SB C&Sの最新技術情報 発信サイト

C&S ENGINEER VOICE

基礎から学ぶ!vSphere検証環境構築

仮想化
2021.12.24
こんにちは。SB C&Sの湯村と申します。
この度、弊社の仮想化プリセールスエンジニアチームでは、「基礎から学ぶ!vSphere検証環境構築」と題して、ブログの連載を開始しました。初心者の方々にもわかりやすくvSphere 7.0 構築手順をご紹介し、読者の皆様に、vSphere 7.0 の検証環境をご自身で構築できるようになっていただくことを目標としています。以下の順で掲載していきますので、一緒に仮想環境を構築していきましょう!

1.「基礎から学ぶ!vSphere検証環境構築」シリーズ掲載記事

第1回 ESXiのインストール(2021/12/24 公開)

vSphere環境の基盤となるハイパーバイザー ソフトウェアである ESXiを、サーバーにインストールします。

第2回 vCenter Server Applianceのデプロイ(2021/12/24 公開)

仮想アプライアンスのvCenter Server ApplianceESXi上にデプロイし、全てのESXiホストを一元管理できるようにします。

第3回 データストアの設定(2021/12/24 公開)

仮想マシン構成ファイルの格納先として、共有ストレージ(iSCSIストレージ)をESXiホストにマウントします。共有ストレージを構築することで、HADRS等での高可用性を実現できるようになります。

第4回 ネットワークの設定(標準仮想スイッチ)(2022/2/14 公開)

ESXiホストの標準仮想スイッチで、仮想化基盤の管理や仮想マシンの通信で使用するネットワークを設定します。

第5回 ネットワークの設定(分散仮想スイッチ)(2022/2/14 公開)

分散仮想スイッチを作成し、標準仮想スイッチからネットワーク設定を移行します。分散仮想スイッチを使用することで、複数台のESXiホストに対して、一括でネットワーク設定を変更できるようにします。

第6回 仮想マシンのプロビジョニング(2022/2/14 公開)

ESXiホスト上に仮想マシンを作成し、Windows Server 2019のゲストOSをインストールします。そしてゲストOSには、動作を最適化するVMware Toolsをインストールします。

第7回 クラスターの構築(2022/2/14 公開)

vSphereによる仮想化基盤では、可用性担保やリソースプール作成のためにクラスターを構築します。vSphere環境の可用性を実現するvSphere HAHigh Availability)、vSphere環境のリソース管理を自動化するvSphere DRSDistributed Resource Scheduler)の動作を確認しましょう。

2.全体像(完成図)

本番環境の仮想化基盤になると、ESXiホストを数十台から数百台構築することも多くありますが、今回の検証環境では、基本的な機能を検証できるような構成でESXiホスト3台のクラスターを構築します。

今回構築するvSphere検証環境は、以下のコンポーネントで構成されます。

  • ESXi
  • vCenter Server
  • vSphere Client
  • データストア(共有ストレージ)
  • 仮想ネットワーク(標準仮想スイッチ・分散仮想スイッチ)
  • 仮想マシン
  • クラスター

以下の図は、今回構築するvSphere検証環境の全体図です。緑色の枠で囲まれた箇所が構築範囲となります。なお、DNSサーバー、NTPサーバー、そして共有ストレージは、あらかじめ構築したものを利用していますので、構築手順には含まれていません。各記事で詳しい説明をしながらすすめ、上記のコンポーネントを全て網羅した構成にします。一緒にひとつずつ構築していきましょう。

スライド0.PNG

3.まとめ

今回は、まず「基礎から学ぶ!vSphere検証環境構築」シリーズの概要をお話してきました。ただ機械的に構築するだけでなく、vSphereをいちから学ぶ方々が基礎から学習できるような記事にしていきたいと思いますので、今後の連載にご期待ください!また、vSphere検証環境構築シリーズの後には、VMware HorizonVMware vSANVMware NSX-Tなどの製品にも構築範囲を広げて連載していく予定ですので、是非楽しみにしていてください。

他のおすすめ記事はこちら

著者紹介

SB C&S株式会社
ICT事業本部 ICT事業戦略・技術本部 技術統括部 第1技術部 1課

湯村 成一 - Seiichi Yumura -