Office 365 全般

テレワーク環境を整えるチャンス!Teamsが6ヶ月間無料で使える「テレワーク支援キャンペーン」

  • 2020年04月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テレワーク環境を整えるチャンス!Teamsが6ヶ月間無料で使える「テレワーク支援キャンペーン」

Office 365伝道師 五味ちゃん こんにちは、Office 365相談センターの五味です。
新型コロナウイルスの蔓延により、在宅勤務・テレワークの必要性や時差出勤が全世界的に叫ばれていますが、皆さんの会社では在宅勤務・テレワークの際にどのようなツールを使っていますか?

特にこの一連の騒動が始まって以降、web会議ツールに注目が集まっていますよね。Office 365・Microsoft 365相談センターを運営しているSB C&Sでも、加速度的に利用が広まっているZoomの法人向けライセンスを取り扱い始めたのですが、そのお問い合わせの量には驚くばかりです。Office 365・Microsoft 365もそれくらい注目が集まれば...(涙)

確かに、Office 365・Microsoft 365ってどうしてもいろいろ機能があって複雑ですし、特段新しいサービスと言うわけでもないですし...なんだったらもう既に結構利用が広まっている...というのもありますからね。こうした情勢を受けてかつてないような爆発的な広がりとまではいかないのが、私としてはちょっと複雑な心境です。
いえ、嬉しいことに、かつてないくらいTeamsについての問い合わせをいただいてはいるのですが、比較してしまうと、という意味で。

さて...そんな私のボヤキはさておき。
実はこの度、Office 365・Microsoft 365のweb会議・ビジネスチャットツールである「Teams」が使えるパッケージプランを6ヶ月間無料でお試しいただけるキャンペーンを開始いたしました!

web会議ツールやビジネスチャットツール、そしてクラウドストレージなど、テレワーク環境を急いで整備したい企業のご担当者の方、ぜひこの機会に、Office 365・Microsoft 365をお試しくださいね!

テレワーク支援キャンペーンのご案内

Office 365・Microsoft 365のweb会議・ビジネスチャットツールである「Teams」が使えるパッケージプラン、Office 365 E1およびMicrosoft 365 Business Basic(旧Office 365 Business Essentials)の試用版を、6ヶ月間無料でご提供するキャンペーンを開始いたしました。まだTeamsをご利用されたことのないお客さまが対象(Office単品プランは使っているけど、Teamsは利用したことがないといったお客さまなども対象)のキャンペーンとはなりますが、テレワーク環境を急いで整備したい企業のご担当者の方におすすめです。ぜひお申し込みくださいませ!

キャンペーンのお申込みはこちら:
テレワーク支援キャンペーンのお申込みはこちら

キャンペーン概要

テレワーク環境の整備に必要な web会議、ビジネスチャットやクラウドストレージなどの機能が揃ったビジネスコラボレーションツール「Microsoft Teams」を、6ヶ月間無料でご利用いただけるトライアルプラン(試用版)をご用意いたしました。

・ご提供プラン : ①Office 365 E1 試用版、②Microsoft 365 Business Basic※試用版(予定) ※1・2・5
・トライアル有効期間 : 発行日から6ヶ月間 ※3
・申し込み受付期間 : 2020年4月22日~メーカー提供終了日まで ※5
・対象 : テレワーク環境の整備を急がれている日本国内企業 ※6・7

  1. Office 365 Business Essentialsが名称変更となりました
  2. 参考価格 : ①Office 365 E1 870円/月・ユーザー(税抜)、②Microsoft 365 Business Basic 540円/月・ユーザー(税抜)
  3. 試用版は有償版と同等の機能がご利用いただけますが、製品保証の適用外である点にご留意ください
  4. トライアル有効期間満了後、サービスは利用できなくなります。
  5. 引き続きご利用いただく場合は、トライアル有効期間満了前までに有償プランへ切り替えのお申し込みが必要です
  6. 教育機関、および個人利用のお客さまは、Microsoftより別プランのご提供がございます
  7. Microsoft CSP Direct Reseller/ Microsoft CSP Indirect Providerさまはお申込みいただけません

Office 365 E1・Microsoft 365 Business Basicでできること

今回のキャンペーンでご提供するOffice 365 E1・Microsoft 365 Business Basic(旧Office 365 Business Essential)試用版※を使うとどんなことが出来るのか、まとめてみました。「テレワークでこんなことが実現できたら良いのに...」というお悩みを解決します。

  • 試用版は有償版と同等の機能がご利用いただけますが、製品保証の適用外である点にご留意ください

ご利用いただけるサービス・機能

まず、Office 365 E1・Microsoft 365 Business Basicでお使いいただけるサービスや機能をご紹介します。

  • web会議・ビジネスチャット(Teams)
  • 大容量の個人用クラウドストレージ(OneDrive for Business)
  • ファイル共有(SharePoint Online)
  • メール・スケジュール(Exchange Online)
  • webブラウザ上でのOfficeドキュメントの編集(Office Online)

実は今回のキャンペーンで提供するこの2つのプラン(Office 365 E1・Microsoft 365 Business Basic)は、Teamsを利用する上で最小のプラン(300名以下でご利用ならMicrosoft 365 Business Basic、300名以上でご利用ならOffice 365 E1)です。つまりTeamsというのは、それ単品での提供がされていないのですね。
ですから上記のようなweb会議以外の機能もお使いいただけるパッケージプランのご案内となっているのですが、まさにここが、「だからこそテレワークにはTeamsがおすすめなのだ」と言えるポイントでもあったりします。

Teamsは他のweb会議サービス何が違う?

