Office 365 全般

Office 365、単品で提供されているプランはどんなものがある?

  • 2019年12月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Office 365、単品で提供されているプランはどんなものがある?

Office 365伝道師 五味ちゃん
こんにちは、Office 365相談センターの五味です。
Office 365には、パッケージプランだけでなく、メールやファイルストレージなど単体でもサービスが提供されています。今回はこれらの単体プランのサービスをご紹介したいと思います。

単体プランで提供されているサービス

単体プランで提供されているサービスは次の通りです。

Exchange Online

Exchange Onlineは、デバイスを選ばすいつでもどこでもメールやスケジュールが利用できるメールのクラウドサービスです。1ユーザーあたり50GBという大容量のメールボックスが付与されるので、容量をあまり気にすることなく利用できるのが嬉しいポイント。また、クラウドサービスなので、今までのようにメールサーバーの導入は不要ですから、導入にかかる初期費用や管理や保守運営のコストを最適化できますし、セキュリティやコンプライアンス強化も狙えますよ。

Exchange Onlineについては、こちらの記事でも詳しく解説しています。

メールのトラブルにお困りですか?迷ったら王道のExchange Onlineへ!
メールサービスはやっぱり安全&便利なExchange Online!
Office 365のメール「Exchange Online」のプランの違いは?

SharePoint Online

クラウド上の"共有フォルダ"ことSharePoint Onlineは、チーム内や企業内でデータをリアルタイムに共有・共同編集できるサービスです。常にリアルタイムに資料が更新されていくので、社内に幾つも異なったバージョンの資料が同時に横行することがなくなります。その他にも、アンケートやワークフローなどの機能も充実しています。

SharePoint Onlineについては、こちらの記事でも詳しく解説しています。

人気急上昇中!?SharePoint Onlineが今アツいワケとは・・・
「Office 365の移行を阻む、"SharePoint Onlineのカベ"を乗り越えろ!」
EOSの恐怖!「どうする、SharePoint Server」の巻 僕たち一体、どうすりゃいいの?

OneDrive for Business

OneDrive for Businessは"個人用"のクラウドストレージ。OneDrive for Businessにファイルを保存しておけば、デバイスを問わずアクセスできるので、どこでも仕事の続きができる便利なサービスです。
また、社内外のメンバーにファイルを共有することも簡単。ファイルの共有をクリックすると、URLが払い出されますので、それを共有したい相手に伝えるだけです。

メールに添付してファイルを送ったその直後で、「ここ修正してなかった!」と気付いてすぐに修正して送り直すことってありませんか?そんな場合でも、URLでファイルを共有しておけば、いつでも相手は最新の状態でファイルを閲覧(あるいは権限によっては編集も)できますから、わざわざ重たいファイルを送信し直すなんて手間がかからないですよね。ダウンロードや印刷禁止設定なんかもできるので、共有したい相手によって共有方法を変えられるのも嬉しいポイントです。

OneDrive for Businessについては、こちらの記事でも詳しく解説しています。

OneDrive for Business にバックアップはできる?
OneDrive for Businessの容量って拡張できるの?
OneDrive for Businessの外部共有設定が、より分かりやすく便利に!

Project Online

WBSとガントチャートを用いたプロジェクトの進捗管理から始まり、PPMによるプロジェクトの評価リスク管理まで行えるプロジェクト管理サービスです。現場から経営に至るすべてのフェーズに役立つ機能が含まれていますので、特に全体像の把握が難しい大規模プロジェクトなどに有効です。

Visio Online

ブロック図、フローチャート、タイムライン、仕様記述言語(SDL)などでの作図を効率的に行うアプリです。フローを見える化し、業務やプロジェクトなどの整理を行う際の手助けになります。

単体プランの機能と料金をご紹介

tantai02.jpg

では、ここまでご紹介したアプリの単体プランに含まれる主な機能と費用についてご説明します。

Exchange Online

Exchange Online Plan1

価格:440円/月・ユーザー(税抜)
主な機能:
・メールボックス容量:50GB
・モバイルデバイスでのメール利用
・Microsoft Outlookの利用
・Active Sync
・メール閲覧プロトコル:POP,IMAP

