Microsoft 365コラム
画像

Office 365伝道師 五味ちゃんこんにちは、Office 365相談センターの五味です。
皆さんは、クラウドサービスを検討する上でどのようなことに不安を感じるでしょうか?このサイトでご紹介しているMicrosoftのグループウェア「Office 365」もクラウドサービスなので、"クラウドサービス"に対する不安はよく耳にします。特に多いのがウイルス対策です。ネットワークを通じたサービスは、必然的にネット上の脅威であるウイルスや不正アクセスのリスクを伴いますからね。

そこで今回は、クラウドサービスを利用するうえで気になるウイルス対策についてお話したいと思います。

クラウドサービス利用時のリスクと対策

最近では、クラウドサービスも身近なものになりましたよね。

以前は、自分の作ったドキュメントは自分のPCに保存し、メールやウェブサイト、データベースなどは自社で管理するサーバーで運用していました。クラウドサービスが一般的になった今では、このような機能はすべてクラウドサーバーに置き換えられます。

そうすると、自社でサーバーを運用しなくて済みますから、サーバーへの初期投資や保守運用費用がおさえられますし、自社のサーバーでは費用がかかりすぎてとても施せないような高度なセキュリティ対策や災害対策がなされたクラウドを利用できる(=むしろ取引先に対して信頼性を上げられる)ようになります。このようにクラウドサービスを利用するメリットは多く、近年オンプレミスよりクラウドを選ぶ企業が加速度的に増えています。

しかし新規導入のためには、そのリスクについてもよく理解しておかなければなりませんよね。
まずは、クラウドを利用する上での主なリスクについてご説明します。

クラウドへの攻撃

昨今問題となっているのが、サーバーへのサイバー攻撃です。クラウドサービスに限らず、企業の自社システムも攻撃の対象となりえるサイバー攻撃ですが、大量のアクセスを集中させて通信を麻痺させたり、情報を盗み出したりするといった攻撃方法が使われています。

利用者レベルでは対処は不可能なリスクですが、クラウドサービスのベンダーがさまざまな対策を行っています。各ベンダーの対応策が公開されていますので導入時の判断基準にしてください。

サイバー攻撃だけでなく災害時の対応なども、ベンダー側できちんと対策されています。同様に対策が公開されていますので、検討時にはご確認ください。

ウイルスやマルウェア

ウイルスとはマルウェア(悪意あるプログラム)の一種で、ユーザーが気付かないうちに実行されて被害を受けてしまいます。

クラウドサービスかそうでないかにかかわらず、メールやウェブサイト等を通じて自分が利用しているローカルPCにウイルスが感染するリスクがあります。

感染経路やウイルスの種類に応じて、セキュリティソフトやワクチンソフトを導入されている企業も多いことでしょう。クラウドサービスの場合は、サーバー上に保存したデータのスキャンも実行されます。

人為的なミス

アカウント情報の管理不備や端末の紛失などからアカウント情報が漏えいするケースや、ファイル共有の設定を間違えてクラウド上のデータが漏えいするケースがあります。アカウントの権限管理の強化や、異常なアクセスを検知してアカウントを停止する、DLPにより機密情報を監視するなどの対策があります。

Office 365ではどんなウイルス対策がされている?

kuraudo_uirusutaisaku_02.jpg

Office 365の導入をご検討中の方へ、Office 365のウイルス対策をはじめとしたセキュリティ対策サービスをご紹介します。

Exchange Online Protection (EOP)

メールはマルウェア侵入の入り口の一つです。マルウェアそのものがメールに添付されるケースもありますが、スパムメールによりマルウェアへのアクセスを促したり、フィッシング詐欺の入り口となるケースもあります。

Exchange Online Protection(EOP)は、スパムフィルター、差出人セーフリストや受信拒否リスト、IPアドレス指定、コンテンツフィルターなどを備え、不正アクセスを検出、防御する検疫機能を持っています。

★Exchange Online Protection (EOP) については、こちらの記事でも詳しく解説しています★

Advanced Threat Protection (ATP)

従来のウイルス対策ソフトは、既知のウイルスリストを参照し、合致するプログラムをウイルスとして検出していましたが、新種のウイルスへの対応は困難でした。Advanced Threat Protection(ATP)は、未知のウイルスにも対応した電子メールフィルタリングサービスです。

Microsoft Exchange Online Protectionの検疫機能に加え、リンクの保護、添付ファイル保護、スプーフィングインテリジェンス、AIを利用したフィッシング詐欺対策などが含まれています。

★Advanced Threat Protection(ATP) については、こちらの記事でも詳しく解説しています★

Microsoft Cloud App Security (MCAS)

