IT管理者向け
画像

Office 365伝道師 五味ちゃん こんにちは、Office 365相談センターの五味です。

Office 365相談センターブログでも常々、Office 365/Microsoft 365は「ユーザーライセンス」(ユーザー1人あたり1ライセンス必要)で「デバイスライセンス」(デバイス1台あたり1ライセンス)ではありません、というご案内をしてきたのですが、なにやら「Microsoft 365 Apps for enterprise(旧:Office 365 ProPlus)にデバイスライセンスが出る」という噂が・・。

そこでこの記事では、「Microsoft 365 Apps for enterprise のデバイスライセンス」の噂について、ご紹介します。最後までぜひお付き合いください。

★この記事は、5-6分くらいで読めます。

「条件付きで」リリース予定です!Microsoft 365 Appsのデバイスライセンス

飲食店や服飾系ショップなどの小売店、ホテルなどの業態では、1台のPCを複数人で利用されるケースも多いため、『Office 365/Microsoft 365のデバイスライセンス(デバイス1台あたり1ライセンス)はないのか?』と問い合わせをいただくこともかねてからいただいておりました。そうした業界で働く方々には嬉しいニュースにも聞こえる、Microsoft 365 Apps for enterprise(旧:Office 365 ProPlus)のデバイスライセンス提供開始(予定)の噂。
その噂を詳しく見てみましょう。

リリースは2020年夏予定

2020年夏(予定)から、Microsoft 365 Apps for enterprise(旧:Office 365 ProPlus)にデバイス用ライセンスが追加されることが発表されました。

夏2020以降、商用のお客様はmicrosoft 365 apps for enterprise (device) を使って、エンタープライズライセンス用の Microsoft 365 アプリをユーザーではなく Windows 10 デバイスに割り当てることができます。 教育機関のお客様は、教育機関向け Microsoft 365 アプリ (device) ライセンスを使用して、同じことを行うことができます。 このデバイスベースのライセンスは、多くのユーザーが共有しているデバイスで、enterprise (以前は Office 365 ProPlus と呼ばれていました) 向けの Microsoft 365 アプリの管理を簡素化するために設計されています。 サインインしてそのデバイスを使用するすべての人は、enterprise 用 Microsoft 365 アプリを使用してドキュメントの作成と編集を行うことができます。

引用:Microsoft Docs | Microsoft 365 アプリのデバイスベースライセンス (企業向け)

引用元のページに詳しく掲載されているのですが(ちょっと読みにくいかも...)、「重要」と書かれている部分を注意してお読みいただき、理解する必要があります。

条件付きのリリース。その条件とは?

では、上述の記事を噛み砕いて、重要な条件付きの部分をまとめます。

  • 2020年夏(予定)以降から使える
  • Microsoft 365 Apps for enterprise(1909バージョン以降)で使える
  • Windows 10(1803バージョン以降)で使える
  • Azure ADに参加している上記のWindows 10で使える
  • 「Enterprise Agreement(大企業向け複数年包括契約、略称EA)」のMicrosoft 365 Apps for enterpriseで使える

『Microsoft 365のOfficeでデバイスライセンスが出る...!』とちょっと期待したみなさん、この最後の部分、とても大きな落とし穴ですよ。
実は今回の発表、大規模企業向けのEnterprise Agreement(通称:EA)だけでの提供なんです。(EAの全社/全ユーザー契約の特典の一環として、デバイスライセンスが提供されるような感じでもありますね。)

CSPやOpenライセンスでは提供されません...

というわけで、今回のMicrosoft 365 Apps for enterpriseのデバイスライセンス提供開始(予定)というお話の中で特に皆さんにお伝えしたいのが、この見出しにもある通り、CSPやOpenライセンスでは提供されないというところなのです。
中小規模組織向けのライセンスとして提供されているOpenやCSP。そこでのデバイスライセンスの実装は、今回はないようです。
少し残念ですよね。(...いえ、正確に申し上げますとOffice 365相談センター的には、今までさんざん『Office 365/Microsoft 365はユーザーライセンスです!!』と宣伝してきただけに、急にデバイスライセンスが出てきたら、それはそれで複雑な気持ちなのですが...)

(おまけ)EA、OPEN、CSP...Office 365/Microsoft 365のライセンスの形態

エンドユーザーの皆さまはもちろんですが、Office 365/Microsoft 365の販売店の担当者さまも、もしかしたら『Microsoftのライセンス形態って多すぎてよく分からない』という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

せっかくなのでここで簡単に、EA、OPEN、CSPの違いをご紹介しますね。

Enterprise Agreement(EA)

EAは、ユーザー数(またはデバイス数)が 500を超える大規模企業を対象としたライセンスプログラムです。

ソフトウェア アシュアランス(通称:SA)による 24時間365日の技術サポート、導入計画サービス、エンドユーザーおよび技術トレーニングや独自のテクノロジを利用できることや、3年以上のご利用をお約束いただくことで価格を固定し、3年一括のお支払いをすることでコストを最小化出来るメリットがあります。

