SB C&Sの最新技術情報 発信サイト

C&S ENGINEER VOICE

Nutanix 「AHV」とは

ストレージ / HCI
2019.09.05

はじめに

HCI(ハイパー・コンバージド・インフラストラクチャ)のパイオニアであるNutanix社は、2009年の設立から今年で10周年を迎え、現在も成長を続けている企業です。ここ数年でも、自社開発のハイパーバイザー「AHV」をはじめ、新たなサービスを次々と発表しています。

そこでこの記事では、「仮想環境やハイパーバイザーといえばESXiやvCenter Server、Hyper-Vしか知らない」といった方のために、Nutanixが提供している「AHV」について、NutanixのHCIの話を交えながらご紹介します。

AHV(エー・エイチ・ブイ)とは

Nutanix社は、一般的な仮想環境の管理の複雑さなどを解消するために、HCIという市場をこれまでけん引してきましたが、より自社のソフトウェアと親和性の高いものとして「AHV」というハイパーバイザーを2015年にリリースしました。AHVは、Linux KVMをベースとして、エンタープライズ向け機能やセキュリティ強化を追加し開発されたものです。

スクリーンショット 2021-02-26 112632.jpg

もともとは「Acropolis Hypervisor」とも呼ばれていたのですが、現在では「AHV」が正式名称となっています。Acropolis(アクロポリス)とは、NutanixのHCI環境やそれを構成するコンポーネントの総称で、この名前が当初は使われたようです。

Nutanixでは共有ストレージの作成など、HCIに関わる部分は「Prism」と呼ばれるwebコンソールで管理しますが、AHVを導入することで、仮想マシンの作成といった仮想基盤の管理もこのPrismに統合できるようになります。

HCIとは

 AHVの話を続ける前にHCIのおさらいをします。HCIとは、仮想化において一般的な 3-Tier(サーバ+SAN+ストレージ)構成を集約し、ノード(サーバ)を積み上げるだけのシンプルな構成にした基盤です。

スクリーンショット 2021-02-26 102052.jpg

HCIでは、従来の外部共有ストレージに代わるものとして、各ノードのローカルディスクをソフトウェアの機能で一つに束ねて大きな共有ストレージを作成します。そのため、HCIでは、SANや外部ストレージの設計や構築、管理が不要となります。

スクリーンショット 2021-02-26 111814.jpg

HCIの利点はシンプルな構成だけでなく、柔軟な拡張性やランニングコストの削減なども挙げられます。例えば、CPUやメモリ、ストレージなどのリソースが不足した際には、一台のノードを追加するだけでリソースをスケールアウトすることができます。これは初期導入ではスモールスタートをして、将来的にリソース拡大が予測される環境にも柔軟に対応することができます。

スクリーンショット 2021-02-26 113700.jpg

また、外部ストレージやFCスイッチを導入する必要がないため、サーバラック内のスペースを節約できるなど、運用コストも削減することができます。

NutanixのHCI構成

 NutanixのHCI環境を説明する上で最も重要なコンポーネントは「CVM」です。CVM(コントローラーVM)とは、各ノード上に必ず1つ存在する仮想マシンのことで、ノード間で互いに連携し合ってNutanix HCI環境全体をコントロールする役割を担っています。CVMは、物理ネットワークを通じて他のノードのCVMと通信することによって、仮想的に大きな共有ストレージを作成します。CVMとローカルの物理ディスクは、ハイパーバイザーを介さずにPCIパススルー接続されています。

スクリーンショット 2021-02-26 114641.jpg

AHVによるエンタープライズ機能への対応

AHVは提供開始から進化を続けており、一般的なエンタープライズで使用されるハイパーバイザーと比較しても、十分な機能をサポートしています。今回は、AHVがサポートしているエンタープライズ向け機能で代表的なものを表にまとめました。一部の機能については、今後別の記事で紹介していきたいと思います。

