製品仕様・機能変更

これを読めばわかる!Office 365 一部プラン名称変更のまとめ

  • 2020年04月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
これを読めばわかる!Office 365 一部プラン名称変更のまとめ

Office 365伝道師 五味ちゃん こんにちは、Office 365相談センターの五味です。
先日もご案内したとおり、本日2020年4月21日より、一部のOffice 365のプラン(具体的には、Businessファミリーのプランと、Office単体のプラン)の名称が、Microsoft 365にブランド統合され変更となりました。

ただでさえ「Office 365とMicrosoft 365って何が違うの?」というくらい名称が似通っていることに加え、変更後のプラン名もとても覚えづらいので、Office 365のユーザーさんをはじめ、Office 365の販売パートナーの皆さんも混乱されることかと思います。また、Office 365をこれから導入したいと考えているお客さまも、Office 365/Microsoft 365のプラン名の変更について意識してください。

さて、というわけで今回の記事では、Office 365のプラン名の変更について改めて整理してお伝えします。
現在ご利用されているプランがOffice 365 Business~から始まる名称のプランをご利用されているユーザー企業の方、Office 365をこれから導入したいと考えている企業の方、そして、Office 365の販売店のご担当者の方はぜひご一読ください。

そもそも、Office 365とMicrosoft 365って何が違うの?

一部のOffice 365がMicrosoft 365になった、というとやはり一番最初に疑問に浮かぶのが、「Microsoft 365って何?」、「Office 365とMicrosoft 365って何が違うの?」というところではないでしょうか。Microsoft 365はまだまだ新しいサービスで、Office 365に比べたら知名度は雲泥の差くらいあるので、そういう疑問を持たれるのも仕方のないことです。
今までは、Office 365とMicrosoft 365の違いって解説しやすかったんですけど、今回のプラン名変更でOffice 365とMicrosoft 365の間にほとんど違いがなくなってしまった...というのが、我々販売側としても説明がしづらくて苦しいところだったりします。

今までは、Office 365+Windows OS+EMS=Microsoft 365という位置づけだった

今までは、Office 365とMicrosoft 365の違いは下記のように明白でした。

  • Office 365:メール・スケジュール(Exchange Online)、ファイルストレージと共有(OneDrive for Business・SharePoint Online)、web会議とチャット(Teams)、WordなどのOfficeアプリケーション(Office)などの総称。まとめてご提供することも、1つ1つ単品でご提供することも可能なクラウドサービス
  • Microsoft 365:Office 365に加えて、最新のOSであるWindows 10 OSと、セキュリティ対策機能のIntune/EMSをまとめてパッケージング化して提供するクラウドサービス

特に昨今のような新型コロナウイルスで在宅勤務を強いなければならないような状況下では、テレワークの環境が揃っていない(家で使えるOfficeもない、グループウェアもない、出来ればPCはVDIで使わせたい、セキュリティはしっかり対策したい...)ような企業にはMicrosoft 365がおすすめ、といった案内もしてきました。

これからは、Office 365とMicrosoft 365に違いがあまりなくなる

冒頭でお話したように、一部のOffice 365のプラン(具体的には、Businessファミリーのプランと、Office単体のプラン)の名称が、Microsoft 365にブランド統合され変更となったため、これからはOffice 365とMicrosoft 365の境目、違いといったものはあまりなくなったと言っても良いかと思います。たまたまプラン名がOffice 365だったり、Microsoft 365だったりする、というような。
ただ、それだと皆さんにとっては分かりづらいのではないかと思いますので、今後Office 365が必要になるケースとMicrosoft 365が必要となるケースを考えてみましょう。

Office 365のプランが必要なケース

これからの「Office 365」とは、Word, Excel, PowerPointといったおなじみのOfficeアプリケーション(Microsoft 365 Apps)と、メール・スケジュールやビジネスチャット、ファイル共有などのグループウェアサービスのこと。300名以上で、グループウェアサービスのみ、またはグループウェアサービスとOfficeアプリケーションの組み合わせのみをご利用されたい企業や、グループウェア機能を単品で利用したい企業には、Office 365の名前を関したプランのご提供となります。

  • 300名以上で、web会議・ビジネスチャットツールの「Teams」を始めとしたグループウェアサービスのみ利用したい企業(Office 365 E1)
  • 300名以上で、「Teams」をはじめとしたグループウェアサービスと、Officeアプリケーションの組み合わせのみをご利用されたい企業(Office 365 E3/E5)
  • メール・スケジュール(Exchange Online)やファイル共有(SharePoint Online)など、グループウェアサービスを単品で利用したい企業
Microsoft 365のプランが必要なケース

これからのMicrosoft 365は、Office 365に加えて、最新のWindows OS, 多彩で高度なデバイス セキュリティまで、テレワーク環境を整えるために必要なすべての機能を提供するサービスです。現在のところ、Officeアプリケーション単品(Microsoft 365 Apps)と、Microsoft 365に含まれるグループウェアサービスが組み合わせられたパッケージプランのみ提供しています。

