IT管理者向け
画像
  • ★ この記事は5分で読めます。
この記事のライター:Microsoft 365 相談センター 五味ちゃん

こんにちは、Office 365・Microsoft 365 相談センターの五味です。
突然ですが、マルウェアやウイルス対策ソフトとして、みなさんはどのようなセキュリティソフトをお使いですか?
カスペルスキーやESET、トレンドマイクロ、シマンテック...など色々ありますが、Windows 10をご利用の場合、標準で Windows Defender というウイルス対策機能が搭載されていることをご存知でしょうか。

新型コロナウイルスによって在宅勤務が広く普及し、それに伴ってセキュリティへの関心が高まる中で、Windows 10なら Windows Defender がインストール不要かつ無料で使えるというだけあり、注目が集まっています。
そこで今回の記事では、 【 Windows Defenderとは? 】、そして【 Intuneで見えるWindows Defender用レポート 】 についてご紹介します。

Microsoft 365のEMSって? 資料をダウンロード

1. Windows Defender とは?

(1) Windows Defender とは

Windows Defender とは、Windows 10 に標準搭載されている、ウイルス対策ソフトです。

マルウェアを検知して削除したり、ダンロードしたファイルやアプリケーションのスキャン、ファイアウォール機能などが搭載されています。

(2) Windows Defender を使ってできること

  1. リアルタイム保護(メイン機能)
    ・ウイルスやスパイウェア、マルウェアを自動で検知ブロックすることでパソコンを保護
    ・信頼性の低いアプリケーションを検知し削除
    ・不審な動作を検知し次第、管理者やユーザーに通知
  2. スキャン保護
    ・ウイルスに感染しているものがないか、ダンロードしたファイルやアプリケーションをスキャン
  3. Windowsファイアウォールによる保護
    ・Windows ファイアウォールによって、インターネットからの不正侵入や、マルウェアによる不正なアクセスを防ぐ
  4. ランサムウェアの防止
    ・「コントロールされたフォルダアクセス」という機能によって、ランサムウェアやトロイの木馬などによるデータ暗号化などの改ざんを防止

(3) Windows Defender を使うメリット・デメリット

① メリット

  1. Windows 10に最初から搭載されている標準ソフトのため、インストール不要で無料で使える
    別途セキュリティソフトを購入したりインストールする手間も不要なので、デバイスのセキュリティ対策をどうしたら良いか迷っている方も使いやすい
  2. Microsoftの純正ソフトなので、アップデート時にトラブルが発生しにくい
  3. 設定項目が少なく利用が楽で動作も軽い上に、マルウェア検知能力が非常に高い
    Windows Defender は他のセキュリティソフトに比べて設定項目が少なめで、PCにかかる負荷も高くありません。それにもかかわらず、マルウェアの検知率は非常に高いものとなっています。(※気になる方はAV-comparatives Real-World Protection Testなど参照)

② デメリット

  1. 最小限の機能しか搭載されていない
    ID,パスワードの管理や迷惑メールに対策機能などは付帯していません。
  2. 基本的に、サポートはない
    他社のセキュリティソフトは、電話やメールなどのサポート窓口があって、「マルウェアに感染したかもしれないので対処方法を教えてほしい」といったような問い合わせにも対応してくれますが、Windows Defender は Windows の機能の1つとしてデフォルトで提供されていることもあり、サポートは付いていません。
  3. 管理者向けの画面がない
    ルウェアの検知率や稼働状況が確認できる管理者向けの画面がないので、個人での利用ならともかく、法人で組織として管理していくには不十分

Windows Defender が出来ることやメリット/デメリットを見てみると、Windows Defender 自体は優秀なソフトではありますが、ある程度自分でセキュリティリスクの管理が可能な方でないと、これ1つだけでの運用は心許ない、という印象がありますね。

 

2. アンチウイルス対策状況が見たいなら、Intuneにお任せ!

さて、ここまででご紹介してきた Windows Defender ですが、デメリットのところで「管理者向けの画面がない」というのを挙げました。
せっかく設定も少なくて、動作も軽く、それでいて検知率が高い優秀なソフトなのに、「マルウェアの検知率や稼働状況が確認できる管理者向けの画面がないからなぁ...」と利用を諦めてきた方も多いのではないでしょうか?

実は、まだ「プレビュー」での提供段階ではありますが、Windows Defenderの稼働状況、マルウェアの検出状況が見れる管理者向けレポート画面がIntuneで出ましたのでご紹介します!

