製品情報
画像

120px_gomichan-maru2.pngこんにちは、Office 365相談センターの五味です。

Office 2007のサポートが切れて早5ヶ月となりましたが、依然としてサポート切れのOfficeをご利用されているユーザーも多くいるようだ、という話を伺いました。
実際、2017年年末にトレンドマイクロが発表した調査によれば、2017年10月に延長サポートが終了したOffice 2007の国内稼働数は、30万台超だったとのこと。
出荷台数を考えれば、十数人に一人はサポートが切れた状態でOfficeを利用し続けているんですね...。

くっ...私の力が足りないばかりに...!!!
サポート切れのOfficeを使い続ける人がまだこんなにいるなんて...!

...と思ってしまうわけですが、サポート切れの古いOffice、やはり新しいものに切り替えていかないと、そろそろヤバそうなのです。
「Office 365伝道師五味ちゃん」的にも、この状況は見過ごせません。
そこでこの記事では、Office 2007の移行、そしてその必要性について今一度ご紹介したいと思います。

古いソフトを更新しないで使うということ

サポートが終了した古いソフトウェアを使い続けることって、どういうことでしょうか?
実はこの辺について、案外理解されてない方も多いんじゃないかな、と思っています。
サポート切れたって使えちゃいますしね、実際。

しかし、そうも行かなくなってきているようだな、と思わせるニュースが...。

それは、ある日突然に。旧Officeとの互換用機能が消える

2018年1月15日、日本マイクロソフトのOffice サポートチームが、公式ブログでこんな記事(「数式エディタ3.0の機能削除について」)を発表しました。

「数式エディタ」とは、Office 2007より古いバージョンで作成されたドキュメントを編集しなければならない場合のために搭載されていた、旧製品との互換用機能のこと。
2017年末には、この数式エディタの脆弱性をつくマルウェアが蔓延(しかも、その攻撃は日本に集中していた...)したことや、そもそもこの機能自体、サードパーティ製のコンポーネントでマイクロソフトによる修正が難しかったことなどから、1月にあったアップデートで数式エディタ自体、削除されてしまったのです。

そもそも最新のOfficeには数式エディタの代用になる数式編集機能が搭載されていますし、新しいOfficeを使っているユーザーへの影響はほぼなかったのですが、「突然数式エディタが使えなくなった!」「数式エディタがなくなって数式の編集ができない...!」とTwitterなどのSNSでは実はちょっとした話題になっていました。

しかし、どんなに騒ぎ立てたところで、サポートは終了しているわけですから、何の文句も言える立場にありません。
サポート終了しているものを使い続けるというのは、それだけの覚悟があってはじめて出来るもの。
今後も、この数式エディタのように、互換性維持のためだけに搭載されている機能が、ある日突然消えてしまう可能性があります。

  • 数式エディタが削除される条件:2018年1月9日(米国時間)配布のセキュリティ更新プログラムを適用した場合
  • 対象のバージョン:Office 2007、Office 2010、Office 2013、Office 2016
  • 削除されたけど、どうにかして使いたい場合:MathTypeの試用版をインストールすると、古い数式の編集が可能

オマエはもう終了している...

実のところ、Office のソフトウェアというのは3年毎に新バージョンがリリースされ、そのサポート終了までのサイクルは案外短いものです。
基本的にメインストリームのサポートが2年、あとは延長サポートに切り替わり、合計10年間のサポートが提供されます。今一度、お使いのOfficeのサポート終了期限を確認してみてくださいね。

【各Officeのサポート終了年一覧】

  • Office 2003:2014年 9月 XPとともにサポート終了
  • Office 2007:2017年 10月10日 Vistaとともにサポート終了
  • Office 2010:2020年 10月13日 7とともにサポート終了予定
  • Office 2013:2023年 4月11日
  • Office 2016:2025年 10月14日
  • Office 2019:もうすぐリリース予定!

何があっても、自己責任。たとえ、ランサムウェアにかかっても...

先述したように、2017年末には、数式エディタの脆弱性をつくマルウェアが蔓延したりなど、サポート切れのOfficeの脆弱性をつく攻撃は、被害の当事者にならないと見えてこないだけで、実は結構出てきているのです。

少し前にランサムウェアなんていうのも流行りましたが、覚えていますか?
もしサポートが切れたOffice 2007に新たな脆弱性が見つかり、それを元に攻撃者がランサムウェアを開発してしまったら?
取引情報など自社だけでなく他社とのビジネスデータまでも吸い取られ、「返してほしくば大金を用意しろ!」と迫ってくる相手に対して、マイクロソフトに直してくれ、責任取ってくれ、なんて言えません。
なぜなら、そのOfficeはサポートが切れているんです。
マイクロソフトからは再三、アップデートしてね、とアラートを受け取っているにも関わらず、です。
しかも、情報漏えいした企業への他社からの信頼は失墜すること間違いなしですから、もうどうしようもなくなってしまいます。

★Officeのサポート終了についてもっと詳しく知るなら★
ソフトバンクC&SがおすすめするOffice 2007サポート終了対策 ホワイトペーパーでご紹介!
ダウンロードお申込みはこちら>>

<今こそ!Office 365へ!>移行のススメ

「そんなに言うなら、移行を検討しようかな...」というあなたにオススメしたいのが、Office 365です。

Office 365とは?

Office 365とは、Word, Excel, PowerPointなどの最新版のOfficeに、グループウェア機能のメール/スケジュール、ファイル共有、web会議などのサービスの総称です。

what-is-office365.jpg

※この漫画の続きは、こちらのページにありますよ
使いたいサービスだけ選んでお使いいただくことも出来ますし、オトクなパッケージプランもご用意しています。

Office 2007の移行先に、Office 365をおすすめする理由

もちろん、今までどおり、パッケージで販売されているOffice 2016、という選択肢もありますが、Office 365なら...

