Microsoft 365コラム
画像
  • ★ この記事は4分で読めます。

WordやExcelなどのOfficeアプリだけでなく、ドキュメントの共同編集や情報共有、リアルタイムコミュニケーションなど、さまざまなクラウドサービスを利用できるMicrosoft 365(Office 365)。
リモートワークへの対応を検討する方やオンプレミスからクラウドへの移行を考えている方など、多くの方から注目を集めていますが、中には導入するとどのようなメリットがあり、どのように導入すれば良いかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで本記事では、Microsoft 365の概要や導入するメリット・デメリット、導入方法をご紹介します。導入する際の参考にぜひお役立てください。

マンガ解説資料を無料でダウンロードする

   

Microsoft 365はMicrosoft製品のサブスクリプションサービスのこと

Microsoft 365は、最新の「Windows OS」、Word, Excel, PowerPointなどの最新のOfficeアプリケーション、クラウドストレージ(OneDrive for Business)、TeamsやExchange Onlineをはじめとしたグループウェア、「Enterprise Mobility + Security」などのサービスの総称です。それぞれ単品でご契約いただくことも出来ますが、お得なパッケージプランでご利用いただくケースも多くあります。パッケージプランに含まれる機能はプランにより異なりますが、最新のOSやOfficeアプリ、Teamsをはじめとしたグループウェア、セキュリティを1つのライセンス(サブスクリプション)で利用できます。

Microsoft 365は、月額(年額)課金によるサブスクリプションサービスである点も特徴です。また、1ライセンスでパソコンやスマートフォン、タブレットなど、複数のデバイスで利用できる魅力も備えています。

このような特徴から、Microsoft 365は「業務効率化」や「テレワーク・リモートワークの活性化」「セキュリティ強化」を図りたい企業担当者の方にとって、最適なソリューションを提案するサービスとなっています。

Microsoft 365とOffice 365との違い

2020年4月22日よりOffice 365はMicrosoft 365にブランドが統合され、これにより現在ではOffice 365とMicrosoft 365の違いはほとんどありません。ただし、大企業向けの一部プランでは、「Office 365」と冠したプラン名が存続しており、現在でも購入可能です。

元々、Office 365は、パッケージ版のOfficeのサブスクリプションモデルとして、2011年6月に誕生しました。その後、新型コロナウイルス感染症への対策としてリモートワークが増加したことなどを受け、リモートワークが可能な環境を提供できるよう、Windows OSやセキュリティ部分まで提供できるMicrosoft 365が登場したという流れとなっています。

Microsoft 365とOffice 365は現在ではほぼ変わらないもの、同じもの、と認識していただいて問題ありませんが、「Microsoft 365」と「Office 365」それぞれの名前を冠しているプランを比較すると違いがあります。そこで、Microsoft 365とOffice 365のパッケージプランを比較し、導入に向いている方をまとめると下記のようになります。

Microsoft 365とOffice 365の導入に向いている方

Microsoft 365とOffice 365の導入に向いている方
サービス名 導入に向いている方
Microsoft 365 ・300名以下で、Teamsを始めとしたグループウェアサービスやOfficeを利用したい企業(Microsoft 365 Business Basic, Business Standard)
・Windows OSやセキュリティ対策機能まで、テレワークに必要な環境を一式そろえたい企業(Microsoft 365 Business Premium, E3, E5など)
・Officeアプリケーションのみを単品で利用したい企業(Microsoft 365 Apps for business, entepriser)
Office 365 ・300名以上で、web会議・ビジネスチャットツールの「Teams」を始めとしたグループウェアサービスのみ利用したい企業(Office 365 E1)
・300名以上で、「Teams」をはじめとしたグループウェアサービスと、Officeアプリケーションの組み合わせのみをご利用されたい企業(Office 365 E3/E5)
・メール・スケジュール(Exchange Online)やファイル共有(SharePoint Online)など、グループウェアサービスを単品で利用したい企業
Microsoft 365(Office 365)のプラン比較表をダウンロード

   
  

Microsoft 365を導入するメリット

導入_2.jpeg

Microsoft 365を導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。Microsoft 365を導入する主なメリットは下記のとおりです。

  • 初期費用を抑えられる
  • マルチデバイスで利用できる
  • セキュリティが強化される
  • 常に最新バージョンで利用できる
  • クラウドで管理が一元化できる