(1) Windows Defender用レポートで確認できること

windefender-report2020Dec.png

① ウイルス対策エージェントの状態

Windows Defenderのエージェントの状況(保護が適用されているかどうか、異常なデバイス、ユーザー名、重大度)が表示されます。

② 検出されたマルウェア

Windows Defenderで検出されたマルウェアとデバイス、重大度、マルウェアに関する詳細が表示されます。

(2) レポートを見るのに必要なライセンス

Windows Defender用のレポート画面を利用するには、次のライセンスと登録が必要です。

  1. レポート情報の対象となるユーザー(デバイス):IntuneライセンスとIntuneへのデバイス登録
  2. レポート画面を見る管理者:Intuneライセンス

Intuneのライセンスを持つ管理者であれば、Intuneの管理画面(Azure)へ移動すると、新しい「Microsoft Endpoint Manger Admin Center」へ誘導され、その中に「レポート」機能が提供されています。(Microsoft Endpoint Mangerと言う製品はありませんが、Intune等のデバイス管理サービス達のコンセプトをまとめたブランで名が「Microsoft Endpoint Manger」のようです。)

Intune/EMSをもっと詳しく知る

 

3. まとめ

いかがでしたか?
今回は、【 Windows Defenderとは? 】、そして【 Intuneで見えるWindows Defender用レポート 】 についてご紹介しました。

【 Microsoft 365 伝道師 五味ちゃんのワンポイントまとめ 】

  • Windows Defender とは、Windows 10 に標準搭載されている、ウイルス対策ソフトのこと。
    マルウェアを検知して削除したり、ダンロードしたファイルやアプリケーションのスキャン、ファイアウォール機能などが搭載されている。
  • Windows Defender は、インストール不要で無料で使える他、設定も少なくて動作も軽く、それでいてマルウェア検知率が高い優れたソフトではあるものの、最小限の機能しか提供されていなかったり、サポートがついていないなどデメリットもある。
  • マルウェアの検知率や稼働状態のレポートが見れる管理者向け画面もないが、Intuneがあれば、管理者向けのレポート画面が利用できる

せっかくWindows Defender が無料なのに、管理者向けレポート画面を利用するためだけにIntuneを導入する、というのはちょっと割高感がありますが... Intune はどんどん機能拡張がされており、Windows のデバイス管理ツールとして非常に優秀です。Windows Server なしでデバイスを管理するならOffice 365・Microsoft 365 相談センターとしてもおすすめしたいツールですので、気になる方はぜひお問い合わせくださいね。

この他、法人でのOffice 365・Microsoft 365導入時(導入前)のご相談は、Office 365・Microsoft 365相談センターまでお気軽にお問い合わせください。
Office 365・Microsoft 365の専任スタッフが皆さまからのお問い合わせやご相談に丁寧に回答いたします。

  • ※ 導入後のお問い合わせは、販売店さま、もしくは購入後の問い合わせ窓口までお願いいたします。

それではまた、次回のブログでお会いいたしましょう!

 

