Microsoft 365 Apps

共有PCでMicrosoft 365 Appsを利用するための条件まとめ

  • 2020年10月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
共有PCでMicrosoft 365 Appsを利用するための条件まとめ

Office 365伝道師 五味ちゃん こんにちは、Office 365相談センターの五味です。

突然ですが、契約書の解釈って難しいですよね。
Office 365/Microsoft 365の提供条件書である『オンラインサービス条件』というものがありますが、その中の"共有PC"の解釈もなかなか難しいものです。昔からOffice 365/Microsoft 365の共有PCでの利用については、Office 365/Microsoft 365相談センターによくある問い合わせの一つなのもそのせいでしょう。しかも、最近では共有PCでの利用についてライセンスの規約がどんどん厳しくなってきているので、販売する側も、購入する側も「本当はどっちなんだ?」と頭を抱えてしまいがちです。

過去に何度も取り上げてきてはいますが、あらためてこの記事では、【 共有PCでMicrosoft 365 Appsを利用するための条件 】 について取り上げます。

Microsoft 365 Apps の利用条件2つ

(おさらい)Microsoft 365 Apps とは?

Microsoft 365 Apps とは、2020年4月のOffice 365一部プロダクトの名称変更・ブランド統合で名称が変更になったことでもお馴染み(まだ「お馴染み」というほどでもないでしょうか...?)の旧・Office 365 Business/ProPlusですね。つまり、Office 365・Microsoft 365に含まれる、WordやExcel, Powerpoint といったOfficeアプリケーション(のプラン)のことです。

テレワークの際に必要となるWord, Excel, PowerPointなどのOffie アプリケーションに加えて、1ユーザーあたり1TBものクラウドストレージ(OneDrive for Business)も付帯している他、1ユーザーMac/Windows OSのPC5台までインストールできるなど、従来のOfficeと比べてより使いやすく進化した Office アプリケーションのパッケージプランですね。

プランについては、Microsoft 365 相談センターのプランページでも詳しくご紹介していますので、併せてご確認くださいね。

Microsoft 365 Apps の利用条件の前に:前提条件を理解しましょう

Microsoft 365(Office 365も)は、基本的には「ユーザーサブスクリプション」です。Microsoft 365 Apps を利用する前提条件として共有PCを利用する全ユーザー分のライセンス契約が必要であるということを、必ず覚えておきましょう!

以前投稿した『Microsoft 365 Apps for enterpriseにデバイスライセンスが出る!?その真相』の記事で、500名以上でご契約できるEA(Enterprise Agreement)というプログラムを通して販売するMicrosoft 365 Apps for enterpriseはデバイスライセンスがリリースされる、というお話をしましたが、それ以外のOPENやCSPといったプログラムで販売されるMicrosoft 365・Office 365ではデバイスライセンスの提供はありません

Microsoft 365 Apps の利用条件2つ

前提条件を理解したところで、2つの利用条件を見てみましょう。Microsoft 365 Appsを利用するための条件は、下記2つです。

  1. 対象のライセンスプランを共有PCを利用する全ユーザー分購入する
  2. 「共有コンピューターライセンス認証設定」を有効化する
対象のライセンスプランを共有PCを利用する全ユーザー分購入する

対象のライセンスプランは、Microsoft 365 Apps for enterpriseを含むプラン か、Microsoft 365 Business Premiumで契約したMicrosoft 365 Apps for business です。

注意が必要なのは、ライセンスの利用規約が厳しくなり、Microsoft 365 Apps for business単体のご契約では、共有PCで利用できないということです。

【抜粋】Microsoftオンライン条件:Microsoft 365 Apps for business/Microsoft 365 Apps for enterprise インストールおよび使用権

  • ローカルまたはリモート使用するために、SL で提供されるソフトウェアを最大 5 つの OSE で同時にアクティベーションすることができます。
  • 共有デバイス上、ネットワーク サーバー上、または Microsoft Azure 上の、あるいは対象となるマルチテナント ホスティング パートナー (「QMTH」) との共有サーバー上にソフトウェアをインストールし、共有コンピューター ライセンス認証によって使用することもできます。
  • 共有コンピューター ライセンス認証に関する条項は、Microsoft 365 Business Premium のコンポーネントとしてライセンスされている Microsoft 365 Apps for business のライセンスを取得したお客様にのみ適用されます。
「共有コンピューターライセンス認証設定」を有効化する

共有PCで利用できるライセンスを全ユーザー分契約いただいた上で、さらに「共有コンピューターライセンス認証設定」を有効化する必要があります。以前から「共有モード」と呼んでいたあの設定のことですね。