スクリーンショット 2021-02-26 123846.jpg

AHVのネットワークのしくみ

ここでは、AHV内部の仮想スイッチやVLANネットワークの話を簡単に紹介します。 

AHVでは、Nutanix HCIクラスターを作成した際に、次の2つの仮想スイッチが作成されます。

  • ネイティブLinuxブリッジ
     ノード内でCVMとAHVが内部通信するための仮想スイッチ
  • Open vSwitchによるブリッジ
     CVM、AHV、ユーザVMが、他のノードや外部と通信するための仮想スイッチ

またAHVに限った話ではないですが、Nutanix HCIクラスターでは構築時に下記の3つのネットワークが必要になります。

  • ノード内のCVM/AHVの管理ネットワーク
  • CVM/AHVが他のノードや外部と通信するための管理ネットワーク
  • ハードウェアの管理等を行うIPMIネットワーク

Nutanixのハードウェアアプライアンスも一般的なサーバ機器と同様にIPMIのポートを有しており、ハードウェアの監視や管理に使用します。ちなみにクラスター作成後に新規作成したユーザVMのサービス系ネットワークは通常、管理系ネットワークとセグメントを分けます。

スクリーンショット 2021-02-26 122342.jpg

AHVではOpen vSwitchを採用して、複数ノード間の分散仮想スイッチ/仮想ネットワークを作成しており、VLANの割り当てに加えて、IPAM(DHCPによるIPアドレス管理)機能を提供することもできます。ちなみに仮想ネットワークとは、ESXiのポートグループに相当するものです。

スクリーンショット 2021-02-26 120443.jpg

Nutanixの管理コンソール「Prism」

NutanixのHCIクラスター管理では「Prism」という標準のWebコンソールを使用しますが、AHVによる仮想基盤の管理にもPrismが使用できます。Prismでは、サーバ、ストレージ、ハイパーバイザーやネットワークの管理だけでなく、リソースの監視やアラートの設定、各種コンポーネントのアップデートやクラスターの拡張など、様々な機能を一元管理することができます。

このWebコンソールは、管理のシンプルさを追求してデザインされており「ワンクリック・オペレーション」とよく表現されます。実際に、仮想マシンの作成や、仮想ネットワークの作成、アップデート作業などが、より少ないクリック回数で実行できるように設計されています。また、右クリック操作を使用しないようにデザインされているのも特徴の一つです。

PrismのHome画面スクリーンショット 2019-07-22 19.23.53.png


実際にPrismを触ってみたいという方はNutanix社が無償で提供している「Test Drive」というテスト環境があるので、ぜひ活用してみてください。
  →Test Driveはこちら

まとめ

 この記事では、NutanixのHCIやAHVの話を簡単に紹介しました。今後も、AHVやその他のNutanix関連の情報を発信していきます。最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

書籍紹介

 おわりに、Nutanix製品に関する最新の書籍を紹介させていただきます。こちらは当社のエンジニアチームと、ニュータニックス・ジャパン合同会社のエンジニアの方々が共同執筆したもので、AHVをはじめとするNutanixの技術やサービスを詳しく学ぶことができます。ご興味のある方やこれからNutanixを勉強したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

Nutanix Enterprise Cloud クラウド発想のITインフラ技術
書籍タイトル: Nutanix Enterprise Cloud
クラウド発想のITインフラ技術
著者: SB C&S株式会社
ニュータニックス・ジャパン合同会社 協力
発売日: 2019年05月24日
価格: 3,600円+税
出版社: 翔泳社
詳細情報: 翔泳社のホームページ

AHV関連の他の記事はこちら

著者紹介

SB C&S株式会社
ICT事業本部 ICT事業戦略・技術本部 技術統括部 第1技術部 1課
友松 桂吾 - Keigo Tomomatsu -

DC運用、MBA留学などの経験を経て、2019年にSB C&S入社。若いうちに技術を習得しておきたいとの想いから、日々HCIや仮想化製品をいじり回している。ちなみに好きな食べ物はささみ。