Office 365相談センターブログ

ソフトバンク コマース&サービスがおすすめする Office365

SharePoint Online

SharePoint Onlineの管理に必要な8つの知識!

  • 2013年12月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SharePoint Onlineの管理に必要な8つの知識!

SharePoint Onlineをおさらい!

SharePoint Onlineの容量は、基本容量とユーザー数に応じて決まります☆ 

新しいOffice 365に登場したSkyDrive Proは、SharePoint Onlineのひとつです。 ユーザー専用の個人サイトとして、1ユーザーごとに7GB使えちゃいます♪

 つまり!SharePoint Onlineの全体の総容量を計算する場合 10GB+(500MB×ユーザー数)+(7GB×ユーザー数)となります。


容量の大きいカタログ、たくさんあります!とても容量が足りません...。


PowerPointで作ったカタログ、実は入念に改良を重ねて複数あります!そんな大切なファイルをSharePoint Onlineで管理したいと思ってくださっているアナタには、こっそり教えちゃいます! 実は...Office 365には、「SharePoint Online Storage」というオプションがあります。このオプションでSharePoint Onlineの容量が1GBごとに追加できるのでーす! 価格は1GBあたり$0.20=現在は日本円で17円で提供されています。 Plan Mをご利用の方は2TBまで拡張が可能です。Plan Eなら、なんと25TBまでOK♪ ちなみに...SkyDrive Proの容量は7GB以上に拡張することはできません...

秘伝のファイル!?わが社の歴史を記したファイルがあります!

ひとつのファイルに過去何年もの情報を書き足していると、どーしてもファイルの容量が大きくなってしまいがちですよね。 SharePoint Onlineにアップロードできるファイルの容量制限は250MBまでなんです。。

250MBを超えたファイルは、開くのも編集するにも時間がかかってしまうので、この機会にコンパクトなファイルに分割しませんか? 

SharePoint Onlineの同一フォルダーにアップロードすれば、「あれ?あの年はどうだったけ?」なんて時も迷子になりません、 これからの長い歴史もストレス無く刻んでいけますよ♪

必要な資料がたくさんあって...全部アップロードできる?

あの資料が必要、これも参考にしたい、ビジネスに必要な資料はいくらあっても足りませんよね。 より良いビジネスをしようと思えばこそ、ファイルの数も増えていくものです。 SharePoint Onlineのフォルダーにアップロードできるファイルの数は5,000個まで。 5,000個を超えると、フォルダー内のファイルの並べ替え等の操作がうまくいかなくなってしまうので、フォルダーにロックがかかってしまうのです...。 ご安心ください!

もしも、5,000個を超えてしまう場合は、もうひとつフォルダーを作ればいいのです...♪

部署ごとに、プロジェクトごとにも情報共有の場所を提供したい...

SharePoint Onlineは○○部のフォルダーや、○○プロジェクトの情報、などなど...情報を共有するチームは、目的によって様々ですよね。

 そんな複数のユーザーのために『ひとつの場所』として提供されるのが、SharePoint Onlineの『サイト』です。 サイトは300個まで作れます。


 あなたの会社に合わせたオリジナルのサイトを作ってみてください♪

Office 365相談センターでは、法人のお客さま向けにOffice 365の最新情報をご提供しています。
法人でのOffice 365導入やご利用についての質問は、Office 365相談センターまでお気軽にご相談下さい。
――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
Office 365相談センター
03-6858-6466 office365@licensecounter.jp
平日 10-12時 13-17時(土日祝除く)


Office 365相談センター

Office 365相談センター アドオンソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらの記事は掲載時の情報となり、今後変更となる可能性がございます。

Office 365相談センターへお問い合わせ
このページのトップへ
このページのトップへ
Office 365相談センターへお問い合わせ