SB C&Sの最新技術情報 発信サイト

C&S ENGINEER VOICE

【Nutanix Xi Frame】vol.3 リソースの追加(AHV)

仮想化
2020.03.27

みなさま、こんにちは。

SB C&Sで仮想化製品のプリセールスエンジニアを担当しております、小泉と申します。

HCIのメーカーとして知られるNutanix社がサービス提供を行うDaaSである「Nutanix Xi Frame」(以降、Frame)について、全5回(予定)にわたりご紹介していきたいと思います。

各回でご紹介する内容は以下を予定しております。

連載内容

vol.1 概要

vol.2 リソースの追加(AWS)

vol.3 リソースの追加(AHV)

vol.4 仮想デスクトップの展開

vol.5 アプリケーション管理の効率化


第3回となる今回は、仮想デスクトップリソースをオンプレミスのNutanixクラスタ(AHV)へ配置する場合に必要となるFrameへAHVを関連付ける設定方法について、詳しく解説していきたいと思います。

システム要件

Frameの仮想デスクトップリソースをオンプレミスのNutanixクラスタ(AHV)上で構成するためにはいくつか要件があります。

  1. AOS5.10以上かつPrism Centralによる管理
  2. Frame AgentとFrame Cloud Connector Applianceの展開
  3. Frame サブスクリプション(第2回で解説しています。)
  4. 所定のネットワーク要件を満たす環境(詳細な要件はこちらでご確認ください。)

まず、Prism Centralが必須要件となります。

たとえ単一クラスタ構成であってもPrism Centralでの管理が必要なので、まずは皆さま今すぐPrism Centralを展開しましょう。

※Prism Centralの展開方法についてはこちらをご参考ください。

Frame AgentとFrame Cloud Connector Appliance(以降、CCA)はFrame専用のコンポーネントとなります。他にも、Workload Cloud Connector ApplianceやStreaming Gateway Applianceなど、Frameならではのコンポーネントや専門用語がこの後の解説にも登場しますので、ここで合わせて紹介しておきます。

002.png

各コンポーネントを論理的に関連付けると以下のような構成となります。

001.png

Frame AgentとCCAは、My Nutanix(Support Portal - Downloads - Xi Frame)より入手できます。

※CCAは関連付け設定時に自動でダウンロードされるので手動でダウンロードいただく必要はありません。

004.png

各コンポーネントを把握いただいたところで、実際の設定手順を解説していきたいと思います。

なお、本記事内の手順は以下環境を前提としております。

  • Prism Central:5.16.1.1
  • AOS:5.10.9

クラスタの準備

Prism Centralにアクセスし、画面右上のギアメニューアイコンをクリックします。

082.png

画面左メニューより"Local User Management"を選択し、[+ New User]ボタンをクリックします。

083.png

"Username"、"First Name"、"Last Name"、"Email"、"Password"を入力、"Language"に"ja-JP"を選択して下へスクロールします。

085.png

"User Admin"と"Prism Central Admin"にチェックを入れ、[Save]ボタンをクリックします。

086.png

アカウントが作成されたことを確認し、画面左上のハンバーガーメニューアイコンをクリックします。

087.png

"Virtual Infrastructure"メニューを開き、"Categories"を選択します。

088.png

[New Category]ボタンをクリックします。

089.png

"Name"、"Purpose"を入力し、"Values"に"Instance"、"Template"、"MasterTemplate"を追加し、[Save]ボタンをクリックします。

※"Values"は項目の右側にある[+]ボタンをクリックすることでパラメータ欄を追加できます。

091.png

Gold Master Imageの作成

マスターイメージのOSとして、Windows 10とWindows Server 2016をサポートしています。

※今回はWindows 10にて設定作業を進めています。

※詳細な手順は割愛しますが、以下注意点があります。

  • "frame"アカウントは作らない。(Frameで予約済。)
  • Nutanix Guest Toolはインストールしない。(VirtIO Driverのみインストールする。)
  • ディスクのバスタイプはSCSIを選択する。(IDEは未サポート。)

Frame独自の要件ではありませんが、Windows 10よりストアアプリの影響でSysprepの難易度が高く、Gold Master Imageの作成作業はインターネットに接続できない環境で実施されることをオススメします。

ストアアプリがSysprepに及ぼす影響については以下をご参考ください。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2769827/sysprep-fails-after-you-remove-or-update-windows-store-apps-that-inclu

Frame Agent のインストール

Frame AgentのインストーラISOファイルをNutanixクラスタに登録します。Prismにアクセスし、画面右上のギアメニューアイコンをクリックします。

※本手順ではPrism Elementで実施していますが、Prism Centralで実施しても問題ありません。

003.png

画面右側のメニューより"Image Configuration"を選択し、[+ Upload Image]ボタンをクリックします。

052.png

"Name"を入力して"Image Type"にISOを選択、"Upload a file"にダウンロードしたFrame AgentのインストーラISOファイルを選択し、[Save]ボタンをクリックします。

054.png

アップロードが完了したらGold Master ImageのUpdateメニューより、CD-ROMにFrame AgentのインストーラISOファイルをマウントします。

