セールスセンターサイト

Symantec Endpoint
Security (SES-E/SES-C)

働き方が多様化した時代にも適合し、
標的型対策にも最適なエンドポイントセキュリティ

機能紹介

業界最高レベルのエンドポイントセキュリティ

新たな攻撃に対抗するために、様々なセキュリティ機能を搭載。
1エージェントで組織内の様々な端末を守ります。

より多くの標的型攻撃を検出

Symantec Endpoint Security CompleteはEDRにおいて、さらなる付加価値として「フライトデーターレコーダー機能※1
「振る舞いフォレンジックス機能※2」「標的型クラウド分析機能※3」を搭載することにより、多くの標的型攻撃を検出します。

またこれら機能を用いることにより攻撃全体像や感染経路の可視化をより容易なものとし、全台調査を短時間で実現します。
その結果、事業継続性を高めることが可能となります。

※1 エンドポイントの活動状況をみてイベントを検出する機能
※2 機械学習等で分析し、脅威を検知する機能
※3 クラウドベースで標的型攻撃と思われるような攻撃を検出し、脅威調査アナリストがインシデントを分析

組織内の権限を守るAD脅威保護機能

悪意ある攻撃者が組織内に侵入した際に狙うのがActive Directoryです。

Active Directoryでは様々な権限の管理をしており、乗っ取られることによって機密情報の流出につながります。

Symantec Endpoint Security Completeであれば、大量の囮を配置することにより、
Active Directoryへ偵察に来た段階で阻害もしくは検知することが可能です。

お問い合わせ