SB C&Sの最新技術情報 発信サイト

C&S ENGINEER VOICE

NetApp Insight 2019 参加レポート

ストレージ / HCI
2019.11.07

皆さん、こんにちは

SB C&S、技術担当の小川です。

昨年紹介させて頂いたNetApp Insightが今年も10/28〜30の3日間にわたり開催されました。

今回もNetApp Insightで発表された最新情報や会場の様子をレポートさせて頂きます。

 

 NetApp Insight 2019 開催概要                            


 
NetApp Insightとはワールドワイドで開催されるNetAppのカンファレンスイベントです。昨年まではアメリカとヨーロッパで開催されていましたが、今回から日本を含む様々な国で開催されます。今回はラスベガスのMandalay Bay Hotel & Convention Centerで開催されたイベントに参加しました。昨年までのNetApp InsightはワールドワイドのNetApp社のエンジニア、パートナー、エンドユーザが参加し技術をキャッチアップするという形態でしたが、今年からはパートナー、エンドユーザが参加者の中心となり、NetApp社のエンジニアは主に登壇する側となるように趣向が変わっております。

IMG_1243.jpg 

今回も昨年同様3日間での開催となっており約4000名参加されたとのことでした。
今回のNetApp Insightでは以下のような様々なイベントが用意されていました。

 ●Keynote:NetAppの有識者が最新情報などを紹介
 ●Breakout Session:NetAppの各製品をより詳しく知るためのセッション
 ●Mega Session:各事例の詳細情報などのセッション
 ●ハンズオンラボ:特設会場からNetAppのリモートラボ環境に接続し製品を体験
 ●NetApp認定試験:通常有料の認定試験が参加者は無料で受験可能
 ●Insight Central:NetAppおよびパートナー企業による各種製品・ソリューションの展示

 
ここからは私が参加した各イベントの一部を紹介させていただきます。

 

 Keynote                            

 


ジェネラルセッションでは今回も様々な発表がありました。今回のNetApp Insightでは2日目にジェネラルセッションが設けられていました。このジェネラルセッションはNetAppのCEOであるGeorge Kurian氏が進行役を務め、Kurian氏自身による講演、その後に続く4つの事例セッションという流れで進められました。それぞれの内容を簡単にお伝えします。。

George Kurian 氏の講演ではNetAppがハイブリッドクラウドに向けてこの5年で達成してきた事についての説明がありました。
近年パブリッククラウドからオンプレに戻す企業もあることからハイブリッドクラウドの重要性を強く語っていました。

DSC09970.JPG

DSC09994.JPG

 DSC09993.JPG

ハイブリッドクラウドの重要性を語った中で今回『NetApp Keystone』を発表しました。
『NetApp Keystone』は「マネージド型のクラウドサービス」を謳いオンプレもパブリッククラウドも意識することなくストレージリソースを購入可能なサービスモデルのようです。
そのためサブスクリプションの購入方法も用意されるようです。最初に対応するオンプレのストレージは今回発表になったAFF A400、FAS8300、FAS8700、パブリッククラウドはAWS、Microsoft Azure、GCPとなるようでした。
今回は詳細に関する説明はありませんでしたが、今後の発表を期待したいと思います。
また、今回は発表されなかったもののONTAP9.7や新しいハードウェアモデルについても言及があったためこちらも期待したいところです。

DSC00003.JPG

DSC00005.JPG

DSC00006.JPG

DSC00007.JPG

 

George Kurian氏の講演に続き、4つの事例セッションが行われました。まずはSyracus UnivercityのEric Sedore氏の登壇です。
大学における教育、研究、奨学金、創造的な成果とサービスを通じて学習を促進する上でNetAppを選んだ理由は
"flexible","Sustainable","Secure"の条件を満たしおり、更に予算を抑えてデータデマンドを伸ばすことができるためとのことです。
このような取り組みがノーベル賞受賞に貢献したとも語っておりました。

DSC00012.JPG

DSC00014.JPG

DSC00015.JPG

DSC00020.JPG

DSC00024.JPG

DSC00025.JPG

 

