SB C&Sの最新技術情報 発信サイト

C&S ENGINEER VOICE

資料のご紹介「AMD EPYC™搭載サーバー+ Nutanixで [VDIのコスト] を削減」

ストレージ / HCI
2021.09.07

みなさんこんにちは。HCI・Nutanixの技術支援を担当しております、長濱です。

昨今の時勢によりテレワークでの業務が当たり前となりつつある中、機密情報の入ったパソコンを社外に持ち出すことは、セキュリティ観点でのリスクがついてまわります。

そこで、VDIを用いて社外から安全に業務データにアクセスする仕組みを採用するケースが多く見られます。

今回は、そのVDIをサイジングする上で課題となる「コスト」について、サーバー市場において幅広いラインアップを提供している日本ヒューレット・パッカード合同会社様と、SB C&S株式会社でサーバー/仮想化/HCIビジネスに携わるメンバーによる対談記事を紹介させていただきます。

「サイジングしたらサーバーのコストが予想を上回ってしまった」
「仮想デスクトップを集約し、できるだけ少ないサーバー台数で運用したい」

といったお悩みを抱える方には有益な情報となります。ぜひ資料をダウンロードしてお読みいただけますと幸いです。

著者紹介

SB C&S株式会社
ICT事業本部 ICT事業戦略・技術本部 技術統括部 第1技術部 3課

長濱 歳也 -Toshiya Nagahama-

◇◇◇執筆書籍◇◇◇
・(2019年5月)Nutanix Enterprise Cloud クラウド発想のITインフラ技術
・(2017年4月)Nutanix Hyper Converged Infrastructure入門