  • Officeのバージョンアップが簡単に済ませられる
  • 1ユーザーあたりPC(Mac含む)5台、タブレット5台、スマートフォン5台までOfficeをインストールできる
  • 在宅勤務やテレワークに必要な、web会議機能や在籍確認、ファイル共有機能もOffice 365一つでOK
  • webブラウザの管理画面で全員分のライセンスを管理できるから、管理の手間が軽減できる

Office 365の魅力ってこれだけではないのですが、あまりスペースがないのでこのくらいにとどめておきますね。
ホワイトペーパーでも、移行先としてOffice 365をご検討するときのメリットについてご案内していますので、気になるアナタはぜひチェック!

まとめ(Office 2007移行対策資料もあるよ!)

いかがでしたか?
この記事ではOffice 2007など、サポートが切れたOfficeを使い続けるデメリットと、Office 365について簡単にご紹介しました。
サポートが切れたOfficeは、数式エディタの他にも、今後使えなくなってくる機能が出てくると予想されます。また、セキュリティの観点からも、メーカーのサポートが切れたソフトウェアを使い続けるのは大変危険です。ぜひ、便利なOffice 365へお乗り換えをご検討ください。

Office 365相談センターでは、Office 2007のサポート終了対策についてのホワイトペーパーも無料でご提供していますよ。
「実はまだうち、Office 2007使ってるんだよね...」「でもちょっと互換性が心配...」なんて思っているそこのアナタにおすすめです。

★Office 2007サポート終了対策についてもっと知るなら...★
ソフトバンクC&SがおすすめするOffice 2007サポート終了対策 ホワイトペーパーでご紹介!
この記事で紹介した内容がまとめて詳しく書かれていますので、ぜひご確認ください。
ダウンロードお申込みはこちら>>

製品情報に関する記事

Teams Exploratory の有効期限が来たらどうすれば良い?対応方法とおすすめプラン、注意事項まで解説
Remote Work Starter プランとは?付帯する機能や出来ること・出来ないことまとめ
共有PCでMicrosoft 365 Apps(Office)を利用するための条件をまとめてみた
これであなたも敏腕プランナー?Office 365 Plannerとは
気になるTeamsのライセンス体系を解説!
製品情報 気になるTeamsのライセンス体系を解説!
Exchange Onlineなら大丈夫!コンプライアンス時代の最強メール機能!
Office 365・Microsoft 365のプランと価格ラインナップをご紹介します
標的型メール対策なら Microsoft Defender for Office 365 におまかせ!機能からプラン・価格まで
Microsoft 365・Office 365の「Fプラン」はフロントライン・ワーカー限定?契約時・利用時の注意事項まで解説
【重要】Office 365・Microsoft 365のプラン名称が変更となります(4月21日~)
Office 2019とOffice 365のOffice、同じになった機能・異なる機能比較
これを読めばわかる!Office 365 一部プラン名称変更のまとめ
Power BIって何?無料で使える?無料版と有償版の違いや注意点
Microsoft CSP:永続型ライセンス(Software on CSP) とは?メリデメ、対象製品などまとめてみた
デバイス管理とモバイルアプリケーション管理を簡単に行えるIntuneってどんなサービス?詳しく解説!
無料で使えるOffice 365がある!?その真相とは
製品情報 無料で使えるOffice 365がある!?その真相とは
Office 365、単品で提供されているプランはどんなものがある?
マイクロソフトのライセンスプログラムの違いは?~CSP/OPEN/MOSP の比較~
働き方改革にも役立つ?Teamsについて教えます!
さようなら、Skype for Business...!?どうなる、Office 365のweb会議機能
メールサービスはやっぱり安全&便利なExchange Online!
GIGAスクール構想のライセンス「GIGA Promo」の特徴と機能
Office 365のメール「Exchange Online」のプランの違いは?
AzureとOffice 365の違いを解説!
製品情報 AzureとOffice 365の違いを解説!
これでスッキリ? Office 365 各サービスの容量まとめ
教育機関向けのMicrosoft 365・Office 365にはどんなプランがある?
Azure AD Premiumってなに?
製品情報 Azure AD Premiumってなに?
メールのトラブルにお困りですか?迷ったら王道のExchange Onlineへ!
Office 365のOfficeの次期バージョンは「Office 2019」...じゃない?
OfficeをインストールしたらTeamsがついてきた!?これって使えるの?
今さら聞けない「基本のキ」!Microsoft 365 Apps で出来ること・出来ないことと、for business, enterprise の違い
ライバルに差が付く!Office 365純正オプション対応状況のまとめ!!
もしも・・・の備え!Exchange Onlineのメール暗号化
Office 365のSharePoint Onlineとは?
製品情報 Office 365のSharePoint Onlineとは?
利用者必見の鉄板オプション!
お悩み別!あなたにピッタリのOffice 365はどれ...?
Exchange Online Plan2のメールボックス容量変更!(100GBへ)
新しい法人向け永続版Office「Office LTSC」って何?

製品についてのお問い合わせ

導入検討にあたって
情報収集中の方へ

Microsoft 365導入にあたって情報収集中の方に嬉しいホワイトペーパーをご提供しています。

導入でお困りの方へ

Microsoft 365導入にあたって不明点などございましたら、Microsoft 365相談センターへ。Microsoft 365に精通したスタッフが皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

購入をご検討の方へ

Microsoft 365の購入はweb、または日頃お取引のある販売店からもご購入いただけます。

Microsoft 365の
プラン構成がわかる
資料はこちら
資料をダウンロードする