SB C&Sの最新技術情報 発信サイト

C&S ENGINEER VOICE

Automation Anywhere -【A2019】【パッケージリファレンス】CSV/TXT

AI/RPA
2020.07.22

【パッケージリファレンス】では、Automation Anywhere A2019 のパッケージで使用できるアクションと、各アクションの設定パラメータについて、マニュアル形式でご紹介していきます。
今回は、CSV/TXTパッケージのご紹介です。


CSV/TXT パッケージ

本記事は「バージョン:2.0.0-20200515-071419」の情報です。(2020/07/21現在)
最新情報を確認するには、公式ドキュメントもあわせてご参照ください。
公式ドキュメント:CSV/TXT package

概要

CSVまたはテキストファイルからデータを読み込むことができます。また、サポートされているエンコードはANSI、Unicode、UTF-8、またはWin1251です。
読み込んだデータをテーブル変数に代入することができ、最大読み込みレコード数は100万レコードです。

アクション一覧
アクション名
英語名:Open(日本語名:開く)
英語名:Read(日本語名:既読)
英語名:Close(日本語名:閉じる)


アクションの説明

アクション:Open(開く)

CSV/TXTファイルを開きます。

無題2.png

No.1
パラメータ名 Session name(セッション名)
概要 セッション名を設定します。
省略可
使用方法

無題1.png

手入力または、変数で任意のセッション名を設定します。ここで指定したセッション名はRead(既読)アクション、Close(閉じる)アクションで使用します。
既定値:Default

No.2
パラメータ名 File path(ファイルパス)
概要 対象のCSV / TXTファイルのパスを指定します。
省略可
使用方法

◆Control Roomファイル

無題3.png

「参照」をクリックして、Control Room に格納しているファイルパスを指定します。

◆デスクトップ ファイル

無題4.png

「参照」をクリックして、ローカルデバイスのファイルパスを手入力または変数で指定します。

◆変数

無題5.png

対象ファイルパスが格納されているファイル変数を指定します。

No.3
パラメータ名 Contains header(ヘッダーを含む)
概要 ファイルの先頭行を、ヘッダ行として読み込むかどうかを設定します。
省略可
使用方法

無題6.png

チェックすると、先頭行をヘッダ行として読み込みます。

No.4
パラメータ名 Delimiter(区切り文字)
概要 区切り文字を設定します。
省略可
使用方法

無題7.png

対象ファイルで使用されている区切り文字を選択します。

選択肢にない区切り文字をファイル内で使用している場合、「その他」を選択します。
「特定の区切り文字(オプション)」のフィールドに、手入力、または、変数で設定することができます。

No.5
パラメータ名 Trim leading spaces(先頭のスペースをトリム)
概要 先頭のスペースを削除します。
省略可
使用方法

無題9.png

チェックすると、各データ項目の先頭にあるスペースを削除することができます。

No.6
パラメータ名 Trim trailing spaces(末尾のスペースをトリム)
概要 末尾のスペースを削除します。
省略可
使用方法

無題10.png

チェックすると、各データ項目の末尾にあるスペースを削除することができます。

No.7
パラメータ名 Encoding(エンコード)
概要 ファイルのエンコードを指定します。
省略可
使用方法

無題11.png

「▼」をクリックすると、エンコードタイプを選択することができます。対象ファイルのエンコードを指定してください。
既定値:UTF-8


アクション:Read(既読)

CSV ファイルの内容をすべて読み込み、テーブル変数に代入します。

無題12.png

No.1
パラメータ名 Session name
概要 セッション名を指定します。
省略可
使用方法

無題13.png

手入力または、変数でセッション名を設定します。ここで指定するのはOpen(開く)アクションで指定したセッション名です。
既定値:Default

No.2
パラメータ名 Assign value to the variable(値を変数に代入)
概要 読み込んだ内容を格納するテーブル変数を指定します。
省略可
使用方法

無題14.png

「▼」をクリックすると、作成済みのテーブル変数が一覧表示されます。
一覧より読み込んだ内容を格納するテーブル変数を指定します。


アクション:Close(閉じる)

CSV/TXTファイルを閉じます。

無題.png

No.1
パラメータ名 Session name(セッション名)
概要 セッション名を設定します。
省略可
使用方法

無題1.png

手入力または、変数でセッション名を設定します。ここで指定するのはOpen(開く)アクションで指定したセッション名です。
既定値:Default


いかがだったでしょうか。Bot開発の参考になれば幸いです。

AA_EV_Banner2.png

著者紹介

先端技術推進統括部
RPAビジネス推進部
林田 啓太

役者 → SE → RPAエンジニア → ?
日々進化します!