SB C&Sの最新技術情報 発信サイト

C&S ENGINEER VOICE

SAN(Storage Area Network)とは

ストレージ用語辞典
    2019.11.27

    複数コンピューターとストレージとの間を結ぶネットワーク

    SANとは、複数のコンピューターと、ストレージ(外部記憶装置)との間をネットワークで結ぶことです。「Storage Area Network」の略であり「サン」と読みます。 かつてのコンピューターは、1台のストレージを直接接続するDAS(Direct Attached Storage)という接続方式が主流でした。しかしDASだと、余っているストレージの容量を別のコンピューターでは利用できません。そこで専用ネットワークを組むことにより、複数台のコンピューターを1台のストレージで接続できるようにしたものがSANなのです。

    SANのバリエーションは広がっている

    SANと言うと、コンピューターとストレージとの間のネットワークは、高速な光ファイバーケーブルを使用したFibre Channel(FC)プロトコル(通信規約)で接続するFC-SANが一般的になっています。FC-SANの構築にはFCスイッチなどの専用機器が必要となります。 FC-SAN以外にもEthernetやTCP/IP、iSCSIなど、IP(インターネットプロトコル)を利用して構築するIP-SANもあります。IP-SANはインターネットで標準的に使用されているTCP/IPプロトコルでデータ転送するため、専用機器を用意する必要はありません。

    著者紹介

    SB C&S株式会社
    C&S Engineer Voice運営事務局

    最新の技術情報をお届けします!