それぞれの内容を項目ごとに見ていきましょう。

メリット1:初期費用を抑えられる

Microsoft 365は一定期間の使用権を購入するサブスクリプションサービスのため、導入初期の費用を抑えられる側面があります。例えば、一般法人向けのMicrosoft 365 Business Basicであれば、1ユーザーあたり月額650からMicrosoft 365を導入可能です。

一方、パッケージ版のOfficeの場合、Office導入のために1ライセンスあたり数万円程度の費用がかかり、場合によっては初期費用が高額となってしまいます。導入初期の費用を抑えたい企業にとって、Microsoft 365はおすすめのサービスです。

メリット2:マルチデバイスで利用できる

Microsoft 365はパソコン、タブレット、スマートフォン(電話)それぞれ5台までOfficeをインストールし、サインインできます。職場のパソコンや移動中のスマートフォンなど、さまざまな場所からマルチデバイスで利用可能です。

新型コロナウイルス感染症対策や働き方改革をきっかけとして、リモートワークやテレワークを取り入れている企業も多いかと思います。Microsoft 365を活用すると、職場以外でのドキュメントの作成や編集、情報共有を円滑に行えます。

メリット3:セキュリティが強化される

リモートワークや在宅ワークの導入を検討する場合、セキュリティの問題を心配する担当者の方も多いのではないでしょうか。

Microsoft 365では、データセンター内外での冗長管理やTLSを使用した通信の暗号化、ISO 27001などの情報セキュリティに関するISO基準への準拠をはじめ、お客さまに安心して利用いただけるよう、さまざまなセキュリティ対策を実施しています。

Microsoft 365なら、上記のようなセキュリティのもと、より安全な業務の遂行が可能となります。

メリット4:常にOfficeアプリの最新バージョンを利用できる

Microsoft 365はサブスクリプションでの契約のため、更新作業やサポート終了によるバージョンアップが不要です。常に最新バージョンのOfficeを利用できます。

パッケージ版のOfficeや買い切り型のOfficeの場合、新たなバージョンがリリースされても自動的に更新されないため、バージョンアップするには新しいバージョンのパッケージの購入が必要です。そのため、長期的な視点から考えると、バージョンアップが不要なMicrosoft 365は更新の必要がなく、更新作業を軽減できる一面を持っています。

メリット5:クラウドで管理が一元化できる

Microsoft 365はクラウドサービスであるため、クラウドを介してすべてのアプリケーションが自動的にアップデートされます。システム担当者の方の個別の管理業務を大幅に削減でき、業務の効率化が可能です。

また、ライセンスの割り当てや追加といった管理も、一元的に行えます。ユーザーライセンスもサブスクリプションで月ごとの契約が可能となり、従業員数の増減にもフレキシブルに対応できます。

五味ちゃんがMicrosoft 365を徹底解説します!資料ダウンロードはこちら!

Microsoft 365を導入するデメリット

ここまで紹介してきたように、Microsoft 365の導入には多くのメリットがあります。ただし、注意点もありますので、事前に把握しておきましょう。

  • 利用期間中はコストがかかる
  • 自動アップデートによる仕様変更で操作感が変わる可能性がある

下記より、それぞれの内容をご紹介します。

デメリット1:利用期間中はコストがかかる

Microsoft 365は、一定期間の使用権を購入するサブスクリプション方式のため、利用している期間中は費用が発生します。

パッケージ版のOfficeを利用している場合と比較すると、新バージョンごとにバージョンアップしているなら、コストはあまり変わりません。ただし、パッケージ版のOfficeをサポート終了まで長期間利用している場合は、コストが増えるケースもあります。

Microsoft 365には、ライセンスの柔軟な運用やモバイルでも利用できるメリットがあるため、メリットとコストのバランスを考慮し、自社の状況に合わせて選択する必要があります。

デメリット2:自動アップデートによる仕様変更で操作感が変わる可能性がある

Microsoft 365は、最新バージョンに自動アップデートされます。ですから、アップデートの内容によっては、仕様変更により操作感が変わる可能性があります。
利用している社員の方も、急に仕様変更となると業務に支障がでるおそれもあるでしょう。特に大きな変更のある場合は、変更に対応するとともに、変更箇所を社内で共有し、周知する作業が必要となる場合があります。

Microsoft 365のプランについても詳しく解説

Microsoft 365はどのように導入する?

