Office 365 ProPlus

Officeの更新管理や提供バージョン管理画面がリリースされました!

  • 2016年02月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Officeの更新管理や提供バージョン管理画面がリリースされました!

2015年9月に、Office 2016提供情報と同時に発表された新しい更新管理機能 「Current Branch」と
「Current Branch for Business」がようやくお目見えとなりました。
設定を行うと、米国時間2月23日からその設定の反映が有効になりますよ。

160224.png



◆Office 365 ProPlusの新しい更新設定管理画面でできること

(1)更新頻度の設定(毎月/4ヶ月毎)
・Office 2016アプリケーションの更新頻度の設定が追加されています。
・毎月更新(Current Branch)をするか、4ヶ月に一度(Current Branch for Business)の更新にするかが選べます。

(2)提供バージョンの設定(Office 2013/2016バージョン)
・現在ユーザーがインストールできるOfficeのバージョンであるOffice 2013 ProPlus、とOffice 2016 ProPlus。
 この2つのインストールファイルの表示、非表示をON/OFFで設定できますよ。
*Office 365 Businessご利用者に朗報...?
今回の更新頻度、提供バージョン(2013/2016)が設定管理できるようになっています。
もうOffice 2013 Businessをインストールするために、オフラインインストールと呼ばれる特別なインストールは必要なくなります。



◆Office 365 ProPlus 2013 を引き続き実行する方法

どうしても、Officeの更新を完全に止めたいという方には、Officeの更新を完全に停止する方法もあります。
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3097292


Office 2016リリースから早くも5ヶ月が経過しましたが、
更新頻度設定、提供バージョンの設定も管理できるようになり、また一段とOfficeの管理がしやすくなってきましたね。



Office 365相談センターでは、法人のお客さま向けにOffice 365の最新情報をご提供しています。
法人でのOffice 365導入やご利用についての質問は、Office 365相談センターまでお気軽にご相談下さい。
――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
Office 365相談センター
03-6858-6466 office365@licensecounter.jp
平日 10-12時 13-17時(土日祝除く)


Office 365相談センター アドオンソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらの記事は掲載時の情報となり、今後変更となる可能性がございます。

Office 365相談センターへお問い合わせ
このページのトップへ

Office 365 ProPlusの最新記事

Office 365 ProPlus
Office 365 ProPlus
Office 365 ProPlus
このページのトップへ
Office 365相談センターへお問い合わせ

  1. Office 365相談センター
  2. ブログ
  3. Office 365 ProPlus
  4. Officeの更新管理や提供バージョン管理画面がリリースされました!