お問い合わせ

ゼロトラスト運用を促進するソリューション

VMware Workspace ONE が実現するゼロトラスト

VMware Workspace ONE による、デバイスコンプライアンスの管理とシングルサインオンやアプリケーションの管理を連携させて、ゼロトラストセキュリティーの考えに基づくデジタルワークスペースの保護を実現します。

  • EUC
  • NS
  • セキュリティー強化
  • ワークスタイル変革
  • エンドポイント管理
  • セキュリティー
  • APP管理
  • DigitalWS
  • マルチデバイス
  • SSO
  • 働き方改革
  • Win10

テレワークの拡大で従来とセキュリティーの境界線が変化

テレワークの普及に伴い、さまざまなセキュリティー上の課題が露呈してきました。その1つが、境界を前提とした従来型のセキュリティー対策では対応できないエンドポイントの変化です。従業員がオフィス外に持ち出したデバイスとインターネットとの境界がエンドポイントとなった現代において、場所を問わずあらゆるアプリケーションとエンドポイントを保護するための手段として注目を集めているのがゼロトラストセキュリティーの考え方です。

ピンチアウトしてご確認ください インターネットとの境界がエンドポイントにの図

ゼロトラストセキュリティーの基本原則

「盲目的に信頼せず、すべて常に検証する」 というコンセプトのセキュリティー

  • ネットワークは常に安全ではなく脅威にさらされていると考える
  • 外部及び内部ネットワークには常に脅威が潜んでいると考える
  • ローカルネットワークが必ずしも安全とは考えない
  • 全てのデバイス、ユーザー、ネットワークトラフィックやフローには認証・認可が必要
  • アクセスを制御するポリシーは動的に適用され、できるだけ多くの情報ソースから作成する必要がある

ゼロトラストセキュリティーを実現する
VMware Workspace ONE

すべての段階で信頼性を確認するゼロトラストセキュリティーでは、デバイス管理、ID の認証・許可、通信の保護、アプリケーション/データの保護に対処する必要があります。しかし、すべての段階にバラバラのソリューションを導入しては、管理や運用に負荷がかかり、結果として企業や組織の生産性を低下させるだけでなく、安全性の低下を招くことになりかねません。

VMware Workspace ONE は、デバイス、ID、通信、アプリケーションとデータを統合管理しながら、権限やアクセス状況などによるセキュリティーを柔軟に組み合わせることで、ゼロトラストセキュリティーを実現したデジタルワークスペースを提供します。さらに、エンドポイントでのプロセスを監視する EDR ソリュ―ションを提供する VMware Carbon Black Cloud と連携させることで、場所を問わずあらゆるアプリケーションとエンドポイントを保護するさらに強固なゼロトラストセキュリティーを実現します。

ピンチアウトしてご確認ください ゼロトラストセキュリティーを実現する VMware Workspace ONEの図

VMware Workspace ONEによる
ゼロトラスト運用

VMware Workspace ONE は、ユーザやデバイスに対する認証・認可や、場所や時間、デバイス状態(ウィルス感染、パッチの適用有無)などの情報収集とリスクのスコアリング、収集した情報に応じた動的なアクセスポリシーの適用、アクセス制御の細分化(マイクロセグメンテーション)、データのセキュリティー対策を統合し、デジタルワークスペースという形で運用管理することが可能です。VMware Workspace ONE1 つでゼロトラストセキュリティーを実現するための必要な機能を網羅できるため、企業や組織はシンプルな運用でゼロトラストセキュリティーを実現できます。

さらに、VMware Carbon Black Cloud と連携することで、EDR によるプロセス監視による情報収集やエンドポイントに対するセキュリティー対策の強化、アクセス先のリソース(サーバやアプリケーション)へのセキュリティー対策といったさらなる対策の強化も可能です。

ピンチアウトしてご確認ください ゼロトラスト運用の図

VMware Workspace ONE による
ゼロトラスト運用の利用シーン

時間や場所、デバイスやユーザーの状態に合わせて、VMware Workspace ONE が認証方法や認可するシステムを動的に変更します

ピンチアウトしてご確認ください VMware Workspace ONE が認証方法や認可するシステムを動的に変更の図

フレキシブルなゼロトラスト運用を実現する
VMware Workspace ONE

周囲に常に脅威があることを前提とするゼロトラストは、デバイス管理や認証・認可といった各ポイントに製品を入れたら終わりではなく、人やデバイスの状況により、フレキシブルに通信を制御する運用こそが大切です。
こうした運用を考えた時に、各ポイントに導入した製品の組み合わせや連携は、現実的なものである必要があります。DX やテレワークなどで、人やデータが常に変化する現在のビジネス環境に対応する、ゼロトラスト運用を実現するには、人やデバイスの状況により、フレキシブルに通信を制御できる VMware Workspace ONE と VMware Carbon Black Cloud の連携は、現実的で最適なソリューションなのです。

ピンチアウトしてご確認ください VMware Workspace ONE と VMware Carbon Black Cloud の連携の図

さらにゼロトラストセキュリティーを知りたい方に

テレワークを"あたりまえ"にする
デジタルワークスペース

テレワークを

デジタルワークスペースの中核を担う VMware Workspace ONE ユーザーごとに仮想的な作業環境(デジタルワークスペース)を提供し、デバイスを問わずにあらゆるアプリケーションをシンプルかつセキュアに提供・管理できる、プラットフォーム製品です。

詳しくはこちら

新しい時代に対応するVMwareのセキュリティー

VMware が提唱する本質的なセキュリティー戦略「Intrinsic Security」

VMware が提唱する本質的なセキュリティー戦略「Intrinsic Security」 Intrinsic Security は、これまでとは異なるアプローチで「一歩先を行く対策」を実現する新しい考え方です。

詳しくはこちら

関連情報
さらに表示する

VMware製品、販売についての資料・お問い合わせ VMware製品、販売パートナー制度に関するお問い合わせを受け付けております。お気軽にご相談ください。