製品情報
画像

120px-gomichan-maru1.pngこんにちは、Office 365相談センターの五味です。

このOffice 365相談センターブログでは、開設以来様々なOffice 365の関連記事をアップしてまいりましたが、最近は特に機能についてピックアップした記事も多く、先日も「『こんな悩みがあったら、Office 365のコレがおすすめだよ』みたいな内容の記事とか読んでみたいですけど、ないですよね。(ていうか、ちょっと玄人向けすぎでは?)」と指摘されました。

不 覚 ・・・ !

そんなつもりはなかったんですけどね。
・・・いえ、正しくはちょっと思ってました。
もっと皆さんにOffice 365をビジネスで利用していただくために、その魅力についてお伝えしたい!と考えてしまうと、ついつい「こんな事もできますよ!」という機能的な話が多くなってしまうのです。
というわけで今回は、悩み別に、五味ちゃん的Office 365おすすめプランを紹介します!

お悩み別!あなたにピッタリのOffice 365はどれ...?

例えば、最近のビジネスでよくあるお悩みと言えば、こんなものが挙げられますでしょうか?

  1. Officeの買い替えを検討しているけど、Office 365ってどうなの?
  2. お金をかけずにマルウェアやスパム対策がしたい
  3. 働くパパ・ママ向けに、テレワーク環境を整えたい
  4. 働き方改革といっても、何から始めたら良いのか分からない
  5. 大雪や大雨の日に無理やり出社する意味が感じられない...
  6. 海外企業みたいな、イケてるシェアオフィスで仕事したい

では、それぞれのお悩みに、どんなOffice 365の機能やプランがマッチするのか、またその価格をご紹介していきましょう。
Office 365伝道師こと五味ちゃんが書いている記事なので、お察しの通りオススメは大体全部Office 365に繋がるのですが、しかしそもそも、Office 365とはそういう製品なのですよ!!

Officeの買い替えを検討しているけど、Office 365ってどうなの?

前回Officeを購入されたのは、何年前ですか?
例えば今Office 2010をお使いの方なら、もう8年前ということになるのですが、8年前なんて満足にクラウドストレージもなかったですし、1人が2台も3台もパソコンやスマホを駆使するような時代でもなかったですよね。
ビジネスを取り巻く環境、ことITの分野においては、1-2年で驚くほど変わってしまいます。

Office 365のOfficeは、1TBのクラウドストレージ付き。
しかも、1ユーザーあたり5台のMac含むPC, スマホ, タブレットにインストールできます。
常に最新版を使えるのでサポート切れの心配がなく、セキュリティ面でも安心なのも嬉しいですね。

こちらも併せてお読みください:Officeの買い替え...Office 365の方がお得になる?7つのチェックポイント

1ユーザーあたりパソコン3台以上でOfficeを使う方や、ドキュメントを保存して社外からでも閲覧・編集したいなら、Office 365を選ぶのが賢い選択

お金をかけずにマルウェアやスパム対策がしたい

昨今、マルウェアによる情報漏えい事件が頻発してきていますよね。
かといって、なかなかそのために費用を捻出しようと思っても、まだ起きていない事象に対する投資は社内の稟議も通りにくいというもの。

Office 365のメール(Exchange Online)なら、マルウェアやスパム対策は標準搭載です。

Office 365のメールは、標準機能でスパム対策ができますよ。

働くパパ・ママ向けに、テレワーク環境を整えたい

働くパパ、ママが子育てをしながら仕事がしやすい環境を作るのは、これからの企業の命題ですよね。
育休の整備も大事ですが、在宅勤務や時短勤務など、子供の成長と社員のライフバランスにフレキシブルに対応するには、テレワーク環境は整えておきたいところ。
Office 365には、テレワークに最適な「Skype for Business」という在籍状況の簡易確認やweb会議が出来るサービスがあります。

しかし、「テレワーク」というのはwebで会議ができるだけでは不足です。
場所や時間、デバイスにとらわれず、メールができることは勿論、社内で共有されたファイルにアクセスしたいですし、そのファイルを共同編集できるのも必要ですよね。
その他にも例えば、PCが手元になくてもスマホから、フォルダに保存しておいたファイルを社外に送る、メールを送ったり電話をかけるまでもないけど、ちょっとした用事でチームメンバーに声をかけたい...なんてことも、出来たら嬉しいですね。
Office 365のグループウェアのパッケージプランなら、こういったテレワークにふさわしい機能を提供しています。

オススメなのは、Skpe for Business Plan2・・・が入ったグループウェアパッケージ

働き方改革といっても、何から始めたら良いのか分からない

一口に「働き方改革」といっても、何も進まないですよね。
まずは、時間・場所・端末に縛られることなく仕事ができる環境の構築から始めてみてはどうでしょう?

Office 365のグループウェアのパッケージプランを使えば、メールを送るのも、会議をするのも、ドキュメントをやり取りするのも、時間、場所、端末の縛りはありません。
また、社員の働く場所がばらばらになってしまうと、今まで以上に密な社員間のコミュニケーションが必要となりますよね。
Office 365にはOffice 365 Teamsという、チーム間のコミュニケーションを活性化させるサービスも備えています。

まずは、いつ・どこからでも仕事ができる環境づくりから始めましょう。
スマホからメールは見れますか?ドキュメントはいつでも共有でき、また会議は遠隔でいつでもできますか?チーム内のコミュニケーション方法は万全ですか?

大雪や大雨の日に無理やり出社する意味が感じられない...