Microsoft 365を自社に導入する場合の、大まかな手順は下記のとおりです。

  1. どのサービスが必要か検討する
  2. 企業規模に合ったプランを探す
  3. セキュリティの強度を検討する
  4. 申し込む

Microsoft 365では、プランごとにさまざまなサービスを提供しています。「Teamsなどのグループウェアが必要」「テレワークで求められる環境を一式でそろえたい」など、自社でどのサービスが必要なのか検討しましょう。

また、企業で利用するユーザー規模、セキュリティ機能の確認も重要です。例えば、「Microsoft 365 E3」や「Microsoft 365 E5」は、セキュリティ対策機能が充実しています。セキュリティの強度をより求める企業の方におすすめのプランです。

自社に最適なライセンスプランニングや導入のサポートを求める場合は、ぜひSB C&Sまでお問い合わせください。「Microsoft 365相談センター」での相談受付や、SB C&S経由での申込みへの導入支援など、安心して導入できるサポート体制を提供しています。

Microsoft 365の料金をシミュレート

まとめ

Microsoft 365は最新の「Windows OS」、Word, Excel, PowerPointなどの最新のOfficeアプリケーション、クラウドストレージ(OneDrive for Business)、TeamsやExchange Onlineをはじめとしたグループウェア、「Enterprise Mobility + Security」などのサービスの総称です。

パッケージ版のOfficeと比較すると初期費用を抑えられ、マルチデバイスに対応していることからリモートワークにも対応可能な環境を簡単に導入できるメリットがあります。自社サーバーを導入せずにクラウド化が図れるため、自社のクラウド化を検討する中小企業の方にも最適です。

SB C&SのMicrosoft 365相談センターでは、最適なプランのご提案をはじめとしたMicrosoft 365の導入支援を行っています。Microsoft 365の導入でわからない点などありましたら、Microsoft 365相談センターまでお気軽にご相談ください。

  • ※ 導入後のお問い合わせは、販売店さま、もしくは購入後の問い合わせ窓口までお願いいたします。

Microsoft 365の法人での導入でお悩みならSB C&SのMicrosoft 365 相談センターにお問い合わせください!

