SB C&Sの最新技術情報 発信サイト

C&S ENGINEER VOICE

【ARコンテンツ作成ツール】Vuforia Studioのご紹介

河野 翔
2020.12.14

こんにちは、AR担当の河野です。

今回は3次元CADを活用して簡単にARコンテンツを作成できる「Vuforia Studio」をご紹介します。

■Vuforia Studioとは

Vuforia StudioはPTC社のARコンテンツ作成ツールです。3D CADデータを取り込み、Webブラウザベースで簡単にARコンテンツを作成する事が可能です。直感的なUIとプログラムレスな開発手法により、誰でも簡単にARコンテンツを作成できます。更に、マルチCADに対応しているので、3D設計の環境に依存せず利用できます。作成したコンテンツは、ARビューアアプリのVuforia viewで閲覧することができ、モバイル端末やMicrosoft HoloLens2等の視覚ウェアラブルデバイスで再生可能です。

また、PTC製品のCreo Illustrateと組み合わせることで、3D CADデータにアニメーションを追加することも可能となります。

studio1.jpg

■Vuforia Studioがよくわかる動画

実際に作っているところを見て頂くのが分かりやすいと思うのでまずは下記の動画をご覧ください。マウス操作だけで簡単にアニメーション付きのARが仕上がっていく様子がわかります。

Vuforia Studio4つの特長

① プログラミング無しで高クオリティのARコンテンツ

既存の3DCADモデルを用いて、プログラミングをせずにアニメーション付きのARコンテンツを数分で作成可能

豊富な対象認識技術

平面、マーカー、画像、3Dでの物体認識の4つのAR表示方法が有り、シーンに合わせた幅広いコンテンツの作成が可能

③ 様々なデバイスに対応した専用ビューア

iPhone、iPadなどのモバイル・タブレット端末やHoloLens 2、Realwearなどの視覚ウェアラブルデバイスに対応したビューアが用意されており、簡単に展開可能

④ IoTとの連携

リアルタイムに取得したセンサー情報や外部システム情報を現実空間に重ねて表示可能

ARで期待できる4つの効果

①紙の作業手順書の撤廃

ペーパーレス化だけでなく、作業手順書が今まで以上に分かりやすくなります。ARコンテンツに対してのARマーカーを設定可能でかつデジタル手順書にて最新の情報を随時UPDATEできますので、マニュアルの見間違え、古い情報での誤認識をを防げます。

②展示会や新人研修などへの活用

展示会・プレゼンテーションの場で顧客へのより理解しやすく魅力的なARでの表現・製品説明に活用頂き、案件の受注に活用頂けます。また、アニメーションを活用したAR手順書により、新人の作業習熟速度向上に繋がります。

③設計段階のDRにおける円滑なコミュニケーションの実現

設計製造開発から販売の流れの中で、設計段階で実物大・実物と同様の色のARデジタルモックアップにて綿密な検証・確認(フロントローディング)を行うことで、製造での設計手戻りを大幅に削減し、手戻り、ミスの費用・工数を削減できます。

④リバースエンジニアリングの防止

CADデータを使わずに情報伝達をすることで、設計情報の流出を防止します。

上記のような産業用ARを活用するメリットについては下記のページにて公開されているホワイトペーパーに詳しくまとめられているので気になる方は是非ご覧ください。

産業用ARホワイトペーパー一覧:IT Exchange Vuforiaサイト ホワイトペーパーページ

■まとめ

Vuforia Studio3次元CADデータを最大限に活用し、誰でも簡単に効果的なARコンテンツを作成できるソリューションです。設計や教育、製造といったあらゆる場面でソリューションを活用することで時間やコスト面だけでなく、今までにない価値の創造が可能です。

自社業務にARを活用していみたい、もしくはどう活かせるか相談してみたいという方はお気軽に下記のお問い合わせページからご連絡下さい。

Vuforia Studioに関するお問い合わせはこちら:Vuforia Marketing Siteお問い合わせ窓口

Vuforia Studio資料のダウンロードはこちら :IT Exchange Vuforia Studio製品紹介資料ダウンロードページ