IT管理者向け
画像

Office 365伝道師 五味ちゃんこんにちは、Office 365相談センターの五味です。

今回は、Office 365ビギナーな方向けに、Office 365のOffice部分に焦点を当てて説明します。

Office 365 ProPlus、Businessを含むプラン(Business、Business Premium、ProPlus、E3、E5)では、4種類のOfficeが提供されます。
1人が何種類ものデバイスを同時に駆使するマルチデバイス時代だからこそ、Office 365の4つのOfficeを使いこなすことが業務をよりスマート且つ快適にこなす一つのキーポイントになりますよ。

Office 365 ProPlus/ Business で提供される4つのOfficeとは

Office 365には4つのOfficeが・・・

Office ProPlus(またはBusiness)

Business・Business Premiumのプランでは「Business」、ProPlus・E3・E5のプランでは「ProPlus」がそれぞれ提供されます。
ProPlus(またはBusiness)は、いわゆる従来型の「Office」で、Office Professional Plus 2016(Macにインストールする場合は、Office for Mac 2016)と同等のアプリケーションです。

ProPlus(またはBusiness)のポイントは4つ。

  • オフラインでも使える
  • 1ユーザーあたりPC5台までインストールOK
  • 自宅使用権込み
  • 旧バージョンのオフィスとも共存OK
オフラインでも使える

Office 365は"クラウド"ということでよく勘違いされるのですが、ProPlus(またはBusiness)は今までのOfficeと同様、オフラインで使用することも可能なんですよ。
使用感は今までのOffice 2010や2013などの製品とほとんど変わりません!

  • ただし、ライセンス認証のため一定期間に一度、裏でインターネットに接続しに行きます。
  • そのため、完全にオフラインの状況下ではご利用いただけません。
1ユーザーあたりPC5台までインストールOK

1ユーザーあたりパソコン(Macを含む)5台まで※インストール可能です。
今まではWindows版とMac版は別々に購入する必要があり、ライセンスの管理も複雑になりがちでしたが、Office 365ならOSの違いを気にすることなく契約は1ライセンスのみでOK。

その他、スマートフォン5台、タブレット5台までインストールできるのもポイントです。
一人が複数台、さまざまなデバイスを持つ時代ですので、ライセンスの最適化に繋がりますね。

  • 1ライセンスで5ユーザーまでインストール可能という意味ではありませんのでご注意ください!!1ユーザーあたり、そのユーザーが所持・運用する5台のパソコンまでインストール可能という意味です。
自宅使用権込み

Office 365のOfficeは、自宅使用権がついています。
ワークスタイルの多様化への対応やBCP対策として、"社員の自宅のPCにダウンロードさせて自宅でオフィスに居るときと同じ環境で仕事をしてもらう"ということも可能になります。

旧バージョンのオフィスとも共存OK

「社内の基幹システムの関係で、どうしても旧バージョンのOfficeも使わざるを得ない。」
「でも社外とのやり取りにサポート切れした古いバージョンのOfficeソフトで作成したドキュメントを渡すのも会社としては芳しくない。一体どうしたら...」

そんなお悩みを抱えたお客様も、Office 365なら安心です。
Office 365なら旧バージョンのOfficeと並行して稼働させることが出来るので、一気にお悩み解決ですね。

Office Online

Webブラウザで開いて作業できる、Web型のOfficeも提供されます。
利用できる機能はインストール型のOffice ProPlus(またはBusiness)と比較すると少ない(マクロやVBAなどは動きません。また図画描写機能やアニメーションなども限定的といった機能制限あり)ですが、インターネットに接続できwebブラウザが開けるデバイスであれば、どこからでもアクセスができるのが魅力です。

Office Onlineがあれば、もし自分のデバイスが手元にない時でも、インターネットブラウザ経由でOffice Onlineを開いてドキュメントを閲覧・編集するこが出来るようになりますよ。

Office Mobile (for iOS / Android)

スマートフォン用の手軽なiOS/Android版アプリケーションの利用権もついています。
Office Mobileでは、Officeドキュメントの閲覧機能と、必要最低限の編集機能を提供しています。

Office Online同様機能が少々限定的ではありますが、マイクロソフトの純正Officeアプリなだけあって、スマートフォンで開いているとは思えないほど、表示の互換性はバッチリ。
また、オフラインでもスマホ上でドキュメントの閲覧・編集ができるのは、移動が多い営業さんにも嬉しいアプリと言えます。

最近では1人2台以上の携帯を所持していることが普通となりましたが、Office Mobileも1ユーザー5デバイスまでダウンロードいただけます。社用携帯2台持ち、なんてケースにも対応できますね!