Intuneの導入を相談してみる

IT管理者向けに関する記事

「電子情報開示」(eDiscovery)とは?Microsoft 365ではどんな事ができる?
テレワーク時代の端末紛失対策ならIntune!どんな管理設定ができるかご紹介します
Office 365の管理センターについて機能や使い方を紹介
IT管理者向け Office 365の管理センターについて機能や使い方を紹介
OfficeのPCお引越し時の手続き
IT管理者向け OfficeのPCお引越し時の手続き
裏ワザ!? Office 365 Businessファミリーのお得な買い方
IT管理者向け 裏ワザ!? Office 365 Businessファミリーのお得な買い方
アカウント乗っ取りや不審アクセス対策の心強い味方「Microsoft Defender for Cloud Apps」
次のOSは「Windows 11」!要件や互換性、Win10/11それぞれのサポート期間などよくある質問にお答えします
Office 365のOfficeの更新プログラムは管理できる?
IT管理者向け Office 365のOfficeの更新プログラムは管理できる?
Office 365の製品なのに
IT管理者向け Office 365の製品なのに"Azure" AD?
今後のWindows 7に対するOffice 365のサポート方針は?ESUをつけたらどうなる?
Office 365を導入したら考えたい、次のステップとは?
IT管理者向け Office 365を導入したら考えたい、次のステップとは?
【Open プログラム変更】2022年1月以降、Open ライセンスでのOffice 365新規発行ができなくなります
どこまで設定すれば安心?OneDrive for Businessの安全対策~どんな事ができる?どうやって設定する?~
STOP!Office 365のライセンス違反!
IT管理者向け STOP!Office 365のライセンス違反!
Microsoft 365のメールってどのくらい使える?メールボックスの容量や拡張可否まで、一挙解説
【Office 365移行ガイド】G Suiteの移行方法をご紹介!
IT管理者向け 【Office 365移行ガイド】G Suiteの移行方法をご紹介!
Teamsで組織外のユーザーとの通信を制御する方法
IT管理者向け Teamsで組織外のユーザーとの通信を制御する方法
Office 365 の 4つのOfficeを使いこなそう!
IT管理者向け Office 365 の 4つのOfficeを使いこなそう!
Yammer Enterprise の単体プラン提供終了
IT管理者向け Yammer Enterprise の単体プラン提供終了
Windows 7を継続利用するためのライセンス「ESU」と2021年の更新のご案内
あと4ヶ月サポート終了!Office 2013 Business/ ProPlus
IT管理者向け あと4ヶ月サポート終了!Office 2013 Business/ ProPlus
Office 365 Businessだけを契約してTeamsが使えるのか?その真相を解説します
ちょっと難しい・・・SharePoint Onlineのアクセス権
IT管理者向け ちょっと難しい・・・SharePoint Onlineのアクセス権
うちのテナント、いつアップグレードが適用されるの?
不正サインインを防ぐ!Microsoft 365の多要素認証と注意したいこと
メールだけじゃない!カレンダーも連絡先も、Google Appsからお引っ越し!
Windows 7 を Windows 10 Proにアップグレードする方法
IT管理者向け Windows 7 を Windows 10 Proにアップグレードする方法
法人の新規利用/更新利用のお客様へ、有効化処理にお困りですか?
もうOutlookを使った移行は要らない!Office 365へ直接インポート!
やっぱりディフェンスが大事!?Office 365の監視・制御ができるAzure AD Premium
Office 2007からのお乗り換えはOffice 365を!
IT管理者向け Office 2007からのお乗り換えはOffice 365を!
Microsoft 365 Defender サービスのイロハ ~含まれるサービスと旧名称、主な機能まとめ~
Officeアプリの「商用利用権」とは?
IT管理者向け Officeアプリの「商用利用権」とは?
Exchange OnlineでもグローバルIPで接続制限が可能に。
IT管理者向け Exchange OnlineでもグローバルIPで接続制限が可能に。
Microsoft 365 Apps for enterpriseにデバイスライセンスが出る!?その真相
Office 365のOfficeにデバイス用ライセンスはありません!
Officeの新しいインストール方式「クイック実行」
IT管理者向け Officeの新しいインストール方式「クイック実行」
ライセンス付け替えと再インストールを!Officeのプラン変更時の注意点
管理者に朗報!使われなくなったTeamsのチームの自動削除機能
メール安全強化のための3つの鉄板オプション
IT管理者向け メール安全強化のための3つの鉄板オプション
Office 2019とOffice 365の「OSのシステム要件」とは
IT管理者向け Office 2019とOffice 365の「OSのシステム要件」とは
Microsoft 365を安心して使える理由!Microsoftの4つのセキュリティ対策
Microsoft CSP:永続型ライセンス(Software in CSP) とは?メリデメ、対象製品などまとめてみた
危険な添付文書付きメールには、ATPを!!!
IT管理者向け 危険な添付文書付きメールには、ATPを!!!
Microsoft 365の初期ドメイン(onmicrosoft.com)が既に使われているかどうかの調べ方
Office 365と連携可能なサードパーティ製品で理想的なシステム運用
ご安心ください。その古いOffice、Office 365のOfficeとも共存できますよ
Office 365のこと、どこに問合せすればいいの?
IT管理者向け Office 365のこと、どこに問合せすればいいの?
Openライセンス終了後もOffice 365/Microsoft 365を使うには、どうすれば良い?
Office 365に接続できるOfficeが厳しく絞られる!?
IT管理者向け Office 365に接続できるOfficeが厳しく絞られる!?
Teamsは、外部ユーザーも招待できます
IT管理者向け Teamsは、外部ユーザーも招待できます
続・Office 365のOffice 2013の提供が終わります
IT管理者向け 続・Office 365のOffice 2013の提供が終わります
コンプライアンス時代のOffice 365の監査ログ
IT管理者向け コンプライアンス時代のOffice 365の監査ログ
Office 365のOfficeと旧バージョンのOfficeは混在できますか?
Office 365 Openライセンス新規利用/更新利用の仕方
IT管理者向け Office 365 Openライセンス新規利用/更新利用の仕方
Office for Mac2011、インストールファイル提供終了
IT管理者向け Office for Mac2011、インストールファイル提供終了
またまた安全性強化?標準でSharePointとOneDriveが暗号化される!?
新しい情報保護機能「AIP」
IT管理者向け 新しい情報保護機能「AIP」
みんなが使ってる!?IT部門を悩ませるよくある悩みを解決する人気のオプションプランを紹介
クラウドストレージだから尚更気になる!監査機能
IT管理者向け クラウドストレージだから尚更気になる!監査機能
Office 365 Business Premiumを「300名以上」で契約する方法
IT管理者向け Office 365 Business Premiumを「300名以上」で契約する方法

あなたにおすすめの資料

Microsoft 365相談センターでは、 Microsoft 365 により詳しくなれるお役立ち資料をご提供しています。

注目の記事

あなたにおすすめの資料

Microsoft 365相談センターでは、 Microsoft 365 により詳しくなれるお役立ち資料をご提供しています。

製品についてのお問い合わせ

導入検討にあたって
情報収集中の方へ

Microsoft 365導入にあたって情報収集中の方に嬉しいホワイトペーパーをご提供しています。

導入でお困りの方へ

Microsoft 365導入にあたって不明点などございましたら、Microsoft 365相談センターへ。Microsoft 365に精通したスタッフが皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

購入をご検討の方へ

Microsoft 365の購入はweb、または日頃お取引のある販売店からもご購入いただけます。

Microsoft 365の
プラン構成がわかる
資料はこちら
資料をダウンロードする