Microsoft 365コラム
画像
  • ★ この記事は4~5分くらいで読めます。
この記事のライター:Microsoft 365 相談センター 五味ちゃん

こんにちは、Microsoft 365 相談センターの五味です。
テレワークが急速に進んだことで、社内だけでなく社外の方ともTeams上でやり取りするシーンが増えているのではないでしょうか?以前、「Teamsで組織外のユーザーとの通信を制御する方法」のブログ記事でもご紹介しましたが、Teamsは、外部アクセスやゲストアクセス機能を用いて、組織外のユーザーをチャネルに招いてコミュニケーションが取れるんですよね。

あるいは、1人が複数Microsoft 365・Office 365のアカウントを保有して、Teamsを複数アカウント保持して利用されているというケースもあるかもしれませんね。例えば、所属している企業のTeamsのアカウントに加えて、業務委託先・派遣先などのアカウントも付与されていて、社内の人とは社内用のアカウントで、社外の人とは社外のアカウントで、というような。

確かに、Teamsでのコミュニケーションに慣れてくると、社内だけではなく組織外の同じプロジェクトで動いているメンバーとも同じプラットフォーム上でやり取りがしたくなるものです。しかし一方で、Teamsのアカウント切り替えは、Teamsを利用する中で最も厄介な問題と言えるかもしれません。

そこで今回は【 複数アカウントを運用する上で便利な、サードパーティソリューション・Powell Hub 】についてご紹介してみたいと思います。今回はMicrosoft 365・Office 365ではないのですが、非常に便利なツールなので、上記のようなアカウント切り替えのお悩みがある方にぜひおすすめしたいサービスです。

1. Teams アカウントの切り替えがものすごく厄介という問題

すでに組織外のTeams に招待されて使っている方や、複数アカウントを運用している方は身に染みて感じているかもしれませんが、Teamsのアカウントの切り替えはものすごくストレスフルですよね。

(1) Teamsのアカウント切り替えが必要なケース

冒頭にもお話しましたが、社外(組織外)のTeamsのグループにゲストで招待されている場合複数アカウントを保持している場合は、Teamsのアカウント切り替えが必要となります。
後者については「そりゃそうだ」という話ですが、前者の場合でもTeamsのアカウントを切り替える必要がある、というのは実際に社外(組織外)のTeamsのグループに招待されないと分かりづらいかもしれませんね。

例えば、佐藤さんが SATO@contoso.jp というTeamsアカウントを保有していたとします。取引先のA社と、プロジェクトのコミュニケーションのプラットフォームとしてTeamsを利用するため、A社のTeamsのグループに SATO@contoso.jp のアカウントがゲストとして招待されました。佐藤さんは、社内のやり取りはいつもと同じように、同じTeamsの画面で行えるのですが、A社のTeamsのグループにアクセスするには、右上にあるアカウントから、A社のTeams(ゲスト)を選んで切り替えなければなりません。

Teamsのアカウント切り替え画面|Microsoft 365 相談センター

(2) Teamsのアカウント切り替え方法

Teams のアカウントを切り替える方法は簡単です。
社外のTeamsにゲストで招待されている場合は、右上の組織名が表示されているところをクリックして、ゲストアカウントに切り替えて利用します。
別のアカウントを利用する場合は、一旦ログアウトして、別のアカウントで再度ログインします。

このように簡単に切り替えることはできるのですが、ゲストアカウントに切り替えたり、一旦ログアウトして別のアカウントで再ログインするのは、非常に時間がかかってしまうのが厄介で問題なのです。読み込みにものすごく時間がかかって(下手すると数分かかります)ストレスフルで面倒なんですよね...。
そのため、段々と別アカウント/テナントへの切り替えをほとんどしなくなってしまい、せっかくTeamsで連絡しているのに返事が来ないし既読もつかない、仕方なく従来どおりのメールで連絡しあうしかない...という状況に陥ってしまいがちです。
現状では、別のブラウザやシークレットブラウザで、別アカウントのTeamsにログインして開きっぱなしにしておく、という方法くらいしかありません。

しかしそれでも、ブラウザによってはキャッシュを読み込んでしまい、アカウントがうまく切り替えられないというケースもあります。(個人的な経験からすると、特にChromeでその現象が非常に多く見られると感じます。)

そこでTeamsのアカウント切り替えが面倒すぎてお困りな方にオススメなのが、Powell Hubというサービスです。

 

2. Powell Hub でアカウント切り替えの"ウザったさ"解消

(1) アカウント切り替えが不要になる

Powell Hubとは、Powell 社が提供するサードパーティのソリューションです。ログイン情報のキャッシュに他タブが左右されない便利なブラウザ、というイメージですね。

これを使うと、ゲストアカウントや保有している別アカウントにいちいち切り替えずとも、並列して表示させておくことが可能になります。通常のブラウザでもできそうに思えますが、実は通常のブラウザを使うとログイン情報が残ってしまうので難しいのです。