Office for iPad

Office 2013のバージョンから登場した、iPad専用にチューニングされたアプリケーション「Office for iPad」も、Office 365のProPlus(またはBusiness)が含まれるプランでご契約をいただくとお使いいただけます。

提供されるアプリケーションは、ビジネスにおいて欠かせないWord、Excel、PowerPointの3つ。
いずれもApp Store上で無料でダウンロードできるアプリケーションですが、編集機能を利用するにはOffice 365の契約が必要です。
操作はパソコン版と比べるとやはり制限されていますが、こちらもマイクロソフトの純正アプリなだけに、互換性やUIの使い勝手はサードパーティ製の同様のアプリの追随を許しません。

Office 365のOfficeが使いたい!プランはどれ?

ご紹介した「Office Online」・「Office Mobile(for iOS, Android)」・「Office for iPad」は、それぞれバラ売りはされておらず、Office 365のOfficeが含まれるプランであればすべて利用権が付帯しています。
つまり、Office 365のOfficeが入っているプランを選べば良い、ということですね。

Officeだけのプランならこれ!

メールやweb会議などのグループウェア機能も気になるなら...

実は、Office 365にはOfficeだけではなく、メール・スケジュール機能や、web会議機能、ファイル共有機能など、グループウェア的な機能が含まれたパッケージプランもあります。
グループウェアの方のプランが気になるあなたは、こちらがおすすめです!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
Office 365のOfficeについて、理解は深まりましたか? Office 365には4つのOfficeが含まれています。

Office 365に含まれる4つのOfficeとは...

  • Office 365 ProPlus(またはBusiness)
  • Office Online
  • Office Mobile
  • Office for iPad

これら4つのOfficeを駆使すれば、時間・場所問わず、いつでもどこでも、Office ドキュメントの編集の続きができるようになりますよ。
Office 2010のサポート終了があと2年と迫る中、お乗り換え先としてぜひOffice 365をご検討くださいね!

Office 365導入のご検討に際しては、ぜひOffice 365相談センターをお使いください。
Office 365相談センターでは、豊富な資料のご提供のほか、Office 365専任スタッフが皆様の疑問・質問にお答えしています。

Office 365の徹底解説資料、ご用意しています!