Microsoft Cloud App Security (MCAS) は、利用しているクラウドアプリを監視、識別するサービスです。どのようなアプリをどのように操作しているのかを解析し、アクセスを制限したり異常な操作からアカウントの乗っ取りを検出できます。

Office 365の機能であるOffice 365 Cloud App Securityと、機能強化されたMicrosoft Cloud App Securityがあります。

★Microsoft Cloud App Security (MCAS) については、こちらの記事でも詳しく解説しています★

各プランの価格と含まれるセキュリティ機能

[メールのみの単体プラン] Exchange Online
 Plan 1:440円(税抜)/月・ユーザー
 Plan 2:870円(税抜)/月・ユーザー
 含まれるセキュリティ対策機能:EOP

[300名以下でメール含むグループウェアを使う企業にオススメ] Business Essentials
 価格:540円(税抜)/月・ユーザー
 含まれるセキュリティ対策機能:EOP

[300名以下でOfficeとグループウェアを使う企業にオススメ] Business Premium
 含まれるセキュリティ対策機能:EOP

[メール含むグループウェアを使うエンタープライズ企業にオススメ] Enterprise E1
 価格:870円(税抜)/月・ユーザー
 含まれるセキュリティ対策機能:EOP

[Officeとグループウェアを使うエンタープライズ企業にオススメ] Enterprise E3
 価格:2,180(税抜)/月・ユーザー
 含まれるセキュリティ対策機能:EOP

[Officeとグループウェアを使うエンタープライズ企業にオススメ] Enterprise E5
 価格:3,810円(税抜)/月・ユーザー
 含まれるセキュリティ対策機能:EOP、ATP Plan2、MCAS

Exchange Online Protection(EOP) EOP単体のオプションプラン
 ※ただし、EOPはExchange Online Plan1、Plan2にデフォルトで含まれています
 価格:110円(税抜)/月・ユーザー

Advanced Threat Protection(ATP) ATP単体のオプションプラン
 Plan 1:220円(税抜)/月・ユーザー
 Plan 2:540円(税抜)/月・ユーザー

Microsoft Cloud App Security(MCAS) ※MCAS単体のオプションプラン
 価格:380円(税抜)/月・ユーザー

Office 365相談センターでは、概算のお見積りがわかる 「料金シミュレーター」 をご用意しています。
ぜひ自社に必要なプランの費用の概算も、あわせて確認していってくださいね!

Office 365料金シミュレーター | Office 365相談センター

まとめ

kuraudo_uirusutaisaku_03.jpg

s_gomichan-3shiro.pngクラウドサービスと言うと、どうしても形の見えないサービスのため、漠然とした不安を感じられる方もまだまだいらっしゃると思います。しかし、実際にはシステム上でも、物理的にも、とても手厚いセキュリティ対策が施されています。Office 365はウイルス対策のみならず、多くのセキュリティリスクにリアルタイムで対応可能なので、セキュリティを重視する方にこそおすすめしたいサービスです。

また、Office 365は多くのサービスが用意されており、業務上必要なサービスとセキュリティ機能をまとめて導入出来るため、初めてクラウド導入する際にもおすすめですよ。

もし導入に際してご不明な点や不安なことがあったら、Office 365相談センターまでお気軽にお問い合わせくださいね。Office 365の専任スタッフが皆さまからのお問い合わせやご相談に丁寧に回答いたします。

では、また次回のブログでお会いしましょう!

