SB C&Sの最新技術情報 発信サイト

C&S ENGINEER VOICE

Workspace ONE UEMへの加入方式について 〜第3回: 代理加入/自動加入編〜

VMware
2021.03.31

こんにちは。SB C&Sの近藤です。
私は新卒で入社してから2年間、お客様のデジタルワークスペース実現のためにVMware Workspace ONEを中心としたソリューション展開を行っております。
日々の業務で得た私の経験を踏まえて、Workspace ONE UEMで実現できること、メリット、デメリット、注意点などを数回に分けてご紹介していきたいと思います。
第3回である今回は、「Workspace ONE UEMへ加入方式について 〜代理加入/自動加入編〜」をご紹介します。
どうぞよろしくお願い致します。



●連載内容

第1回:Workspace ONE UEMへの加入方式について 〜加入方式の種類〜
第2回:Workspace ONE UEMへの加入方式について 〜直接加入編〜
第3回:Workspace ONE UEMへの加入方式について 〜代理加入/自動加入編〜



●代理加入について

代理加入方式とは、管理者が代理加入用のユーザーを作成し、代理加入ユーザーとしてWorkspace ONE UEMへ一時加入します。
その後、ユーザーにデバイスを配布して、ユーザー自身の資格情報を入力することで、Workspace ONE UEMに本加入となります。


〜代理加入 管理者準備編〜
①管理者は代理加入用のIDで、Workspace ONE UEMにデバイスを一時加入する
②代理加入を行なったデバイスをユーザーに配布


〜代理加入 ユーザー実施編〜
①手元に届いた代理加入済みのデバイスで、ユーザー自身のIDPWWorkspace ONE UEMにログイン
②Workspace ONE UEMへのログインが完了
③アプリケーション、ポリシー、プロファイルなどが自動的にデバイスに配信される


スライド1.jpeg

また、代理加入方式には、シングルユーザーモード、マルチユーザーモードと呼ばれる2種類方式があります。
シングルユーザーモードとは、1人のユーザーが専有で、1つのデバイスを利用する場合の代理加入方式です。
マルチユーザーモードとは、1つのデバイスを複数のユーザーで共有する場合の代理加入方式です。
マルチユーザーモードの注意点は、Windows10はマルチユーザーモード対象外となっています。
スライド16.jpeg

代理加入方式のメリットは、ユーザー自身でWorkspace ONE UEMへのデバイス加入を行わないためユーザーの負担が少なくなります。

デバイスの代理加入について
(https://docs.vmware.com/jp/VMware-Workspace-ONE-UEM/2001/Windows_Desktop_Device_Management/GUID-AWT-ENROLL-STAGEOVERVIEWWD.html)


●自動加入について

最後に、自動加入の方式についてご紹介します。
自動加入の方式は、各メーカーが独自の方式を用意しています。
管理者やユーザーは、加入させたいデバイスの自動加入方式を利用してWorkspace ONE UEMへデバイスを加入させることができます。
自動加入を行うことで、キッティング工数削減や、ユーザーの加入手順簡略化などのメリットがあります。
スライド17.jpeg

この自動加入方式は、メーカーごとに異なります。
詳細は各社ホームページよりご確認ください。


スライド18.jpeg
参照資料: https://support.apple.com/ja-jp/HT204142

スライド19.jpeg
参照資料:https://support.google.com/work/android/answer/7514005?hl=ja

スライド20.jpeg
参照資料: https://docs.microsoft.com/ja-jp/mem/autopilot/windows-autopilot


スライド21.jpeg
参照資料:https://techzone.vmware.com/factory-provisioning-vmware-workspace-one-operational-tutorial#_274483


●最後に

第1回〜第3回にかけて、「Workspace ONE UEMへの加入方式」についてご紹介させて頂きました。
今後、Workspace ONE UEMの加入制限や、ユースケースに応じたWorkspace ONE UEMへの加入方法などについてもご紹介できればと思っています。

また、Workspace ONEやその他ITソリューションについて気になることがございましたら、ぜひ弊社までご連絡ください。
記事を読んで頂き、ありがとうございました。

著者紹介

SB C&S株式会社
ICT事業本部 ICT事業戦略・技術本部 技術統括部 第3技術部 3課
近藤 泰介 -Taisuke Kondoh-

2019年に新卒として、SB C&S株式会社に入社。
主にデジタルワークスペース実現のためのソリューション展開、案件支援、先進事例の獲得、協働パートナーの立ち上げに従事。一人前のプリセールスエンジニアになるべく、日々邁進中。