Office 365相談センターブログ

ソフトバンク コマース&サービスがおすすめする Office365

Exchange Online

不審なスマホはブロックします!!検疫(隔離)機能

  • 2013年12月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
不審なスマホはブロックします!!検疫(隔離)機能

Office 365は、スマホやタブレットと連携することで、移動中でも気軽にメールや予定表が確認できて重宝しますね。

最近流行りのBYOD!私物のスマホ・タブレットを仕事で利用していいよ!なんて会社さんも増えましたね♪ 会社で支給されるPCなら安全対策もバッチリ!でしょうけど、、さすがに私物のスマホ・タブレットへの対策は面倒ですよねぇ...

Office 365はスマホ・タブレットから連携すると...いろいろなパターンでブロック(検疫)したり、アクセスを許可したりできるんです! たとえば... その1:会社のOffice 365と連携しようとするスマホ・タブレットを全部ブロック! その2:退職した人など、特定のユーザーに接続するスマホ・タブレットをブロック! その3:たとえば会社支給のiPad2(特定の端末)のみ...、接続を許可! その4:スマホ・タブレットでOffice 365に接続しようとすると...、一度管理者が確認(検疫)!!⇒接続の許可、またはブロック!

これなら管理者の方も、安心してスマホ・タブレットの接続を管理できますね♪

◆『簡単!!アクセス権はグループで仕分けしちゃいます!』

SharePoint Onlineのファイル共有は、初期状態でユーザー全員が全ての情報が閲覧可能になってます。 ...実務では、他の部署にみせたくないフォルダーや秘密のファイルもありますよね。

そんな時はSharePoint Onlineのユーザーのアクセス権を設定することで、お悩みを解決できますー!! でも、1人1人アクセス権を設定するのは面倒ですよね、まとめてちゃちゃっと設定しちゃいたいですよね。

そんな時は!『アクセスグループ』を使ってください☆ 『アクセスグループ』とは、その名の通り!アクセスできるユーザーと操作権限をまとめて(クループ化)設定しちゃう機能!

例えば・・・部署ごとに専用のファイル共有用フォルダ(ライブラリ)を作りたい! 部署ごとのアクセスグループを作成して、ユーザーを登録しておきます♪ 部署ごとに専用のライブラリを作成!アクセス権を各部署のアクセスグループに設定―☆ってな具合で、ちゃちゃっと完了です。

こんな風に、アクセスグループを予め作成しておくと、アクセス権の設定もとても簡単にできます。

◆『そろそろウチでも、メール監査始める!?』

日々のコミュニケーションはもちろん、会社間の重要な情報などのやりとりもされるようになったメール! そんな大事なメール!、なんとか管理者側で全て保管する方法は無いか?とお考えの方も多いですよね。

メールを保管する方法には、メールアーカイブがありますが、上位のプランを契約しないといけませんよね。 そこでオススメなのが、『ジャーナルレポート』です!!

ジャーナルレポートは、Office 365(Exchange Online)で送受信しているメールの全てを自動で、社外の宛先に自動で転送する仕組みです。 ジャーナルレポートは、メールそのものを外部に保管することで企業のメール送受信記録として監査ができます。

この機能を使えば、いざ!という時も簡単に該当のメールを探し出すこともできますね。

*ジャーナルレポートが外部に送信されのは、情報の隠ぺい、改ざんを予防するためなんですよ! ちなみに、Small Businessプランでは使えない機能です...

Office 365相談センターでは、法人のお客さま向けにOffice 365の最新情報をご提供しています。
法人でのOffice 365導入やご利用についての質問は、Office 365相談センターまでお気軽にご相談下さい。
――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
Office 365相談センター
03-6858-6466 office365@licensecounter.jp
平日 10-12時 13-17時(土日祝除く)


Office 365相談センター

Office 365相談センター アドオンソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらの記事は掲載時の情報となり、今後変更となる可能性がございます。

Office 365相談センターへお問い合わせ
このページのトップへ
このページのトップへ
Office 365相談センターへお問い合わせ