▼実際のPowell Hubの利用画面
左側にTeamsのアイコンが並んでおり、それぞれ別アカウントや外部のTeamsが表示されるようにしている。使用感はweb版のTeamsと全く同じ
実際のPowell Hubの画面|Microsoft 365 相談センター

(2) その他のコミュニケーションツールとも連携可。色々なツールが1画面でタブ表示

Powell Hubがつなぐのは、Teamsだけではありません。SlackやOutlook(メール)、OneDrive for Business、Gmail、Google Calendarなどなど、さまざまなwebブラウザ上で利用できるサービスと連携できます。複数のアカウントのメールボックスを開いておきたいケースでも、Powell Hubを使うとスムーズに切り替えることができます。

テレワークにより、今まで以上にクラウドサービスの利活用が広まったかと思いますが、アプリケーション間での行き来も非常に増えたのではないでしょうか。Powell Hubを使ってTeamsだけでなく色々なサービスと連携させると、Powell Hubという1つのアプリケーション上で様々な作業ができるようになりますので、業務の効率化にもつながることでしょう。

3. Powell Hub のプランと参考価格

Powell Hubの価格は、下記のように利用するユーザー数のボリュームによってプランがわかれています。
たとえば50ユーザーで利用する場合、1名あたり月々792円(税込)で利用可能となっています。ユーザー数が多ければ多いほど一名あたりの金額が安くなります。

Powell Hub の料金プラン
ユーザー数年額料金(参考標準価格 ※税込表記)
~50名 475,200円
~100名 633,600円
~250名 1,267,200円
~500名 1,742,400円
~1,000名 2,059,200円
Powell Manager 396,000円

 

4. まとめ

いかがでしたか?今回は【 複数アカウントを運用する上で便利な、サードパーティソリューション・Powell Hub 】についてご紹介しました。

【 Microsoft 365 伝道師 五味ちゃんのワンポイントまとめ 】

  • 社外(組織外)のTeamsのグループにゲストアカウントで招待されたり、複数アカウントを保有している場合、Teamsのアカウント切り替えは非常に時間がかかってストレスフル。別のブラウザやシークレットブラウザで、別のアカウントでログインして開きっぱなしにしておくくらいしか打開策がない。
  • Powell Hubを使うと、ゲストアカウントや保有している別アカウントにいちいち切り替えずとも、並列して表示させておくことが可能。また、SlackやOutlook、Gmailなど様々なサービスと連携でき、色々なアプリケーションを行き来しなくても良くなる
  • Powell Hubは1名あたり月々792円~利用可能。ユーザー数のボリュームによって料金が変わるプラン体系のため、利用者が多いほどお手頃な価格に

ちなみに、このPowell Hub はMicrosoft 365 相談センターを運営しているSB C&Sでもお取り扱いをしております。ご興味がある方はぜひ、Microsoft 365 相談センターにお問い合わせください。

その他、法人でのTeams導入など、Microsoft 365導入時(導入前)のご相談は、Microsoft 365相談センターまでお気軽にお問い合わせください。
Microsoft 365の専任スタッフが皆さまからのお問い合わせやご相談に丁寧に回答いたします。

  • ※ 導入後のお問い合わせは、販売店さま、もしくは購入後の問い合わせ窓口までお願いいたします。

それではまた、次回のブログでお会いいたしましょう!

 

有償版Teamsの導入を相談してみる

Microsoft 365コラムに関する記事

ビデオ会議ツール「Teams」の無料版と有償版の違い
Microsoft 365コラム ビデオ会議ツール「Teams」の無料版と有償版の違い
ウェビナーが開催できるTeamsの「ライブイベント」とは?
Microsoft 365コラム ウェビナーが開催できるTeamsの「ライブイベント」とは?
Teams(ライブイベント)でウェビナーを開催する手順・方法
Microsoft 365コラム Teams(ライブイベント)でウェビナーを開催する手順・方法

あなたにおすすめの資料

Microsoft 365相談センターでは、 Microsoft 365 により詳しくなれるお役立ち資料をご提供しています。

あなたにおすすめの資料

Microsoft 365相談センターでは、 Microsoft 365 により詳しくなれるお役立ち資料をご提供しています。

製品についてのお問い合わせ

導入検討にあたって
情報収集中の方へ

Microsoft 365導入にあたって情報収集中の方に嬉しいホワイトペーパーをご提供しています。

導入でお困りの方へ

Microsoft 365導入にあたって不明点などございましたら、Microsoft 365相談センターへ。Microsoft 365に精通したスタッフが皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

購入をご検討の方へ

Microsoft 365の購入はweb、または日頃お取引のある販売店からもご購入いただけます。

Microsoft 365の
プラン構成がわかる
資料はこちら
資料をダウンロードする