Microsoft | Enterprise Agreement

Open

Openは、中小規模組織のお客様向けのライセンスプログラムです。

ユーザー数/デバイス数が3以上の中小規模組織向けでSA標準装備、契約期間3年のOpen Value、SAは付帯していないけれども契約期間は1年/3年で選べて年額払可能なためOpenプログラムの中でも初期費用が少なくて済むOpen Value Subscription、初回購入時の最小要件の3ライセンスが適用されないOpen Licenseがあります。

Microsoft | Openプログラムとは

CSP

CSPは最も新しいライセンスプログラムです。1ユーザー1ヶ月~購入することができる中小規模組織向けプログラムです。CSPでの提供の場合、サポート窓口がMicrosoftではなく、販売店になることがその他のプログラムとの大きな違いです。
また、1ユーザー1ライセンス必要なユーザーライセンスでの提供のため、使う人数分のライセンスを用意しなければなりません。しかし、その分1ヶ月単位でライセンスの追加減数が可能なので、『何かあったときのために余分にライセンスを買って余らせておく』という必要もなく、従業員の増減にも柔軟に対応できます。

まとめ

今回は、Microsoft 365 Apps for entepriseのデバイスライセンス提供予定の噂について、紹介いたしました。

m365-apps-ent_devicelicense.png

五味ちゃんのワインポイントまとめ | Office 365相談センター今回の五味ちゃんワンポイントまとめ

  • Microsoft 365 Apps for enterprise(旧:Office 365 ProPlus)のデバイスライセンス提供開始は2020年夏予定
  • デバイスライセンスの提供には条件あり!
     - Microsoft 365 Apps for enterprise(1909バージョン以降)
     - Azure ADに参加しているWindows 10(1803バージョン以降)
     - EAのみで提供
  • 中小規模組織向けのライセンスである Open や CSP では提供される予定は今の所なし

いかがでしたか?
まずはEAでのみの提供ということで残念、というお客さまも多いかもしれませんね。
Office 365相談センターでは、特にCSPでのライセンス提供を推進しているのですが、CSPでも提供されないかどうか今後の動向を常にチェックしてまいりますので、引き続きOffice 365相談センターブログ、お手すきの際にチェックしてみてくださいね。

さて今回はMicrosoft 365 Apps for enterpriseのお話でしたが、この他法人でのOffice 365導入時(導入前)のご相談は、Office 365相談センターまでお気軽にお問い合わせください。
※導入後のお問い合わせは、販売店さま、もしくは購入後の問い合わせ窓口までお願いいたします。
Office 365の専任スタッフが皆さまからのお問い合わせやご相談に丁寧に回答いたします。

それではまた、次回のブログでお会いいたしましょう!