ちなみに、Microsoft社に「前提条件と条件1を満たした上で、この条件2の設定だけせずに共有PCを利用したら、ライセンス違反となるのか」と伺ったところ、共有PCでのこの設定は必須で、設定されていない場合ライセンス違反となるとのことでした。共有PCで利用する場合は、必ずこの設定を忘れないようにご注意ください。

なお、共有コンピューターライセンス認証設定に関する詳細は下記をご参照ください。

Microsoft 365 Apps の価格・プラン

Officeアプリケーション(Apps)のみ利用したい企業向け

Word, Excel, PowerPointといった、Office アプリケーションのみをご利用されたい場合、2つのプランが提供されています。

  • Microsoft 365 Apps for business   900円
  • Microsoft 365 Apps for enterprise 1,300円

但し前述の通り、Microsoft 365 Apps for business単体のご契約の場合は、共有PCで利用ができないということをお忘れなく。「Officeのみ欲しいけど、共有PCでも使いたい」という場合は、Apps for enterprise をご購入いただくか、あるいはMicrosoft 365 Apps for businessを全ユーザー分ご契約いただいて、更に共有PCの端末台数分Microsoft 365 Apps for business追加で契約いただくか、という対応になります。(後者の場合は、ライセンスを実際のユーザー数分より多く購入しているからか、ライセンス違反にならないそうです。)

これを機にアップグレードもいかがですか?テレワークに必要なグループウェアも含まれるプラン

日頃の業務では、Officeアプリケーション以外にも様々なソフトウェア、サービスをご利用されていますよね。Office 365・Microsoft 365では、Officeに加えてグループウェアアプリケーションも付帯したパッケージプランも提供されています。特に、新型コロナウイルスの影響でテレワークが広まった今急速に需要が伸びているコミュニケーションツールの「Teams」も含まれているので、これを機にテレワークに必要な環境を一式Microsoft製品で整えてみるのも良いかもしれません!

  • Microsoft 365 Business Standard 1,360円(Office+グループウェア)
  • Microsoft 365 Business Premium  2,170円(Office+グループウェア+Windows OS+セキュリティ)
  • Office 365 E3           2,170円(Office+グループウェア)
  • Office 365 E5           3,180円(Office+グループウェア)
  • Microsoft 365 E3          3,480円(Office+グループウェア+Windows OS+セキュリティ)
  • Microsoft 365 E5          6,200円(Office+グループウェア+Windows OS+セキュリティ)

※一気にプランとその価格についてご紹介しましたが、「そもそもOffice 365とMicrosoft 365の違いって何?」という方は、Microsoft 365 相談センターでその違いをご説明していますので、ぜひご参照くださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、【 共有PCでMicrosoft 365 Appsを利用するための条件 】 について、紹介いたしました。

m365apps-sharedpc-terms2020oct(1)-min.png

五味ちゃんのワインポイントまとめ | Office 365相談センター今回の五味ちゃんワンポイントまとめ

  • 前提条件:共有PCを利用する全ユーザー分のライセンス契約が必要である
  • 条件1:対象のライセンスプランを共有PCを利用する全ユーザー分購入する
    対象のライセンスプランは、、Microsoft 365 Apps for enterpriseを含むプラン か、Microsoft 365 Business Premiumで契約したMicrosoft 365 Apps for businessMicrosoft 365 Apps for business単体のご契約では、共有PCで利用できないので注意しましょう。
  • 条件2:「共有コンピューターライセンス認証設定」を有効化する
    これを有効化しないと、ライセンス違反になってしまうので注意しましょう。

この他法人でのOffice 365導入時(導入前)のご相談は、Office 365相談センターまでお気軽にお問い合わせください。
※導入後のお問い合わせは、販売店さま、もしくは購入後の問い合わせ窓口までお願いいたします。
Office 365の専任スタッフが皆さまからのお問い合わせやご相談に丁寧に回答いたします。

それではまた、次回のブログでお会いいたしましょう!

Office 365相談センターでは、法人のお客さま向けにOffice 365の最新情報をご提供しています。
法人でのOffice 365導入やご利用についての質問は、Office 365相談センターまでお気軽にご相談下さい。
――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
Office 365相談センター お問い合わせフォーム


Office 365相談センター アドオンソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらの記事は掲載時の情報となり、今後変更となる可能性がございます。

Office 365相談センターへお問い合わせ
このページのトップへ
このページのトップへ
Office 365相談センターへお問い合わせ

  1. Office 365相談センター
  2. ブログ
  3. Microsoft 365 Apps
  4. 共有PCでMicrosoft 365 Appsを利用するための条件まとめ