活用方法
画像
  • ★ この記事は5分で読めます。

Microsoft Teamsは、組織または組織を横断したプロジェクトごとに「チーム」を作り、その中で情報共有が簡単にできるため、有効なコラボレーションツールとして、企業内の利用も進んでいると思います。ですが、利用が進むにつれ「チーム」が増えすぎて、自分がどのチームでどの共有をしているか分からなくなるなど、チームの乱立に関する悩みも多く聞かれます。
これでは、適切なチームにたどり着くのに手間がかかります。

せっかくサクサク情報共有しているのに、チームを探すのに、時間がかかってしまっては、非効率ですよね。

そこで今回ご紹介するのは、ルールに沿ってシステム的に自動仕分けを行うアプリケーション「SHIWAKE for Microsoft Teams」を用いて、チームを整理する方法です。

マンガ解説資料を無料でダウンロードする

1.チーム管理に関する共通の悩み

1-1.チームが増えすぎる

Teamsアプリのチーム一覧に「チーム」が増えすぎていませんか?

Teamsは、チーム内で投稿やファイルの共有・共同編集といった、メンバー同士での情報共有ができるので、昨今のテレワーク環境では特に欠かせないツールです。「チーム」は、組織を横断して作成することができるので、自分が関連しているプロジェクトが増えるほど参加する「チーム」が増えていきます。チームは自分が管理者になる場合や、他メンバーから招待されていつの間にか所属している場合もあり、気づいたらTeams画面には、「チーム」が乱立することもあります。

Shiwake_image01.png

1-2.管理に労力がかかる

乱立したチームをそのままにしておくと、利用者の非効率さばかりか、過去のプロジェクトムへ間違って共有をしてしまうなど、適切な場所で適切な共有が行われないといったミスが発生する恐れがあります。

それを正すには、古いチームを削除またはアーカイブして、整理するのが良いですが、毎回こまめに処理を行うにしても、手間がかかります。また、その処理を行える権限があるのはチームの「所有者」と、Teams管理者となり、両者の負荷もかさむところです。また、Teams管理者側からしたら、運用ルールも決める必要もあり、ルールを決めて、社内へ認知して、となっても、時間と労力が必要です。

1-3.長い間使われていないチームもある

長い期間使われていないチームは、既にプロジェクトが終わっているか、所有者が特に気にせずにそのままにされているか、等の理由で放置されていることも多く、それらの状況が分かればすぐ整理できるはずです。

2.チームの活動状況から、自動仕分けしてすっきり

2-1.活動状況を可視化

そんな、チームの状況から仕分けを行い、乱立するチームを整理できるのが「SHIWAKE for Microsoft Teams(以下:SHIWAKE)」です。

Shiwake_image02.png

SHIWAKEを使えば、組織内で作成されているすべてのチームが一覧で表示され、チーム毎の最終利用日がわかります。最終利用日とは、その日から投稿やファイルアップロード等、最後に活動がされた日にちを指します。
最終利用日以外にも、所有者のユーザー名やゲストユーザー数、アクティブファイル数なども分かり、チームの活用状況が把握できるわけです。

把握するだけではなく、最終利用日から必要・不要なチームを判断し、自動的にアーカイブして読み取り専用にしておくことや、削除まで行うよう設定することもできます。
自動処理の設定項目はチーム整理に必要な3種類。利用通知メール、アーカイブ処理、削除処理。この3つの処理を自動的に行うように、Teams管理者側で設定ができます。アーカイブや削除は、処理を実行する30日前に所有者に、確認のメール通知が配信されます。

shiwake_image03.png

2-2.アプリ側で自動設定

「〇日間、活動がなければアーカイブする」といった、ルールをSHIWAKEに設定しておけば、あとは人手をかけずにチームの整理ができます。
ルールを社内に浸透させるまでの時間も必要ありません。アプリケーション側で設定した処理が自動的に行われるので、断然的確です。

SHIWAKEアプリを使うには、ブラウザーかTeamsアプリを追加します。特に大掛かりな導入作業も必要ありません。IT管理者の工数をかけることなく、Teams利用の最適化ができるという訳です。

