Skype for Business Online

気になるTeamsのライセンス体系を解説!

  • 2019年07月05日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気になるTeamsのライセンス体系を解説!

Office 365伝道師 五味ちゃんこんにちは、Office 365相談センターの五味です。
前回の更新からまた少しブログ更新の間が空いてしまいました。実はここ最近は、新しいホワイトペーパーを作成したりしています。そろそろ公開できそうなので、楽しみにしていてくださいね。

さて、九州地方では今年も記録的な大雨が続き、災害も発生しているようですね。
被災された皆様におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。

一方関東地方では、まさに梅雨、といった感じのどんよりとした天気が続いていますね。
早く夏になってほしいような、でも夏も暑いからどうだろう...という気もします。
実は昔、営業として外回りをしていた時期もあるのですが、梅雨は梅雨でスーツの肩や裾、靴やカバンを雨に濡らしながら歩き回るのはしんどいし、かと言って夏は10分も歩いたら熱中症になるのではという炎天下で、それはそれで大変しんどいんですよね...。
しかしそんな時こそ、web会議やビジネスチャットが簡単にできる「Teams」を活用してみませんか?

今回の記事では、ますます注目が集まる「Teams」の "ライセンス" について詳しく見ていきます。
もし「Teamsって何?」「どんな事ができるの?」という疑問をお持ちの方は、Office 365相談センターの過去ブログでも紹介していますので、あわせてこちらもぜひお読みください。

復習:Teams って何?

本題に入る前に、まずは「Teamsってなんぞや?」からちょっと復習してみましょう。
「もうそんなことは知ってる!」という方は、次の項目までジャンプしてOKです。

Teams を使うと、何ができる?

Teamsは、Office 365に含まれる様々な機能の"ハブ"となって、チーム間のコミュニケーションをより活発化させることに効果的なツールです。
Office 365というと、どうしてもWord, Excel, PowerPointといったいわゆる"Office"を想像しがちですが、Office 365にはOfficeの他にも、メール・スケジュール、web会議、ビジネスチャット、ファイル共有などなど、たくさんの機能が含まれているグループウェアです。
Teamsは、それらの機能をユーザーがフルに活用できるように繋ぎ合わせる、まさに「ハブ」となります。
チームメンバーとのファイルの共有や同時編集、スケジュール機能を利用したweb会議スケジュールの簡単な作成、チーム間のタスク管理などを、一つのツールで使えるようになります。

Teams が提供する主な機能

  • ビジネスチャット
  • 音声会議
  • web会議
  • ファイルの共有と共同での同時編集
  • プロジェクトやタスクの管理

Teams が役立つ業務シーン

Teamsは、日常の業務の様々なシーンで活躍しますよ!

  • テレワーク導入時のコミュニケーションツールとして。在席状況もアイコンやメッセージで簡単に分かるので、オフィスにいるかどうか、は重要ではなくなります
  • すぐに遠隔地の担当者と連絡が取りたいときも、相手のスケジュールを確認して手軽に会議を調整し速やかに開催できます。
  • チーム間でのファイルの保存と共有の場所として。「共有フォルダ」の場所として使え、ファイルの同時編集も簡単に行えます。「バージョン違いのファイルがあちこちに出来てどれが最新版だかわからない・・・!」なんてお悩みも解決
  • チーム間でのプロジェクトやタスクの簡易的な管理ツールとして。タスクの期限が近づくとリマインダーを受け取ったり、チームメンバーにタスクを割り振ることも可能。

Teamsのライセンスの考え方

Teams は「ユーザーライセンス」

Teams はユーザーライセンス(サブスクリプション)です。
利用者1人1人につき、Teamsの利用権が含まれたライセンスのご契約が必要です。

会議システムでありがちな、拠点ライセンスや端末ライセンスと言った考え方はありません。

拠点間で会議をする場合や、会議室で会議をする場合など、参加者全員が端末を持参せずに、代表者だけがTeamsを操作する端末を用意すれば良いのではないですか?
いいえ、会議に参加する全ユーザー(Web会議をする会議室のその場にいる方全員)のライセンスが必要です。
Teamsを使いたいのですが、Teams単品のプランが見当たりません。Teamsを使うにはどのプランを契約すれば良いですか?
Teamsには、それ単品でご提供するプランはありません。Teamsが含まれている下記プランをご契約いただくことで、お使いいただけます。
・Office 365 Business Essentials/Business premium
・Office 365 E1/E3/E5
Office 365 Businessを契約しているのですが、Teamsのアプリケーションが含まれています。立ち上げたのですが、使えないみたいなんです...
はい。Office だけのプラン(Office 365 Business/ProPlus)ではTeamsはご利用いただけません。確かにデスクトップクライアントアプリケーションは含まれているのですが、それは"ガワ"だけ。デスクトップクライアントアプリケーションだけでは、IM/通話/web会議といった機能をお使いいただくことはできません。

まとめ

いかがでしたか? Teamsのライセンス体系について、理解は深まりましたでしょうか。
まとめると...

今回の五味ちゃんワンポイントまとめ

  • Teams はユーザー1人1人にライセンスが必要なユーザーサブスクリプション
  • 拠点ライセンスや端末ライセンスと言った考え方はありません。
  • Teamsには単品のプランがないため、Office 365のパッケージプランを契約する必要がある

20190705-teamslicense.png

法人でTeamsを導入する際に心配事や分からないことがあれば、ぜひOffice 365相談センターにお気軽にお問い合わせください。 Office 365に精通したスタッフが、皆さまからのお問い合わせやご相談に丁寧に回答いたします。

それではまた次回のブログでお会いしましょう。

Office 365相談センターでは、法人のお客さま向けにOffice 365の最新情報をご提供しています。
法人でのOffice 365導入やご利用についての質問は、Office 365相談センターまでお気軽にご相談下さい。
――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
Office 365相談センター お問い合わせフォーム


Office 365相談センター アドオンソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらの記事は掲載時の情報となり、今後変更となる可能性がございます。

Office 365相談センターへお問い合わせ
このページのトップへ

Skype for Business Onlineの最新記事

Skype for Business Online
Skype for Business Online
Skype for Business Online
Skype for Business Online
このページのトップへ
Office 365相談センターへお問い合わせ

  1. Office 365相談センター
  2. ブログ
  3. Skype for Business Online
  4. 気になるTeamsのライセンス体系を解説!