SB C&Sの最新技術情報 発信サイト

C&S ENGINEER VOICE

オブジェクトストレージとの自動階層化を実現する『FabricPool』

ストレージ / HCI
2020.04.08
みなさん、こんにちは
SB C&S 技術担当の小川です。
昨今さまざまなストレージメーカでパブリッククラウドとの連携を謳う機能がリリースされています。皆様も社会情勢などの理由でクラウドの利用を迫られているのでないかと思います。とはいえ、ストレージシステム内のデータを単純にパブリッククラウドへ移動させるだけでは「クラウドの利用料金が高くなるじゃないの?」、「パフォーマンスに影響が出るのでは?」などと頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないかと思います。そこで今回はONTAPが実現するパブリッククラウドなどで提供されるオブジェクトストレージとの連携ソリューションである『FabricPool』の概要を説明させて頂きます。
 
 『FabricPool』って何?                            
 
FabricPoolを端的に言うと「特定データをポリシーに基づきオブジェクトストレージへ転送するONTAPの自動階層化機能」です。使用できるオブジェクトストレージはMicrosoft Azure BlobストレージやAWS S3などのパブリッククラウドのオブジェクトストレージだけでなく、オンプレで展開するオブジェクトストレージであるStorageGRIDなど利用者に合わせてオブジェクトストレージを選択できます。階層化の機能についてはこれまでも「FlashPool」(見た目似てますね)という機能がありましたが、これはSSDとHDDを組み合わせてアクセス頻度の高いホットデータをSSDに配置するという「パフォーマンス」に焦点をおいた機能でした。これに対しFabricPoolは「オンプレのプライマリストレージに配置されているデータが常時プライマリストレージに配置されている必要があるのか」という考えのもとプライマリストレージとオブジェクトストレージでデータの最適な配置を自動で実行しストレージコストを下げようという「容量」に焦点をおいた機能です。プライマリストレージをLocal Tier、オブジェクトストレージをCloud Tierとして自動階層化を実現します。

 

 FabricPoolの階層化ポリシー                            
  
 FabricPoolはアクリゲート単位で有効にし、ボリューム単位で設定します。対象となるボリュームの自動階層化のために4つのポリシーが用意されています。
●Snapshot Only
 ボリューム内に作成されたSnapshotのデータのみをCloud Tierへ転送するポリシーです。
 時間ごとの細かい頻度でSnapshotを取得している方や保存期間が長いSnapshotの保持が必要な方に有用なポリシーです。
●Auto
 ボリューム内に保存されたデータの中でアクセス頻度の高いデータをホットデータ、アクセス頻度の低いデータをコールドデータと自動で判別し、ホットデータはLocal Tierに保存し、コールドデータはCloud Tierに転送するポリシーです。
 ONTAPのNAS利用でアーカイブデータなど日頃アクセスしないデータを多く保存されている方に有用なポリシーです。
●All
 ボリューム内に保存された全てのデータをCloud Tierに転送するポリシーです。
これまでSnapMirrorやSnapVaultでのデータの転送先としてSolidFireを選択することもできましたが、ONTAPを選択することが多かったかと思います。その際、普段使用しないデータにも関わらずONTAPにはデータを保存するだけの容量が必要でした。そこでSnapMirrorやSnapVault転送先のONTAPでFabricPoolのAllポリシーを適用することによりストレージコストをおさえたレプリケーション環境を構築することが可能です。さらにSnapMirrorやSnapVaultの転送先をONTAP Selectにすることで初期導入コストを抑えることも可能です。
●None
 Cloud Tierへデータを転送しないポリシーです。一時的に全てのデータをホットデータとしたい場合などに利用することができます

 

 FabricPoolを利用できる製品                            
 
FabricPoolはNetAppのオールフラッシュ製品であるAFFシリーズだけでなく、SSDで構成するアグリゲートを含むFASシリーズやONTAP SelectをLocal Tierのストレージとして利用することができます。エントリモデルから利用できるため初期コストを気にされる方にもおすすめです。
FabricPoolを利用できる製品を以下の表にまとめました(2020年4月現在)。
 
 AFFシリーズ 
 FASシリーズ 
 ソフトウェア、サービス 
・A800
・A700S, A700
・A600
・A400
・A320, A300
・A220, A200
・C190
・AFF8080, AFF8060, AFF8040
・FAS9000
・FAS8700
・FAS8300
・FAS8200
・FAS8080, FAS8060, FAS8040
・FAS2750, FAS2720
・FAS2650, FAS2620
  ※アグリゲートがオールSSD構成必須
・ONTAP9.4以降のONTAP Select
  ※オールSSD構成推奨
・Cloud Volumes ONTAP
 