Teamsがテレワークにおすすめな理由はたくさんあるのですが、特に他のサービスと比較しての強みを3つご紹介します。

Teamsの良いところ1:あらゆる情報の共有(Officeドキュメント、Tips、タスクなど...)がとにかくしやすいプラットフォーム

TeamsのPlanner画面。タスクの進捗管理までTeamsで行える普通の会議サービスはweb会議に特化した作りとなっていますが、Teamsは一緒に提供されるその他のグループウェア機能との連携が魅力的なポイントです。
TeamsでWord, Excel, PowerPointなどのOfficeドキュメントを送ると、同じチーム内のメンバーに瞬時に共有されます。

Officeドキュメントだけでなく、チーム内で共有したい情報(例えば、この手続のときの手順はこうです、といった簡単なマニュアルや、MTGの議事録)をwikiにリストアップして保存すれば、いつでもチーム内のメンバーがアクセスして閲覧・編集できます。他にも、Plannerというタスク管理アプリケーションと連携させれば、Teams内でプロジェクトの簡単な進捗管理まで行えます。

Teamsの良いところ2:Officeのデスクトップアプリを呼び出せるから、ちょっとした業務効率アップにつながる

「その他のweb会議サービスにもファイルをシェアする機能くらいはついてるよ」と指摘したい方も多いかもしれませんね。Temasは更にシェアされたドキュメントを右クリックで、「デスクトップアプリケーションから開く」ができる、これがOfficeを提供するメーカー、Microsoftが作ったサービスの強みなんです。

ツリー構造にできるので、シェアされたドキュメントの整理も簡単シェアされたドキュメントは、「各自デスクトップなどにダウンロードして開く」のが通常ですよね。しかも、チャットやスレッド上でシェアされた場合、検索して探すのもちょっと面倒という...。
Teamsでシェアされたドキュメントは、チーム内のファイル置き場に保存されるので探すのも簡単ですし、置き場はツリー構造にできるので、シェアされたドキュメントの整理にも便利。また、シェアされたファイルを「デスクトップアプリケーションから開く」を選択することで、Teams(正確にはSharePoint Online)上に保存されていながら、そのまま自分のデスクトップアプリケーションで開けるんです。

クラウド上に保存されたまま編集できることの何が良いかといえば、いちいちみんながファイルをダウンロードして編集して...という作業をしているとバージョンが複数できてしまって、統合するのが大変だったり、どれが最新のバージョン7日がわからなくなってしまうということです。Teamsであればそうした問題が解決され、ちょっとした業務効率アップに繋がります。

Teamsの良いところ3:スケジュールとも簡易的に連携し、社内メンバーの空き時間をサジェスト。スケジューリングしやすい

Teamsのスケジューリング画面他のweb会議サービスにはないところといえば、スケジュール(Exchange Online)と連携して、自分のスケジュール(※現在は自分のみのスケジュールしか確認できませんが)をTeamsのアプリケーション上で閲覧できることと、誰かと会議を組みたいときに、社内のメンバーを指定するとお互いの空き時間をAIがサジェストしてくれる機能がついているところも挙げられます。
自分のスケジュールを確認して、社内メンバーとの会議をセッティングしてメールを送るまでの一連の業務が、全てTeamsのアプリケーション上で出来るんですね。いちいち複数のアプリケーションを跨がなくて良いというのは、一見地味ですが便利なポイントです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、4月22日より提供開始となる「テレワーク支援キャンペーン」についてのご案内と、そのキャンペーンでご利用いただけるプラン(主にTeams)で出来ることについてご紹介しました。
Teamsを使ってみたいという企業のご担当者さま、今からでもテレワーク環境を整えたいとお急ぎの企業のご担当者さま、ぜひテレワーク支援キャンペーンより6ヶ月間のフリートライアルをお申し込みください!

テレワーク支援キャンペーンのお申込みはこちら

この他、法人でのOffice 365導入時(導入前)のご相談は、Office 365相談センターまでお気軽にお問い合わせください。
※導入後のお問い合わせは、販売店さま、もしくは購入後の問い合わせ窓口までお願いいたします。
Office 365の専任スタッフが皆さまからのお問い合わせやご相談に丁寧に回答いたします。

それではまた、次回のブログでお会いいたしましょう!

Office 365相談センターでは、法人のお客さま向けにOffice 365の最新情報をご提供しています。
法人でのOffice 365導入やご利用についての質問は、Office 365相談センターまでお気軽にご相談下さい。
――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
Office 365相談センター お問い合わせフォーム


Office 365相談センター アドオンソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらの記事は掲載時の情報となり、今後変更となる可能性がございます。

Office 365相談センターへお問い合わせ
このページのトップへ
このページのトップへ
Office 365相談センターへお問い合わせ

  1. Office 365相談センター
  2. ブログ
  3. Office 365 全般
  4. テレワーク環境を整えるチャンス!Teamsが6ヶ月間無料で使える「テレワーク支援キャンペーン」