Microsoft 365コラムに関する記事

Office 365はMacユーザーにおすすめ!その理由を解説
Microsoft 365コラム Office 365はMacユーザーにおすすめ!その理由を解説
個人向け Microsoft 365 Personal と法人向けMicrosoft 365の違いは?
リモートワークやテレワークに便利なツールを紹介!
Microsoft 365コラム リモートワークやテレワークに便利なツールを紹介!
顧客情報の共有を効率化するには?活用できるツールを紹介!
気になるOffice for iPad、どこが使える?
Microsoft 365コラム 気になるOffice for iPad、どこが使える?
Project Onlineの機能について紹介!
Microsoft 365コラム Project Onlineの機能について紹介!
Office 365のデメリットとは?導入前に確認しておこう!
Microsoft 365コラム Office 365のデメリットとは?導入前に確認しておこう!
Microsoft 365(Office 365)の活用イメージと、プランの選び方ガイド
Teamsを使って業務を効率化しよう
Microsoft 365コラム Teamsを使って業務を効率化しよう
Teams Roomsって何?Teamsとの違い、ライセンスの考え方などの基本をしっかり解説
ニュー・ノーマルな時代に対応!Teamsを使って代表電話を着信・応答する方法
Office 365が活躍!チーム間の情報共有に使えるツールの選び方
ビデオ会議ツール「Teams」の無料版と有償版の違い
Microsoft 365コラム ビデオ会議ツール「Teams」の無料版と有償版の違い
クラウドサービスのメールセキュリティ対策
Microsoft 365コラム クラウドサービスのメールセキュリティ対策
職員間の情報共有をスムーズに進めるTeams
Microsoft 365コラム 職員間の情報共有をスムーズに進めるTeams
ビジネスの情報共有にお勧めのアプリケーションを紹介!
Microsoft 365コラム ビジネスの情報共有にお勧めのアプリケーションを紹介!
Microsoft 365(Office 365)vs. Google Workspace ~製品の機能や料金を比較してみた!~
超便利!TeamsとOutlookの連携でもっと業務効率化
Microsoft 365コラム 超便利!TeamsとOutlookの連携でもっと業務効率化
本当に役に立つ「共有すべき情報」と「情報を役立てる方法」
Office 365とOffice 2019のメリットを比較してみた!
Microsoft 365コラム Office 365とOffice 2019のメリットを比較してみた!
クラウドサービスのストレージの適性容量は?
Microsoft 365コラム クラウドサービスのストレージの適性容量は?
Microsoft 365はどのくらいの容量が割り当てられる?サービスごとの使える容量まとめ
Office 365が働き方改革に効果的な3つの理由
Microsoft 365コラム Office 365が働き方改革に効果的な3つの理由
Office 365のライセンス認証周期は30日!ネットに接続してくださいね
Office 365でOutlookを使おう! 導入から設定の仕方まで
Microsoft 365コラム Office 365でOutlookを使おう! 導入から設定の仕方まで
リスクマネジメントを助けるツール Office 365
Microsoft 365コラム リスクマネジメントを助けるツール Office 365
Office 365の安全性は問題ない? セキュリティ対策について解説
クラウドサービスにウイルス対策 は必要?実際どうなの?
業務効率化のポイントと具体例を紹介します
Microsoft 365コラム 業務効率化のポイントと具体例を紹介します
Office 365相談センターブログ 免責事項について
Microsoft 365コラム Office 365相談センターブログ 免責事項について
Teams を使う上でのリスクを理解しよう!Teams利用時の4つのリスクと解決策
リモートワークのメリットとデメリットとは?Office 365の活用方法もご紹介!
業務効率化はITで実現可能?うちの会社でも本当にできる?
Office 365のTeamsとは?便利な機能をご紹介!
Microsoft 365コラム Office 365のTeamsとは?便利な機能をご紹介!
Office 365・Microsoft 365のOfficeファイルの共同編集はできる?Microsoft 365 Appsの基礎知識
働き方改革に役立つツールをご紹介!Office 365の活用方法
Microsoft 365コラム 働き方改革に役立つツールをご紹介!Office 365の活用方法
Office 365を更に便利に使えるモバイルアプリを紹介します!
リモートワークの導入事例をご紹介!Office 365の活用がおすすめ
情報共有が不足するときに巻き起こる事態とは?Office 365による解決策もお教えします
人気急上昇中!?SharePoint Onlineが今アツいワケとは・・・
Microsoft 365コラム 人気急上昇中!?SharePoint Onlineが今アツいワケとは・・・
Officeの買い替え...Office 365の方がお得になる? 7つのチェックポイント
Teams vs. Slack 比較してみた [第一回]
Microsoft 365コラム Teams vs. Slack 比較してみた [第一回]
業務の効率化に役立つフリーソフトを探してみた
Microsoft 365コラム 業務の効率化に役立つフリーソフトを探してみた
Teams vs. Slack 比較してみた [第二回]
Microsoft 365コラム Teams vs. Slack 比較してみた [第二回]
ビジネスシーンで活用されているクラウド型のチャットツールを比較
Officeは買い切りとサブスクのどちらを選ぶ?価格・運用・導入方法から解説
Office 365 も
Microsoft 365コラム Office 365 も "サブスク"?そのメリットとは
Teamsを活用した業務効率化の方法
Microsoft 365コラム Teamsを活用した業務効率化の方法
Teamsのアカウント切り替えの
Microsoft 365コラム Teamsのアカウント切り替えの"ウザったさ"を解消する方法
リモートワークにおすすめのICTツールをご紹介します
Microsoft 365コラム リモートワークにおすすめのICTツールをご紹介します
社内に情報共有ツールを導入した場合の問題点とは?
Microsoft 365コラム 社内に情報共有ツールを導入した場合の問題点とは?

あなたにおすすめの資料

Microsoft 365相談センターでは、 Microsoft 365 により詳しくなれるお役立ち資料をご提供しています。

あなたにおすすめの資料

Microsoft 365相談センターでは、 Microsoft 365 により詳しくなれるお役立ち資料をご提供しています。

製品についてのお問い合わせ

導入検討にあたって
情報収集中の方へ

Microsoft 365導入にあたって情報収集中の方に嬉しいホワイトペーパーをご提供しています。

導入でお困りの方へ

Microsoft 365導入にあたって不明点などございましたら、Microsoft 365相談センターへ。Microsoft 365に精通したスタッフが皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

購入をご検討の方へ

Microsoft 365の購入はweb、または日頃お取引のある販売店からもご購入いただけます。

Microsoft 365の
プラン構成がわかる
資料はこちら
資料をダウンロードする