PHOTO:FineGraphicsさんによる写真ACからの写真

IT管理者向けに関する記事

Microsoft 365を安心して使える理由!Microsoftの4つのセキュリティ対策
うちのテナント、いつアップグレードが適用されるの?
管理者に朗報!使われなくなったTeamsのチームの自動削除機能
やっぱりディフェンスが大事!?Office 365の監視・制御ができるAzure AD Premium
アカウント乗っ取りや不審アクセス対策の心強い味方「Microsoft Defender for Cloud Apps」
コンプライアンス時代のOffice 365の監査ログ
IT管理者向け コンプライアンス時代のOffice 365の監査ログ
Windows 7 を Windows 10 Proにアップグレードする方法
IT管理者向け Windows 7 を Windows 10 Proにアップグレードする方法
ご安心ください。その古いOffice、Office 365のOfficeとも共存できますよ
Officeの新しいインストール方式「クイック実行」
IT管理者向け Officeの新しいインストール方式「クイック実行」
Microsoft 365のメールってどのくらい使える?メールボックスの容量や拡張可否まで、一挙解説
みんなが使ってる!?IT部門を悩ませるよくある悩みを解決する人気のオプションプランを紹介
Windows 7を継続利用するためのライセンス「ESU」と2021年の更新のご案内
次のOSは「Windows 11」!要件や互換性、Win10/11それぞれのサポート期間などよくある質問にお答えします
STOP!Office 365のライセンス違反!
IT管理者向け STOP!Office 365のライセンス違反!
Office 365 Businessだけを契約してTeamsが使えるのか?その真相を解説します
Office 365に接続できるOfficeが厳しく絞られる!?
IT管理者向け Office 365に接続できるOfficeが厳しく絞られる!?
どこまで設定すれば安心?OneDrive for Businessの安全対策~どんな事ができる?どうやって設定する?~
Yammer Enterprise の単体プラン提供終了
IT管理者向け Yammer Enterprise の単体プラン提供終了
メールだけじゃない!カレンダーも連絡先も、Google Appsからお引っ越し!
Microsoft 365 Defender サービスのイロハ ~含まれるサービスと旧名称、主な機能まとめ~
Microsoft 365の初期ドメイン(onmicrosoft.com)が既に使われているかどうかの調べ方
法人の新規利用/更新利用のお客様へ、有効化処理にお困りですか?
Office 2019とOffice 365の「OSのシステム要件」とは
IT管理者向け Office 2019とOffice 365の「OSのシステム要件」とは
Office 365 Business Premiumを「300名以上」で契約する方法
IT管理者向け Office 365 Business Premiumを「300名以上」で契約する方法
Office 365のこと、どこに問合せすればいいの?
IT管理者向け Office 365のこと、どこに問合せすればいいの?
Office for Mac2011、インストールファイル提供終了
IT管理者向け Office for Mac2011、インストールファイル提供終了
【Office 365移行ガイド】G Suiteの移行方法をご紹介!
IT管理者向け 【Office 365移行ガイド】G Suiteの移行方法をご紹介!
Microsoft CSP:永続型ライセンス(Software in CSP) とは?メリデメ、対象製品などまとめてみた
もうOutlookを使った移行は要らない!Office 365へ直接インポート!
Office 365のOfficeと旧バージョンのOfficeは混在できますか?
Office 365の管理センターについて機能や使い方を紹介
IT管理者向け Office 365の管理センターについて機能や使い方を紹介
Exchange OnlineでもグローバルIPで接続制限が可能に。
IT管理者向け Exchange OnlineでもグローバルIPで接続制限が可能に。
OfficeのPCお引越し時の手続き
IT管理者向け OfficeのPCお引越し時の手続き
Office 365のOfficeにデバイス用ライセンスはありません!
新しい情報保護機能「AIP」
IT管理者向け 新しい情報保護機能「AIP」
クラウドストレージだから尚更気になる!監査機能
IT管理者向け クラウドストレージだから尚更気になる!監査機能
Intuneがあれば、Windows Defenderの管理者向けレポート画面(プレビュー版)が見れる話
ライセンス付け替えと再インストールを!Officeのプラン変更時の注意点
またまた安全性強化?標準でSharePointとOneDriveが暗号化される!?
Office 365のOfficeの更新プログラムは管理できる?
IT管理者向け Office 365のOfficeの更新プログラムは管理できる?
危険な添付文書付きメールには、ATPを!!!
IT管理者向け 危険な添付文書付きメールには、ATPを!!!
Teamsは、外部ユーザーも招待できます
IT管理者向け Teamsは、外部ユーザーも招待できます
Office 365と連携可能なサードパーティ製品で理想的なシステム運用
テレワーク時代の端末紛失対策ならIntune!どんな管理設定ができるかご紹介します
Office 365 Openライセンス新規利用/更新利用の仕方
IT管理者向け Office 365 Openライセンス新規利用/更新利用の仕方
Office 365 の 4つのOfficeを使いこなそう!
IT管理者向け Office 365 の 4つのOfficeを使いこなそう!
あと4ヶ月サポート終了!Office 2013 Business/ ProPlus
IT管理者向け あと4ヶ月サポート終了!Office 2013 Business/ ProPlus
不正サインインを防ぐ!Microsoft 365の多要素認証と注意したいこと
【Open プログラム変更】2022年1月以降、Open ライセンスでのOffice 365新規発行ができなくなります
ちょっと難しい・・・SharePoint Onlineのアクセス権
IT管理者向け ちょっと難しい・・・SharePoint Onlineのアクセス権
Office 365の製品なのに
IT管理者向け Office 365の製品なのに"Azure" AD?
Office 365を導入したら考えたい、次のステップとは?
IT管理者向け Office 365を導入したら考えたい、次のステップとは?
裏ワザ!? Office 365 Businessファミリーのお得な買い方
IT管理者向け 裏ワザ!? Office 365 Businessファミリーのお得な買い方
続・Office 365のOffice 2013の提供が終わります
IT管理者向け 続・Office 365のOffice 2013の提供が終わります
今後のWindows 7に対するOffice 365のサポート方針は?ESUをつけたらどうなる?
「電子情報開示」(eDiscovery)とは?Microsoft 365ではどんな事ができる?
Teamsで組織外のユーザーとの通信を制御する方法
IT管理者向け Teamsで組織外のユーザーとの通信を制御する方法
Openライセンス終了後もOffice 365/Microsoft 365を使うには、どうすれば良い?
Officeアプリの「商用利用権」とは?
IT管理者向け Officeアプリの「商用利用権」とは?
メール安全強化のための3つの鉄板オプション
IT管理者向け メール安全強化のための3つの鉄板オプション
Office 2007からのお乗り換えはOffice 365を!
IT管理者向け Office 2007からのお乗り換えはOffice 365を!

注目の記事

製品についてのお問い合わせ

導入検討にあたって
情報収集中の方へ

Microsoft 365導入にあたって情報収集中の方に嬉しいホワイトペーパーをご提供しています。

導入でお困りの方へ

Microsoft 365導入にあたって不明点などございましたら、Microsoft 365相談センターへ。Microsoft 365に精通したスタッフが皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

購入をご検討の方へ

Microsoft 365の購入はweb、または日頃お取引のある販売店からもご購入いただけます。

Microsoft 365の
プラン構成がわかる
資料はこちら
資料をダウンロードする