Office 365相談センターブログ

ソフトバンク コマース&サービスがおすすめする Office365

Office 365 ProPlus

STOP!Office 365のライセンス違反!

  • 2018年01月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
STOP!Office 365のライセンス違反!

みなさま、新年あけましておめでとうございます。
Office 365相談センターの五味です。
「休みボケをする暇もなく、正月休みが終わってしまった...」という気がするくらい、今年はお休みが短かったように感じます。
まぁそれ幸いということで、今年もしっかりOffice 365の情報をお届けしていきたいと思っておりますので、2018年もOffice 365相談センターをぜひこまめにチェックしてくださいね。

さて今回は、Office 365のライセンス購入時の注意点について、ご案内します。
例えばOffice 365には「1ユーザー15台まで※使える!」などの謳い文句をよく見かけますが、これを純粋に捉えてしまうとライセンス違反になりかねません。
Office 365購入の際に是非ご注意いただきたい、ライセンス購入時の注意をまとめました。
※1ユーザーPC5台、スマホ5台、タブレット5台の計15台まで、という意味

購入時に注意!ライセンスの考え方、合ってますか?

Office 365のライセンスは「サブスクリプション」と呼ばれ、従来のような端末単位で買うようなパッケージ製品の考え方とは異なるライセンス形態のため、ライセンスの考え方も異なります。

よくあるライセンス違反な考え方

1ユーザーとは、1企業のことを指す?
正解:✕ Office 365のサブスクリプション(ライセンス)はユーザー(利用者、従業員1人あたり)に対するライセンスです。法人企業を1ユーザーとはカウントしません。
Office 365を1ライセンス買えば、15台のパソコンにインストールできる?15人で利用できるってこと?
正解:✕ Office 365のサブスクリプション(ライセンス)に紐付くユーザーが所有するパソコン(Windows/Mac)5台までインストールすることが出来ます。
その他、スマホ5台まで、タブレット5台までインストールが出来ますので、"合計15台"にインストールすることが出来るという謳い文句がされるのですが、パソコン15台にインストールできる、15人で利用できるという意味では決してありませんので、決してお間違いないようにご注意くださいね!
Office 365のOfficeは端末単位のライセンスか?複数人で1台のPCを使っているなら、1ライセンスでOK?
正解:✕ Office 365はユーザーサブスクリプション。ユーザー1人に1ライセンスが必要なライセンスです。
端末単位のライセンスではありませんので、1台のWindows/Mac のパソコンを複数人で利用されている場合は、原則利用されるユーザー分のライセンスが必要となります。

そもそもOffice 365って何が良いの?今までのOfficeじゃダメなの?

ライセンスの考え方は、なんとなくわかったような、分からないような...。
それにしても、今までのOfficeと何が違うんだ...!今までのOfficeでも我が社は満足なのに、変える必要はあるのか?
クラウドという響きはなんとなく良さそうな気がするけど、Office 365ってそんなに良いのか!?

...そんな声が聞こえてきそうな気がしましたので、ここで改めて、Office 365の魅力についてまとめてみたいと思います。
既にサポートが終了したOffice 2007や、2年後にはサポート終了を控えているOffice 2010をはじめ、Office2013、Office 2016など、従来型の買い切り型のOfficeライセンスとの比較ポイントも簡単にまとめます。

ここが良い!Office 365が選ばれる3つのポイント

常に最新バージョンのアプリケーションが提供されるから、サポート切れの心配なし

【ここが違う!Office 365】従来の買い切り型ライセンスだと、バージョンアップには大変な手間がかかります。(バージョンアップ作業はもとより、検討段階の人的工数とかも、ものすごいですよね)
Office 365なら常に最新版がマイクロソフトから提供されますので、サポート切れもバージョンアップにかかる手間や費用もなし!

時間・場所にとらわれない働き方を実現。働き方改革推進の一手に!

【ここが違う!Office 365】従来のライセンスは1ユーザーあたり2台のWindowsパソコンへのインストールが出来ました。
Office 365はMac含むパソコン5台までに加え、スマホやタブレットにもインストールする権利がついており、1ユーザーが何台もデバイスを所有して使いこなすマルチデバイス時代に対応したライセンス形態になっています。
また、グループウェアも含まれるサブスクリプションを契約すれば、メールや情報共有もいつでも・どこでも可能になり、働き方改革の一つの柱になります。

ライセンス管理の手間を削減できる

【ここが違う!Office 365】今までは、従業員1人1人のOfficeのライセンスキーとライセンスの期間をExcelで手動で管理する、というやり方を取られている企業も多かったのではないでしょうか?
しかも、OPENライセンスなどですと、追加購入したライセンスの終了期間が自動計算されて、ライセンス期間がよく分からない状態に...なんてケースも。。
Office 365ならライセンス管理は、管理者画面から簡単に操作することが出来ますし、そもそも自動更新型の月額/年額サブスクリプションですから、サポート終了期間を気にする必要も、バージョン管理を行う必要もありませんので、管理の手間に割く工数、人的費用の削減につながります。

...というように、Office 365はまだまだ魅力がたくさんあるのですが、ここで書き出すとキリがなくなってしまいますね。
一度このテーマでブログ記事を書きたいなと思っておりますので、どうぞお楽しみに。

Office 365のライセンス購入に困ったら...

Office 365のライセンスの考え方と、そもそもOffice 365って何が良いのか、という点についてご紹介しました。
「でもやっぱりどこかに相談したい」、「我が社には何ライセンス、どのライセンスが必要なんだろう?」という法人導入でお困りのお客さまがいらっしゃいましたら、ぜひOffice 365相談センターへご相談ください。

※Office 365相談センターでは個人契約者さま、購入済みのお客さまからのお問合わせは受け付けておりません。お問い合わせ先のお間違いにご注意ください。

Office 365相談センター

お問合わせはこちら→https://sbb.smktg.jp/public/application/add/270
営業時間:10時~12時、13時~17時 ※土日祝、当社の指定する休日を除く

まとめ

(Office 365の魅力についてご紹介する内容の方が少々厚くなってしまいましたが...)当記事では、Office 365のライセンス違反について、ご紹介しました。

STOP!ライセンス違反!Office 365のライセンスの正しい考え方

  • 1ユーザーとは、従業員1人あたりのこと。1企業のことではありません。
  • Office 365はそのユーザーが所有するパソコン(Windows/Mac)5台までインストールOK。
    15台、または15人で利用できる、と言う意味ではありません。
  • Office 365のOfficeはユーザー単位のライセンス。
    端末単位のライセンスではありませんので、複数人での利用なら、利用人数分のライセンスが必要。

180110.png

Office 365のサブスクリプション(ライセンス)の考え方について、ご理解いただけましたでしょうか?
ご不明な点や分かりにくい点、あるいは、法人企業におけるOffice 365導入に関してのご相談は、Office 365相談センターまでどしどしお問合わせください!
皆様からのお問合わせ、お待ちしております。

Office 365相談センターでは、法人のお客さま向けにOffice 365の最新情報をご提供しています。
法人でのOffice 365導入やご利用についての質問は、Office 365相談センターまでお気軽にご相談下さい。
――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
Office 365相談センター
03-6858-6466 office365@licensecounter.jp
平日 10-12時 13-17時(土日祝除く)


Office 365相談センター

Office 365相談センター アドオンソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらの記事は掲載時の情報となり、今後変更となる可能性がございます。

Office 365相談センターへお問い合わせ
このページのトップへ
このページのトップへ
Office 365相談センターへお問い合わせ