ずばり、出社しなくても仕事ができる環境を導入すれば良いのです。
そのためには、まずOffice 365の全部入りパッケージで、職場で仕事をするのと同じ環境をどこにいても再現しましょう。

Office 365の全部入りパッケージは、メール・ファイル共有・web会議といったグループウェア機能に加え、Officeのライセンスも付いています。
このOfficeのライセンスは、自宅で仕事をしたいけど会社のPCは持ち出せない場合に、自宅のPCにもOfficeを配布できる利用権が含まれています。

まるっと環境を揃えるなら、全部入りパッケージがおすすめですよ。

海外企業みたいな、イケてるシェアオフィスで仕事したい

以前はフリーランスや個人事業主向けのイメージがあったシェアオフィスやコワーキングスペースも、最近では法人で契約をする企業も増えてきましたね。
営業さんが外回りの空いた時間に立ち寄るオフィスとして使ったり、職場が遠い社員にはそこに出勤してもらうことで通勤時間の短縮になったり。
特に「wework」では、契約するだけで国内外の「wework」全拠点に出入りできるようになるので、出張したときのオフィス替わりとしても使えます。

しかし、こうしたシェアオフィス、コワーキングスペースで働くということは、本来のオフィスの外で仕事をするということと同義ですから、まずはどこにいても仕事ができる環境作りから始めましょう!
持ち歩くパソコンにOfficeが入っているなら、グループウェアのプラン。
Officeが入っていないなら、全部入りのパッケージプランを契約すれば、会社のPCのほか、持ち運び用のPCや私用のPCなど5台までOfficeをインストールして使えます。

イケてるシェアオフィスで仕事をする前に、まずはどこにいても良い環境作りから!
Office 365のグループウェアプランで、時間と場所に縛られない業務を。

概算のお見積りが知りたいアナタは...

どんなOffice 365のプランが自分には必要か、見つかりましたか?
そうとなれば、次はどのくらいかかるか、が気になるところですよね。
Office 365相談センターでは概算のお見積りがわかる、「料金シミュレーター」をご用意しています!
ぜひこちらの料金シミュレーターで、自社に必要なプランの費用の概算をお調べください。

img-simulator.jpg

まとめ

いかがでしたでしょうか?
「もしかして...Office 365って、いろいろな悩みに対応できるグレートなソリューションなのでは...!?」という気がしてきませんか?
Office 365が気になった方は、ぜひこちらの資料も、ダウンロードしてみてくださいね♪
Office 365相談センターのOffice 365伝道師こと五味ちゃんが、Office 365を徹底解説します。
少しOffice 365が気になってきた、そんなアナタにピッタリの内容ですよ。

ダウンロードはこちらから!

製品情報に関する記事

標的型メール対策なら Microsoft Defender for Office 365 におまかせ!機能からプラン・価格まで
共有PCでMicrosoft 365 Apps(Office)を利用するための条件をまとめてみた
これでスッキリ? Office 365 各サービスの容量まとめ
GIGAスクール構想のライセンス「GIGA Promo」の特徴と機能
Microsoft CSP:永続型ライセンス(Software on CSP) とは?メリデメ、対象製品などまとめてみた
Office 2019とOffice 365のOffice、同じになった機能・異なる機能比較
AzureとOffice 365の違いを解説!
製品情報 AzureとOffice 365の違いを解説!
【重要】Office 365・Microsoft 365のプラン名称が変更となります(4月21日~)
働き方改革にも役立つ?Teamsについて教えます!
マイクロソフトのライセンスプログラムの違いは?~CSP/OPEN/MOSP の比較~
Office 365のSharePoint Onlineとは?
製品情報 Office 365のSharePoint Onlineとは?
Office 365のメール「Exchange Online」のプランの違いは?
無料で使えるOffice 365がある!?その真相とは
製品情報 無料で使えるOffice 365がある!?その真相とは
メールサービスはやっぱり安全&便利なExchange Online!
Remote Work Starter プランとは?付帯する機能や出来ること・出来ないことまとめ
メールのトラブルにお困りですか?迷ったら王道のExchange Onlineへ!
利用者必見の鉄板オプション!
ライバルに差が付く!Office 365純正オプション対応状況のまとめ!!
サポート切れのOffice、そろそろ乗り換えない?
製品情報 サポート切れのOffice、そろそろ乗り換えない?
気になるTeamsのライセンス体系を解説!
製品情報 気になるTeamsのライセンス体系を解説!
Office 365のOfficeの次期バージョンは「Office 2019」...じゃない?
Exchange Online Plan2のメールボックス容量変更!(100GBへ)
Office 365・Microsoft 365のプランと価格ラインナップをご紹介します
もしも・・・の備え!Exchange Onlineのメール暗号化
新しい法人向け永続版Office「Office LTSC」って何?
Exchange Onlineなら大丈夫!コンプライアンス時代の最強メール機能!
Azure AD Premiumってなに?
製品情報 Azure AD Premiumってなに?
これを読めばわかる!Office 365 一部プラン名称変更のまとめ
デバイス管理とモバイルアプリケーション管理を簡単に行えるIntuneってどんなサービス?詳しく解説!
これであなたも敏腕プランナー?Office 365 Plannerとは
Office 365、単品で提供されているプランはどんなものがある?
OfficeをインストールしたらTeamsがついてきた!?これって使えるの?
さようなら、Skype for Business...!?どうなる、Office 365のweb会議機能
Power BIって何?無料で使える?無料版と有償版の違いや注意点

注目の記事

製品についてのお問い合わせ

導入検討にあたって
情報収集中の方へ

Microsoft 365導入にあたって情報収集中の方に嬉しいホワイトペーパーをご提供しています。

導入でお困りの方へ

Microsoft 365導入にあたって不明点などございましたら、Microsoft 365相談センターへ。Microsoft 365に精通したスタッフが皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

購入をご検討の方へ

Microsoft 365の購入はweb、または日頃お取引のある販売店からもご購入いただけます。

Microsoft 365の
プラン構成がわかる
資料はこちら
資料をダウンロードする