次にCentura HealthのScott Raymond氏が登壇されました。
厳しい予算の中で既存のIBMストレージからの移行をわずか7ヶ月という無謀にも思えるチャレンジを実施した事例です。
アプリケーションの高速化と耐障害性という観点でNetAppソリューションを選んだとのことでした。
今後はクラウドへのDRなども挑戦していくようです。

DSC00028.JPG

DSC00029.JPG

DSC00033.JPG

DSC00035.JPG

DSC00036.JPG

DSC00037.JPG

DSC00038.JPG

DSC00039.JPG

 

続いてSAP HANA Enterprise CloudのLalit Patil氏の登壇です。
マルチクラウド戦略におけるNetAppとの協業について紹介していました。
SAP HANA Enterprise Cloudのユーザはファッション業界や自動車メーカであることから
最新テクノロジーとデータの一貫性、ビジネススピードを重要視するところからNetAppとのパートナーシップが重要であることを説明していました。

DSC00043.JPG

DSC00046.JPG

DSC00048.JPG

DSC00054.JPG

DSC00055.JPG

 

最後にDream WorksのKate Swanborg氏が登壇されました。
今年25周年を迎えるDream Works社はNetAppのテクノロジーを利用して映画のもととなるデータを保存しております。
映画1本あたりのコマ数が5億を超え、1度に10本の映画を並列で作成することから様々なロケーションからアクセスするためハイブリッドクラウドを実現しているNetAppのソリューションを利用しているとのことでした。
また、ファイルデリバリー、データ保護、分析、自動化、オンデマンドアクセス、高可用性を実現するストレージ環境を実現していることも重要であることを語っていました。

DSC00059.JPG

DSC00060.JPG

DSC00065.JPG

 

以上のように、NetAppの提唱するData Fabricで実現するハイブリッドクラウドは構想段階のものではなく現実に利用されているものを事例でアピールするKeynoteとなっておりました。今回のKeynoteで紹介された事例の詳細はMega Sessionという形で紹介されています。
またブレイクアウトセッションではKeynoteで語られなかった製品ごとの新しい情報が紹介されていました。
気になる情報が色々あるかもしれませんが、ブレイクアウトセッション並びにMega Sessionの情報はConfidential情報のためこちらでは紹介できませんが、気になる情報がありましたらお声がけいただれればと思います。

 

 NetApp Insight その他の情報                            

 

ハンズオンラボ

ハンズオンラボは今年も人気コンテツで私は事前予約がとれなかったため、また次回チャレンジしたいと思います。

IMG_1357.JPG 

 

◆Insight Central

Insight Centralに今年は50を超える企業がスポンサーとして出展しておりました。

今年は「Data Migration」や「Data Management」というキーワードを題した企業が昨年より増えていると感じました。

IMG_1645.JPG

IMG_1650.JPG

  

その他にもNetAppブースでは新製品の展示もされていました。 

IMG_1637.JPG

 

もちろん今年もGear shopでオリジナルグッズが販売されており大盛況でした。

IMG_1355.JPG

   

 NetApp Insight 2019 まとめ                            

 

 

昨年までのNetApp Insightでは"Data Fabric"を作り上げるというようなメッセージが強かったのですが、
今年のNetApp Insightでは既に利用するものであることを強調していると感じました。

そのなかで購入形態やデプロイ方法などをより向上させるための"Keystone"発表することにより
ユーザエクスペリエンスを高め企業がクラウド化を促進するハードルを下げることで、
データ駆動型、すなわち"Data Driven"を加速させていこうとしていると強く感じました。

 

 次回のNetApp Insight                            

 

次回のNetApp InsightもラスベガスのMandalay Bay Hotel & Convention Centerで実施されます。

来年は2020年10月26日〜28日となります。

皆様も来年はご参加頂きストレージだけでないハイブリッドクラウドへのビジネスの変革を体感してください。

IMG_1245.jpg 

他のおすすめ記事はこちら

著者紹介

SB C&S株式会社
技術統括部 第1技術部 4課
小川 正一(VMware vExpert)