063.png

Gold Master Imageにリモートデスクトップで接続します。

※リモートデスクトップ接続で行う理由は、Frame AgentをインストールするとFrameディスプレイドライバによりPrismのコンソールに画面が表示されなくなります。

058.png

Gold Master Imageにログインし、CD-ROM内のFrame Agentインストーラ(FrameGuestAgentInstaller_バージョン番号.exe)を実行します。

066.png

インストールウィザードが起動しますので、"I agree to the ~"にチェックを入れ、[Install]ボタンをクリックします。

067.png

しばらくするとインストールが完了しますので、[Restart]ボタンをクリックします。

069.png

Sysprepの実行

再起動後、リモートデスクトップで再接続します。

※Frameアカウントがログオン済の状態となるので、強制的に切断してユーザーを切り替えます。

074.png

Powershellを起動し、以下のコマンドによりSysprepを実行します。

Start-Process -FilePath "C:\Windows\System32\Sysprep\Sysprep.exe" -ArgumentList "/oobe /shutdown /generalize /unattend:C:\ProgramData\Frame\Sysprep\Unattend.xml" -Wait -NoNewWindow

077.png

Sysprepが完了するとGold Master Imageはシャットダウン状態となります。

カテゴリの指定

作成したGold Master Imageを"クラスタの準備"にて作成したカテゴリに登録します。

Prism Centralより、"Virtual Infrastructure"メニューを開き、"VMs"を選択します。

093.png

仮想マシン一覧よりGold Master Imageを選択し、"Actions"プルダウンメニューを開き、"Manage Categories"を選択します。

095.png

検索ウィンドウに"Master"などを入力して検索を行い、"FrameRole: MasterTemplate"を選択します。

097.png

"FrameRole: MasterTemplate"が割り当てられたことを確認し、[Save]ボタンをクリックします。

098.png

Frameとの接続

まずはじめに、Frameとの接続を円滑に行うため、ブラウザーの別タブでMy Nutanixへログイン(Frameサブスクリプションが有効なアカウント)を済ませておきます。

127.png

Prism Centralにてギアメニューアイコンをクリックし、"Connect to Frame"メニューを選択します。

101.png

Frameの契約形態、CCAを展開するクラスタとPrism Centralに接続するためのネットワークを選択し、[Next]ボタンをクリックします。

103.png

CCAのイメージダウンロード、展開が行われますのでしばらく待ちます。

104.png

進捗が100%になったことを確認し、[Configure]ボタンをクリックします。

109.png

CCAの設定画面にリダイレクトされますので、"クラスタの準備"で作成したPrism Centralアカウント情報を入力し、[Log In]ボタンをクリックします。

112.png

仮想デスクトップを展開するクラスタとネットワーク、Frameに登録するCloud Account名を入力し、[Next]ボタンをクリックします。

114.png

なお、Enterprise Profile機能を利用する場合は、"Enable enterprise profiles ~"のチェックを入れ、仮想デスクトップを配置するクラスタのPrism Element認証情報を入力して[Verify]ボタンをクリック、認証情報が正しくチェックされたことを確認し、Profileディスクを配置するコンテナを選択します。

118.png

展開するインスタンスタイプを選択し、[Next]ボタンをクリックします。

119.png

インスタンスタイプは必要に応じて、"Edit"メニューで編集、"+ Add Instance Type"メニューで新規作成が行えます。

120.png

Gold Master Imageとして登録する仮想マシンとOS(Windows 10 or Windows 2016)を選択し、[Next]ボタンをクリックします。

125.png

クラスタの関連付け先(Customer or Organization)を選択し、[Finish]ボタンをクリックします。

133.png

以上でクラスタとの接続設定は完了です。

[Go to Frame]ボタンをクリックするとFrame管理コンソールにリダイレクトされます。

134.png

Frame管理コンソールにアクセスし、Nutanixクラスタのステータスが"R"(Ready)になることを確認します。

136.png


如何でしたでしょうか?

仮想デスクトップの特性上、社内のITシステムと連動させたい場合などオンプレミスのNutanixクラスタ上に仮想デスクトップを配置したいというご要件は多いと思います。クラウド配置パターンと比べると、Gold Master Imageの作成など少し前準備が必要ですが、ウィザードに沿ったCCAの自動展開などによって煩わしいクラウドとのつなぎこみが簡単に行えることをご理解いただけたかと思います。

次回はいよいよマスターイメージのカスタマイズや仮想デスクトップの展開方法についてご紹介します。

テレワークや在宅勤務などのリモートワーク環境を手早くかつ簡単に構築できる「Nutanix Xi Frame」。

ご興味を持たれた方は、ぜひ弊社までお問い合わせください。

Nutanix関連情報はこちら

著者紹介

SB C&S株式会社
ICT事業本部 販売推進本部 技術統括部 第3技術部 1課
兼 アライアンス営業部 テクニカルマーケ

小泉 政彰(VMware vExpert)

アプリケーション仮想化、デスクトップ仮想化に携わること10年。さまざまな苦楽を共にした彼らを戦友と呼び、クライアント回りの仮想化技術を好む。