  • 300名以下で、Teamsを始めとしたグループウェアサービスやOfficeを利用したい企業
  • Windows OSやセキュリティ対策機能まで、テレワークに必要な環境を一式そろえたい企業
  • Officeアプリケーションのみを単品で利用したい企業

Office 365 Businessファミリーのプラン名称変更のまとめ

では実際にどのプランが、何という名称に変更されたのかをまとめてみます。ただし、ここで注意いただきたいのは、サービスの中身や価格については全くこれまでと変わらないという点です。Microsoft 365に名称変更されたからと言って、急に値段が上がったりとか、Windows OSやIntune/EMSが急に使えるようになったりとかはしません。
ですから、既存ユーザーの皆さんにとっては、利用している分には今までと何ら変わりませんので、ご安心ください。

Office 365 Business~のパッケージプランは、Microsoft 365へ

Office 365 のなかで、Business~から始まるパッケージプランであるOffice 365 Business Essentials、Office 365 Business Premiumは下記に変更となります。Microsoft 365のBusinessファミリーとしてプラン名変更(統合)されるイメージですね。

Office 365 Business Essentials → Microsoft 365 Business Basic
Office 365 Business Premium → Microsoft 365 Business Standard

Office 365のOfficeは、Microsoft 365 Appsへ

Word, Excel, PowerPointといったお馴染みのOfficeアプリケーションをクラウドサービスとして提供する、Office 365 Business、Office 365 ProPlusは下記に変更となります。こちらもMicrosoft 365にブランドが統合されています。

Office 365 Business → Microsoft 365 Apps for business
Office 365 ProPlus → Microsoft 365 Apps for enterprise

Microsoft 365 Businessは、Microsoft 365 Business Premiumへ

そして最後に、Microsoft 365に実はこれまで「Microsoft 365 Business」というプランがあったのですが、これも名称が変更されます。ここが本当に覚えづらいんですよね...

Microsoft 365 Business → Microsoft 365 Business Premium

EnterpriseファミリーのプランはOffice 365のまま残る

さてこのようにMicrosoft 365にブランド統合という形でプランの名称がかわったOffice 365のBusinessファミリーのプランですが、Office 365というサービスが消えるわけではありません。
Office 365のパッケージプランの中で、300名以上でご利用される企業向けに提供していた、Office 365 E1, E3, E5、またExchange Online, SharePoint Onlineなどサービス単品でのご提供も、Office 365のまま変更はありません。

まとめ

いかがでしたか?今回は、Office 365の一部プランの名称変更(Microsoft 365へのブランド統合)についてお伝えしました。

o365plan-rename-summary.png

五味ちゃんのワインポイントまとめ | Office 365相談センター今回の五味ちゃんワンポイントまとめ

  • これからは、Office 365とMicrosoft 365の違いがほぼなくなる
  • Office 365 Business Essentials → Microsoft 365 Business Basic
    Office 365 Business Premium → Microsoft 365 Business Standard
  • Office 365 Business → Microsoft 365 Apps for business
    Office 365 ProPlus → Microsoft 365 Apps for enterprise
  • Microsoft 365 Business → Microsoft 365 Business Premium
  • 一部のプラン(Eが頭につくプランや、Office以外の単体製品)は、引き続きOffice 365として提供される

Office 365/Microsoft 365相談センターのサイトの各ページや、そこで無料でご提供しているダウンロード資料については現在急ピッチで変更作業をしています。(どちらもサイト運営しているのが私一人というのもあって、間に合っていなくてごめんなさいね、、、)旧プラン表記になっているところがあったら、この記事を参考に脳内で変換してくださいね。

この他、法人でのOffice 365導入時(導入前)のご相談は、Office 365相談センターまでお気軽にお問い合わせください。
※導入後のお問い合わせは、販売店さま、もしくは購入後の問い合わせ窓口までお願いいたします。
Office 365の専任スタッフが皆さまからのお問い合わせやご相談に丁寧に回答いたします。

それではまた、次回のブログでお会いいたしましょう!

PHOTO:Kangalさんによる写真ACからの写真

Office 365相談センターでは、法人のお客さま向けにOffice 365の最新情報をご提供しています。
法人でのOffice 365導入やご利用についての質問は、Office 365相談センターまでお気軽にご相談下さい。
――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
Office 365相談センター お問い合わせフォーム


Office 365相談センター アドオンソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらの記事は掲載時の情報となり、今後変更となる可能性がございます。

Office 365相談センターへお問い合わせ
このページのトップへ

製品仕様・機能変更の最新記事

製品仕様・機能変更
製品仕様・機能変更
このページのトップへ
Office 365相談センターへお問い合わせ

  1. Office 365相談センター
  2. ブログ
  3. 製品仕様・機能変更
  4. これを読めばわかる!Office 365 一部プラン名称変更のまとめ