らない、休日にスマホを持たずに外出してみるなど。あえて距離を置くことで、いつもと違う時間の使い方に気付いたり、今後のスマホとの付き合い方を見直すきっかけになったりします。まずは、短い時間からでも試してみてはいかがでしょう。

時に疲れることはあっても、忙しいビジネスパーソンを助けてくれる便利なデジタルツール。適度な休息やケアを取り入れながら上手く付き合って、さらに充実したビジネスライフを送りましょう!

休日にはスマホをOFF?デジタルデトックスのすすめ

ビジネスハック365