Office 365相談センターブログ

ソフトバンク コマース&サービスがおすすめする Office365

SharePoint Online

OneDrive for Business同期アプリがバージョンアップ!

  • 2015年10月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OneDrive for Business同期アプリがバージョンアップ!

OneDrive for Business(クラウドストレージ)の人気が益々高まってきていますよね。
容量無制限化は、まだ遅れているようですが・・・
そこで今回は、「OneDrive for Business」の同期アプリケーション待望の機能強化ポイントをご紹介します。
正式リリースは近日中(2015年内?)のようですが、これまであったらいいな!という改善点ばかりで期待できそうですよ。

大きな変更点は・・・
OneDrive for Business(クラウド)とPC上のフォルダーと同期するOneDrive for Business同期アプリケーションが新しくなる点です。


●その1:同期するフォルダー選択できる!●

OneDrive for Business同期アプリケーション(PC側)へ同期するフォルダーが選択できるようになります。
今まではクラウド側のファイルを「全て同期」してしまう仕様でした。
Windows 10では既にOneDrive(一般消費者向け)サービス用に提供開始になっており、
こちらの機能と同じように、同期対象フォルダーを選択できるようです。
*さらに新しいOneDrive for Business同期アプリケーションは、OneDrive for BusinessとOneDriveの両方に同期ができます。
(iOS版のアプリと同じ仕様ですね。)


●その2:同期可能ファイル数の制限撤廃される! ●

同期できるファイルも、今までは20,000ファイルで同期を制限されていましたが、
今後は上限廃止となります。
*あまり大きなファイル数を同期すると同期がなかなか終わらないので、ご注意くだささい。


●その3:その他...クラウド側の機能も強化!●

OneDrive for Business(クラウド側)の機能も強化されるようです。

・有効期限の設定(ユーザー向け)
⇒ファイル/フォルダー共有時に共有期限が設定できます。

・外部ドメインへの共有制御(管理者向け)
⇒SharePoint Online管理センター上から外部ドメインへの共有を「完全OFF」、
もしくは「ホワイトリスト方式」(許可したドメインのみ)へ外部共有が可能になります。

OneDrive for Business、ますます使いやすくなりそうですね!!



Office 365相談センターでは、法人のお客さま向けにOffice 365の最新情報をご提供しています。
法人でのOffice 365導入やご利用についての質問は、Office 365相談センターまでお気軽にご相談下さい。
――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
Office 365相談センター
03-6858-6466 office365@licensecounter.jp
平日 10-12時 13-17時(土日祝除く)


Office 365相談センター

Office 365相談センター アドオンソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらの記事は掲載時の情報となり、今後変更となる可能性がございます。

Office 365相談センターへお問い合わせ
このページのトップへ
このページのトップへ
Office 365相談センターへお問い合わせ