 
 FabricPoolで利用できるオブジェクトストレージ                            
 
先にも説明しましたがFabricPoolのCloud Tierで使用するストレージはパブリッククラウドのオブジェクトストレージだけでなくStorageGRIDを利用することでオンプレ環境のオブジェクトストレージへの階層化が可能です。オンプレ環境でも利用できるためサービス事業者様やパブリッククラウドの利用に制限がある方でもFabricPoolの環境が作ることができるところも魅力の1つです。
FabricPoolで利用可能なオブジェクトストレージを以下の表にまとめました(2020年4月現在)。
 
パブリッククラウド オブジェクトストレージ
オンプレ オブジェクトストレージ
・Alibaba Cloud Object Storage Service (Standard, Infrequent Access)
・Amazon S3 (Standard, Standard-IA, One Zone-IA, Intelligent-Tiering)
・Amazon Commercial Cloud Services (C2S)
・Google Cloud Storage (Multi-Regional, Regional, Nearline, Coldline)
・IBM Cloud Object Storage (Standard, Vault, Cold Vault, Flex)
・Microsoft Azure Blob Storage (Hot and Cool)
・StorageGRID 10.3 以降
 
また、Cloud Volumes ONTAP環境で使用されるストレージは以下となります。
 
 AWS 
 Microsoft Azure 
 Local Tier 
・EBS:gp2, io1, st1
・Managed Disks:Premium(SSD), Standard(SSD,HDD※)
  ※SSD 推奨
 Cloud Tier 
・Amazon S3
・Azure Blob Storage (Hot, Cool)

 

 FabricPoolのライセンス                            

 

製品の機能を使用する場合はライセンス費用は気になるところではないかと思います。そこでFabricPoolのライセンスについて紹介させて頂きます。
FabricPoolはオブジェクトストレージにて保存する容量をベースとしたライセンス形態となります。1TB単位で購入することが可能です。ライセンスは永久ライセンスか期間ライセンス(1年もしくは3年)で購入します。
 
なお2020年4月現在、2つのキャンペーンが実施されています。
 
●2020年4月末までC190をご購入頂くと無償の10TB期間ライセンス(3年間分、ソフトウェア保守込み)が標準で添付
●期間未定のキャンペーンとしてONTAP9.5以降がインストールされたAFF(C190を除く)、FAS(SSDで構成されたアグリゲートがある場合)には10TB期間ライセンス(最長3年間分)を追加することが可能(ソフトウェア保守費用は別途必要)
 
また以下の構成ではFabricPoolのライセンス費用は無償です。
 ・Cloud TierでStorageGRIDを使用する場合
 ・Cloud Volumes ONTAPでCloud Tierにパブリッククラウドのオブジェクトストレージを使用する場合
以下、ライセンスを一覧にまとめました。
 
購入方法および構成
ライセンス
AFF C190
無償の10TB期間ライセンス(3年間分、ソフトウェア保守込み)が標準で添付
 ※2020年4月末まで
ONTAP9.5以降のAFF(C190を除く)、FAS(All SSDアグリゲート)、ONTAP Select
10TB期間ライセンス(最長3年間分)を追加することが可能(ソフトウェア保守費用は別途必要)
 ※期限未定のキャンペーン
Cpacity TierでStorageGRIDを使用
Local Tierがどの構成でもライセンスが無償
Cloud Volumes ONTAPでCloud Tierにパブリッククラウドのオブジェクトストレージを使用する場合
ライセンスは無償

 
FabricPoolのライセンスは容量ライセンスであるためライセンスの容量を超えた場合書き込めなくなるのではないかと心配になる方もいらっしゃるかと思います。FabricPoolを構成した際にライセンスの容量を超えても書き込めます。ただし、ライセンスが追加されるまでCloud Tierに転送されることはなくLocal Tierにデータが保存されます。
 
 
ここまでFabricの概要を説明させて頂きました。いろいろ説明させて頂いたのでポイントをまとめてみました。
 

FabricPoolのポイント

 ●「容量」を焦点としてプライマリストレージとオブジェクトストレージの自動階層化機能
 ●ポリシーベースで自動階層化
 ●AFF、FASだけでなくONTAP Select、CVOなどのソフトウェアやサービスでも利用可能
 ●オブジェクトストレージはパブリッククラウドのサービスだけでなくStorageGRIDも選択可能
 ●ライセンスは1TB単位で購入する容量ライセンス。永久ライセンスと期間ライセンスがある
 ●C190を購入すると10TBまでのライセンスが標準で添付!!(2020年4月末まで)
 ●現在10TBまでの期間ライセンスを追加できるキャンペーン中!!(2020年4月現在)
 
皆様もFabricPoolの魅力がご理解頂けたかと思います。
今後もFabricPoolの階層化における技術詳細などさまざまな情報を公開してまいります。
 
 

【SB C&SNetAppプロモーションTwitterアカウント】

NetAppに関するさまざまな情報を公開しています。

皆様フォロー宜しくお願いいたします。

@sbcas_netapp_pr

TwitterアプリからはこちらのQRコードもどうぞ

Twitter_QRコード.PNG

著者紹介

SB C&S株式会社
技術統括部 第1技術部 2課
小川 正一(VMware vExpert)