チームの乱立を防ぐことができれば、管理者も安心してTeams利用を推進することができますね。

3.まとめ

今回は「乱立するチームを整理する方法」について紹介しました。

・Teamsのチームを整理する場合には、SHIWAKEを使ってアプリ側で自動処理
・チームをアーカイブすれば、チーム一覧画面をすっきりできて使いやすくなる

ぜひ、SHIWAKEを使って、チーム整理に役立ててみてください。

SHIWAKE製品情報はこちら

~2022年7月29日まで無料モニター募集中~

SHIWAKEとは、「TeamFactory」というTeams管理に特化したアドオン製品群に含まれる機能です。

TeamFactory_color4.jpg

今回紹介したSHIWAKEを皮切りに、今後はチームの申請を自動化する「SHINSEI」や、「BUNSEKI」も提供を予定しています。

著者情報

株式会社ビービーシステム オンラインサービスコミュニティ担当
https://www.bbsystem.co.jp/

活用方法に関する記事

共有PCでMicrosoft 365 Appsを利用するための条件まとめ
OneDrive for Businessの間違った使い方
活用方法 OneDrive for Businessの間違った使い方
OneDrive for Businessの外部共有設定が、より分かりやすく便利に!
GDPR対応の助けになる便利機能とは?
活用方法 GDPR対応の助けになる便利機能とは?
OneDrive for Businessの容量って拡張できるの?
活用方法 OneDrive for Businessの容量って拡張できるの?
社内のファイルサーバーのファイルを一括でSharePointに移行する方法って?
方式別!Exchange Onlineへのメール移行方法
活用方法 方式別!Exchange Onlineへのメール移行方法
どこまで設定すれば安心?OneDrive for Businessの安全対策~どんな事ができる?どうやって設定する?~
OneDrive for Businessと同期するPCは制限できる?
活用方法 OneDrive for Businessと同期するPCは制限できる?
Office 365で事業継続計画(BCP)対策
活用方法 Office 365で事業継続計画(BCP)対策
初心者必見!Office 365のメール機能まとめ
活用方法 初心者必見!Office 365のメール機能まとめ
Teamsならオールインワン!Teamsの機能や強みをまとめてみました
今さら聞けないTeams の仮想背景の設定方法と、管理者側であらかじめ任意の画像を追加しておく方法(プレビュー版)
Teams のチーム作成と管理のお悩み、解決いたします!
便利な「グループ」機能の使い分け方法
活用方法 便利な「グループ」機能の使い分け方法
SharePoint Onlineのサイト、選択式で同期可能に!
活用方法 SharePoint Onlineのサイト、選択式で同期可能に!
知らないと損!?Exchange Onlineの4種類のアドレスを使いこなそう!
Officeの更新管理や提供バージョン管理画面がリリースされました!
新しい管理画面公開。ドメイン単位で外部共有制限!
添付文書が見える!編集できる!驚きのWebメール(OWA)
Excel Servicesとは?
活用方法 Excel Servicesとは?
Teams向けYOUTUBEアプリ連携で動画コンテンツをスムーズに共有する方法
Power AppsとPower Automateって何?どんな事ができる?プラン・価格まで一挙解説
もう パスワード付きzip はやめよう!OneDrive for Businessでスマートなファイル共有
Teamsユーザー
Teamsの新機能「ウェビナー」って何?ライブイベントとの比較や使ってみた感想
コロナウイルスの蔓延で在宅勤務への対応が迫られる...!?対策はOffice 365で。
Office 365で多要素認証(MFA)ってできる?
活用方法 Office 365で多要素認証(MFA)ってできる?
OneDrive for Business にバックアップはできる?
活用方法 OneDrive for Business にバックアップはできる?
勉強会やセミナーのアンケートにも!Formsのススメ
「見せたいけどダウンロードはさせたくない」資料の共有方法
Teams(ライブイベント)でウェビナーを開催する手順・方法
Exchange Online / Outlookを利用しないでTeamsの会議予定を作成する方法
ウェビナーが開催できるTeamsの「ライブイベント」とは?
今からTeams使い始めるには? Office 365の利用状況に応じたTeams利用開始の方法
Teamsに「既読」機能が追加!どんな機能かご紹介します
在宅推奨や訪問禁止でお客さまと会えないなら、オンラインで営業訪問しよう!
Office 365のライセンスは複数ユーザーで使い回すことができない?真相を解説
メール添付はもう古い!もっとスマートなファイル共有方法
人工知能で、一歩進んだワークスタイル変革!?
「パスワード付きリンク」でもっと安全・便利にファイル共有
iPad ProでOfficeアプリが使えない?
活用方法 iPad ProでOfficeアプリが使えない?
Teamsは無料の
活用方法 Teamsは無料の"Skype"と接続できる?

あなたにおすすめの資料

Microsoft 365相談センターでは、 Microsoft 365 により詳しくなれるお役立ち資料をご提供しています。

あなたにおすすめの資料

Microsoft 365相談センターでは、 Microsoft 365 により詳しくなれるお役立ち資料をご提供しています。

製品についてのお問い合わせ

導入検討にあたって
情報収集中の方へ

Microsoft 365導入にあたって情報収集中の方に嬉しいホワイトペーパーをご提供しています。

導入でお困りの方へ

Microsoft 365導入にあたって不明点などございましたら、Microsoft 365相談センターへ。Microsoft 365に精通したスタッフが皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

購入をご検討の方へ

Microsoft 365の購入はweb、または日頃お取引のある販売店からもご購入いただけます。

Microsoft 365の
プラン構成がわかる
資料はこちら
資料をダウンロードする