IT管理者向けに関する記事

みんなが使ってる!?IT部門を悩ませるよくある悩みを解決する人気のオプションプランを紹介
Office 365 Openライセンス新規利用/更新利用の仕方
IT管理者向け Office 365 Openライセンス新規利用/更新利用の仕方
不正サインインを防ぐ!Microsoft 365の多要素認証と注意したいこと
「電子情報開示」(eDiscovery)とは?Microsoft 365ではどんな事ができる?
メールだけじゃない!カレンダーも連絡先も、Google Appsからお引っ越し!
STOP!Office 365のライセンス違反!
IT管理者向け STOP!Office 365のライセンス違反!
Microsoft CSP:永続型ライセンス(Software in CSP) とは?メリデメ、対象製品などまとめてみた
Office 365のOfficeと旧バージョンのOfficeは混在できますか?
どこまで設定すれば安心?OneDrive for Businessの安全対策~どんな事ができる?どうやって設定する?~
Office 2019とOffice 365の「OSのシステム要件」とは
IT管理者向け Office 2019とOffice 365の「OSのシステム要件」とは
Office 365のOfficeにデバイス用ライセンスはありません!
OfficeのPCお引越し時の手続き
IT管理者向け OfficeのPCお引越し時の手続き
Microsoft 365の初期ドメイン(onmicrosoft.com)が既に使われているかどうかの調べ方
もうOutlookを使った移行は要らない!Office 365へ直接インポート!
Yammer Enterprise の単体プラン提供終了
IT管理者向け Yammer Enterprise の単体プラン提供終了
Exchange OnlineでもグローバルIPで接続制限が可能に。
IT管理者向け Exchange OnlineでもグローバルIPで接続制限が可能に。
またまた安全性強化?標準でSharePointとOneDriveが暗号化される!?
Office 365の管理センターについて機能や使い方を紹介
IT管理者向け Office 365の管理センターについて機能や使い方を紹介
Office 365のOfficeの更新プログラムは管理できる?
IT管理者向け Office 365のOfficeの更新プログラムは管理できる?
Microsoft 365 Apps for enterpriseにデバイスライセンスが出る!?その真相
やっぱりディフェンスが大事!?Office 365の監視・制御ができるAzure AD Premium
次のOSは「Windows 11」!要件や互換性、Win10/11それぞれのサポート期間などよくある質問にお答えします
コンプライアンス時代のOffice 365の監査ログ
IT管理者向け コンプライアンス時代のOffice 365の監査ログ
ご安心ください。その古いOffice、Office 365のOfficeとも共存できますよ
Windows 7 を Windows 10 Proにアップグレードする方法
IT管理者向け Windows 7 を Windows 10 Proにアップグレードする方法
Microsoft 365のメールってどのくらい使える?メールボックスの容量や拡張可否まで、一挙解説
テレワーク時代の端末紛失対策ならIntune!どんな管理設定ができるかご紹介します
Office 365 Business Premiumを「300名以上」で契約する方法
IT管理者向け Office 365 Business Premiumを「300名以上」で契約する方法
危険な添付文書付きメールには、ATPを!!!
IT管理者向け 危険な添付文書付きメールには、ATPを!!!
ちょっと難しい・・・SharePoint Onlineのアクセス権
IT管理者向け ちょっと難しい・・・SharePoint Onlineのアクセス権
Office 365と連携可能なサードパーティ製品で理想的なシステム運用
Microsoft 365を安心して使える理由!Microsoftの4つのセキュリティ対策
Office 365の製品なのに
IT管理者向け Office 365の製品なのに"Azure" AD?
【Office 365移行ガイド】G Suiteの移行方法をご紹介!
IT管理者向け 【Office 365移行ガイド】G Suiteの移行方法をご紹介!
Teamsで組織外のユーザーとの通信を制御する方法
IT管理者向け Teamsで組織外のユーザーとの通信を制御する方法
今後のWindows 7に対するOffice 365のサポート方針は?ESUをつけたらどうなる?
クラウドストレージだから尚更気になる!監査機能
IT管理者向け クラウドストレージだから尚更気になる!監査機能
うちのテナント、いつアップグレードが適用されるの?
管理者に朗報!使われなくなったTeamsのチームの自動削除機能
新しい情報保護機能「AIP」
IT管理者向け 新しい情報保護機能「AIP」
Office 365のこと、どこに問合せすればいいの?
IT管理者向け Office 365のこと、どこに問合せすればいいの?
続・Office 365のOffice 2013の提供が終わります
IT管理者向け 続・Office 365のOffice 2013の提供が終わります
ライセンス付け替えと再インストールを!Officeのプラン変更時の注意点
アカウント乗っ取りや不審アクセス対策の心強い味方「Microsoft Defender for Cloud Apps」
Teamsは、外部ユーザーも招待できます
IT管理者向け Teamsは、外部ユーザーも招待できます
Microsoft 365 Defender サービスのイロハ ~含まれるサービスと旧名称、主な機能まとめ~
Office 365に接続できるOfficeが厳しく絞られる!?
IT管理者向け Office 365に接続できるOfficeが厳しく絞られる!?
Officeの新しいインストール方式「クイック実行」
IT管理者向け Officeの新しいインストール方式「クイック実行」
【Open プログラム変更】2022年1月以降、Open ライセンスでのOffice 365新規発行ができなくなります
Office 365を導入したら考えたい、次のステップとは?
IT管理者向け Office 365を導入したら考えたい、次のステップとは?
あと4ヶ月サポート終了!Office 2013 Business/ ProPlus
IT管理者向け あと4ヶ月サポート終了!Office 2013 Business/ ProPlus
Windows 7を継続利用するためのライセンス「ESU」と2021年の更新のご案内
Officeアプリの「商用利用権」とは?
IT管理者向け Officeアプリの「商用利用権」とは?
法人の新規利用/更新利用のお客様へ、有効化処理にお困りですか?
メール安全強化のための3つの鉄板オプション
IT管理者向け メール安全強化のための3つの鉄板オプション
Openライセンス終了後もOffice 365/Microsoft 365を使うには、どうすれば良い?
Intuneがあれば、Windows Defenderの管理者向けレポート画面(プレビュー版)が見れる話
裏ワザ!? Office 365 Businessファミリーのお得な買い方
IT管理者向け 裏ワザ!? Office 365 Businessファミリーのお得な買い方
Office for Mac2011、インストールファイル提供終了
IT管理者向け Office for Mac2011、インストールファイル提供終了
Office 2007からのお乗り換えはOffice 365を!
IT管理者向け Office 2007からのお乗り換えはOffice 365を!
Office 365 Businessだけを契約してTeamsが使えるのか?その真相を解説します

注目の記事

製品についてのお問い合わせ

導入検討にあたって
情報収集中の方へ

Microsoft 365導入にあたって情報収集中の方に嬉しいホワイトペーパーをご提供しています。

導入でお困りの方へ

Microsoft 365導入にあたって不明点などございましたら、Microsoft 365相談センターへ。Microsoft 365に精通したスタッフが皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

購入をご検討の方へ

Microsoft 365の購入はweb、または日頃お取引のある販売店からもご購入いただけます。

Microsoft 365の
プラン構成がわかる
資料はこちら
資料をダウンロードする