Microsoft 365コラムに関する記事

Microsoft 365(Office 365)の活用イメージと、プランの選び方ガイド
個人向け Microsoft 365 Personal と法人向けMicrosoft 365の違いは?
Teams vs. Slack 比較してみた [第二回]
Microsoft 365コラム Teams vs. Slack 比較してみた [第二回]
リモートワークやテレワークに便利なツールを紹介!
Microsoft 365コラム リモートワークやテレワークに便利なツールを紹介!
Office 365の安全性は問題ない? セキュリティ対策について解説
Office 365とOffice 2019のメリットを比較してみた!
Microsoft 365コラム Office 365とOffice 2019のメリットを比較してみた!
クラウドサービスのストレージの適性容量は?
Microsoft 365コラム クラウドサービスのストレージの適性容量は?
働き方改革に役立つツールをご紹介!Office 365の活用方法
Microsoft 365コラム 働き方改革に役立つツールをご紹介!Office 365の活用方法
クラウドサービスのメールセキュリティ対策
Microsoft 365コラム クラウドサービスのメールセキュリティ対策
Office 365はMacユーザーにおすすめ!その理由を解説
Microsoft 365コラム Office 365はMacユーザーにおすすめ!その理由を解説
Office 365でOutlookを使おう! 導入から設定の仕方まで
Microsoft 365コラム Office 365でOutlookを使おう! 導入から設定の仕方まで
Office 365のライセンス認証周期は30日!ネットに接続してくださいね
本当に役に立つ「共有すべき情報」と「情報を役立てる方法」
ニュー・ノーマルな時代に対応!Teamsを使って代表電話を着信・応答する方法
Teamsを使って業務を効率化しよう
Microsoft 365コラム Teamsを使って業務を効率化しよう
Office 365を更に便利に使えるモバイルアプリを紹介します!
業務効率化のポイントと具体例を紹介します
Microsoft 365コラム 業務効率化のポイントと具体例を紹介します
Project Onlineの機能について紹介!
Microsoft 365コラム Project Onlineの機能について紹介!
Teams を使う上でのリスクを理解しよう!Teams利用時の4つのリスクと解決策
職員間の情報共有をスムーズに進めるTeams
Microsoft 365コラム 職員間の情報共有をスムーズに進めるTeams
リモートワークにおすすめのICTツールをご紹介します
Microsoft 365コラム リモートワークにおすすめのICTツールをご紹介します
リモートワークの導入事例をご紹介!Office 365の活用がおすすめ
Teams vs. Slack 比較してみた [第一回]
Microsoft 365コラム Teams vs. Slack 比較してみた [第一回]
Microsoft 365(Office 365)vs. Google Workspace ~製品の機能や料金を比較してみた!~
情報共有が不足するときに巻き起こる事態とは?Office 365による解決策もお教えします
ビジネスの情報共有にお勧めのアプリケーションを紹介!
Microsoft 365コラム ビジネスの情報共有にお勧めのアプリケーションを紹介!
Teamsを活用した業務効率化の方法
Microsoft 365コラム Teamsを活用した業務効率化の方法
Office 365のTeamsとは?便利な機能をご紹介!
Microsoft 365コラム Office 365のTeamsとは?便利な機能をご紹介!
超便利!TeamsとOutlookの連携でもっと業務効率化
Microsoft 365コラム 超便利!TeamsとOutlookの連携でもっと業務効率化
Office 365のデメリットとは?導入前に確認しておこう!
Microsoft 365コラム Office 365のデメリットとは?導入前に確認しておこう!
Office 365が活躍!チーム間の情報共有に使えるツールの選び方
リスクマネジメントを助けるツール Office 365
Microsoft 365コラム リスクマネジメントを助けるツール Office 365
ビジネスシーンで活用されているクラウド型のチャットツールを比較
顧客情報の共有を効率化するには?活用できるツールを紹介!
業務効率化はITで実現可能?うちの会社でも本当にできる?
人気急上昇中!?SharePoint Onlineが今アツいワケとは・・・
Microsoft 365コラム 人気急上昇中!?SharePoint Onlineが今アツいワケとは・・・
Officeの買い替え...Office 365の方がお得になる? 7つのチェックポイント
ビデオ会議ツール「Teams」の無料版と有償版の違い
Microsoft 365コラム ビデオ会議ツール「Teams」の無料版と有償版の違い
業務の効率化に役立つフリーソフトを探してみた
Microsoft 365コラム 業務の効率化に役立つフリーソフトを探してみた
Teamsのアカウント切り替えの
Microsoft 365コラム Teamsのアカウント切り替えの"ウザったさ"を解消する方法
Office 365が働き方改革に効果的な3つの理由
Microsoft 365コラム Office 365が働き方改革に効果的な3つの理由
Office 365・Microsoft 365のOfficeファイルの共同編集はできる?Microsoft 365 Appsの基礎知識
Microsoft 365はどのくらいの容量が割り当てられる?サービスごとの使える容量まとめ
Office 365相談センターブログ 免責事項について
Microsoft 365コラム Office 365相談センターブログ 免責事項について
Office 365 も
Microsoft 365コラム Office 365 も "サブスク"?そのメリットとは
気になるOffice for iPad、どこが使える?
Microsoft 365コラム 気になるOffice for iPad、どこが使える?
リモートワークのメリットとデメリットとは?Office 365の活用方法もご紹介!
社内に情報共有ツールを導入した場合の問題点とは?
Microsoft 365コラム 社内に情報共有ツールを導入した場合の問題点とは?

注目の記事

製品についてのお問い合わせ

導入検討にあたって
情報収集中の方へ

Microsoft 365導入にあたって情報収集中の方に嬉しいホワイトペーパーをご提供しています。

導入でお困りの方へ

Microsoft 365導入にあたって不明点などございましたら、Microsoft 365相談センターへ。Microsoft 365に精通したスタッフが皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

購入をご検討の方へ

Microsoft 365の購入はweb、または日頃お取引のある販売店からもご購入いただけます。

Microsoft 365の
プラン構成がわかる
資料はこちら
資料をダウンロードする