Office 365 全般

Office 365を導入したら考えたい、次のステップとは?

  • 2018年04月23日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Office 365を導入したら考えたい、次のステップとは?

120px_gomichan-maru2.pngこんにちは、Office 365相談センターの五味です。
ブログの更新がしばらく出来ておりませんでした、、、コンスタントに記事をあげていくのって、なかなかハードなのでついつい後回しになってしまいます。
特に年度をまたぐ時は、業務が立て込みがちですし、組織変更なんかもあったりするので余計に...。

さて...そんなぼやきはさておき。
「この4月から新たにOffice 365を使い始めました!」なんてお客さまもいらっしゃるのではないでしょうか?

「Officeやメールなど、Office 365の各機能が使えるようになって仕事がやりやすくなった!」
など、その便利さを実感していただいている・・・のではないかなと勝手に思いを馳せております!!

しかし、ずっと使い続けていただくサービスだからこそ、「便利になったなぁ」と導入しただけで満足するのではなく、ぜひその次のステップ(運用面)も考えてみてほしいなぁと思うのです。
運用面もきっちりしていけば、会社にとってより良いサービスに成長していくこと間違いなし。

というわけで今回は、Office 365導入後に考えるべき次のステップとは何か、についてお話しようと思います。

Office 365導入後に考えるべき、次のステップとは?

クラウドサービスは便利ですが、自社内にサーバーがない分、今までよりもデータの保管や保護の仕方に気を配られるユーザーさんも多くいらっしゃいます。
また、依然としてメールを狙ったウイルスやマルウェアも蔓延しているというのも事実。
Office 365は導入したら終わり、ではなく、導入した後の運用のところも、ぜひ次のステップとして考えてください。
今回の記事でご紹介するのは、こんなユーザー様に特にお伝えしたい内容です!

  • Office 365の"Office"が入ったプランを使い始めたユーザー様
  • Office 365の"メール"が入ったプランを使い始めたユーザー様

Officeをお使いなら、文書の保護

会社で作成するOffice 文書(Word/Excel/PowerPoint)には、大切な情報が詰まっていますよね。
PC、クラウド基盤側での安全対策も必要ですが、やはり独り歩きするデータ(Office 文書)に安全対策を施しておくことも重要ですよ。
そこでお役に立つのが、こちらのオプションプランです!

AIP - Azure Information Protection

AIPで出来ること

Office文書の暗号化・保護が出来ます。
具体的には...

  • 利用ユーザーの参照
  • 編集権限設定
  • 印刷禁止
  • ファイルが開ける有効期限の設定
  • 専用のOffice文書保護ボタン/ラベルで簡単設定

AIPの価格

Azure Information Protection Plan 1:220円/月・ユーザー・税抜き

メールをお使いなら、ウイルスやマルウェア対策

最近では、SlackやLINE Works、Office 365ならTeamsなど、従業員同士のチャットサービスも流行ってきていますよね。
とは言え、なんだかんだ言ってまだまだ情報伝達、業務連絡はメールベースという方が多いのではないでしょうか?

そんなメールを狙ったウイルスやランサムウェアといった攻撃、更にメールの紛失や、退職したユーザーのメールの監査など...メールを安全に使うには多くの課題もつきまとうものです。
Office 365のメール「Exchange Online」をより安全に使うためには、こんなオプションプランをご提供しています!

ATP - Adcanced Threat Protection

ATPで出来ること

Exchange Onlineのアンチウイルス機能。
メールを受信すると、ATP側でメールの添付ファイル・URLを代理で開き、問題がないかを1分程度でチェック。
問題がなければ:メールを正常に受信
問題があると...:メールに問題があったことを報告、もしくは問題のある添付ファイルやURLを削除して受信

予防対策が出来ないゼロデイ攻撃に威力を発揮する、頼れるアンチウイルスエージェントです。(サンドボックス構造での対応)

ATP の価格

Adcanced Threat Protection:220円/月・ユーザー・税抜き

EOA - Exchange Online Archiving

EOAで出来ること

ユーザーのメールボックスのアーカイブ領域の容量を無制限化。
更に、訴訟ホールド/インプレース保持機能をONにすれば、ユーザーが削除したメールも管理者側で保持、確認ができる監査機能。
従業員が退職しても、退職前にExchange Online Archivingを契約していら、退職後もライセンスなしで保持できるという、管理者にはなんとも頼もしい機能付きです。

EOAの価格

Exchange Online Archiving 330円/月・ユーザー・税抜き

まとめ

AIPにATPにEOA...Office 365導入後の次に取り組むべきは、運用に役立つ安全対策。
3つのオプションプラン、覚えられましたか?

  • AIP:Officeをもっと安全に使うための文書保護機能
  • ATP:ゼロデイ攻撃にも備える、メールのアンチウイルス機能
  • EOA:アーカイブ領域を増量しつつ、

180423.png

マイクロソフトさんてどうも長い単語を「3文字」に省略したがるんですよね...。
ちょっと名前がややこしいですが、運用を考えるフェーズに入った管理者の皆さん、ぜひ検討してみてくださいね。
オプションプランの導入をご検討されているお客さまは、ぜひOffice 365相談センターへご相談ください!


Office 365相談センターでは、法人のお客さま向けにOffice 365の最新情報をご提供しています。
法人でのOffice 365導入やご利用についての質問は、Office 365相談センターまでお気軽にご相談下さい。
――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
Office 365相談センター
03-6858-6466 office365@licensecounter.jp
平日 10-12時 13-17時(土日祝除く)


Office 365相談センター アドオンソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらの記事は掲載時の情報となり、今後変更となる可能性がございます。

Office 365相談センターへお問い合わせ
このページのトップへ

Office 365 全般の最新記事

Office 365 全般
Office 365 全般
Office 365 全般
Office 365 全般
このページのトップへ
Office 365相談センターへお問い合わせ

  1. Office 365相談センター
  2. ブログ
  3. Office 365 全般
  4. Office 365を導入したら考えたい、次のステップとは?