Exchange Online Plan2

価格:870円/月・ユーザー(税抜)
主な機能:Plan 1の機能に加え、
・無制限のアーカイブ領域
・コンプライアンス対応メールボックス

SharePoint Online

SharePoint Online Plan1

価格:540円/月・ユーザー(税抜)
主な機能:
・基本既往領域:1T
・ポータルの作成
・ドキュメント管理
・ワークフロー

SharePoint Online Plan2

価格:1,090円/月・ユーザー(税抜)
主な機能:Plan 1の機能に加え
・基本既往領域:1TB※拡張可能
・Forms、Excel、Visioとの連携
・電子情報開示
・アイテム保持ライブラリによるコンプライアンス対応
・動画検索

OneDrive for business

OneDrive for business Plan1

価格:540円/月・ユーザー(税抜)
主な機能:
・ユーザー 1 人あたり 1 TB の OneDrive ストレージ
・保存できるファイルの最大サイズ 15 GB

OneDrive for business Plan2

価格:1,090円/月・ユーザー(税抜)
主な機能:Plan 1の機能に加え
・容量無制限の個人用オンライン ストレージ
・高度なデータ損失防止機能 (DLP) で機密情報を識別、監視、保護
・インプレース ホールドを使用して削除済みや編集済みのドキュメントを電子情報開示に備えて保持

Project

Project Essentials

 価格:760円/月・ユーザー(税抜)
主な機能:
・どのようなプロジェクトでもすばやく開始してコントロールできる
・簡単かつ効率的に計画を作成してステータスを追跡
・ほぼどこからでも他のユーザーと共同作業可能

Project Online Professional

価格:3,260円/月・ユーザー(税抜)
主な機能:
・簡単かつ効率的に計画を作成してステータスを追跡でき、スケジューリングとコスト計算も可能
・ほぼどこからでも他のユーザーと共同作業可能
・リソースを割り当てるためのリソース管理機能
・1 件のサブスクリプション ライセンスで Project Online デスクトップ クライアントを同時に最大 5 台にインストール可能

Project Online Premium

価格:5,980円/月・ユーザー(税抜)
主な機能:
・Project Online Professional のすべての機能に加えて、次の機能が含まれます。
・Web ブラウザーを介してほとんどいつでもどこからでもアクセス可能
・リソース管理
・ポートフォリオの選択と最適化
・需要管理
・エンタープライズ リソース管理
・すぐに利用できるポートフォリオ レポート

Visio Online

Visio Online Plan1

 価格:6,530円/年
主な機能:
・図表作成用テンプレート
・ブロック図、フローチャート、タイムライン等の作図機能とテンプレート
・ドキュメントをWebベースリンク、画像、PDF等で共有
・2GBのOneDriveストレージ

Visio Online Plan2

 価格:19,580円/年
主な機能:Plan 1の機能に加え、
・最新バージョンのデスクトップアプリ
・BPMN 2.0、UML2.5、IEEEなどに準拠した図形、テンプレート
・データオーバーレイ、アイコン、色、グラフィックス等による表現
・Power BIダッシュボードとの統合
・複数PCへのインストール
・AutoCAD図面のサポート

パッケージプランと単品での契約、どっちが良い?

tantai04.jpg

この記事では、Office 365のサービスで単体で提供されているサービスをご紹介してきましたが、ProjectとVisio以外はパッケージプランにも含まれるサービスなんですよね。
となると、やはり皆さんお悩みになるところってやっぱり「単品で購入するのとパッケージプランと、結局どっちで買えばいいの?」ってとこじゃないでしょうか?実際、Office 365相談センターにもどのプランが最適なのか、いつもたくさんご相談をいただいています。

ポイントは、『単品で購入検討する場合は、パッケージプランの価格とよく比較せよ!』です。

例えば、個人のクラウドストレージが欲しい場合には、OneDrive for Business Plan1なんかを検討いただくことになります。

価格を見ると...
OneDrive for Business Plan1:540円/月・ユーザー(税抜)

それに対して、Office 365のパッケージプランであるBusiness Essentials は...
Office 365 Business Essentials (Exchange Online, SharePoint Online, OneDrive for Businessが含まれる):540円/月・ユーザー(税抜)

「えっ、OneDrive for Business Plan1とパッケージプランのBusinessEssentials って同価格なの...」
と驚かれた方もいるはず。
案外、パッケージプランってオトクなんですよね。

もし、クラウドストレージだけでなく、メールやチーム内のファイル共有などでも使えたほうが便利と思っているとか、Exchange OnlineとOneDrive for Business両方買おうと思ってたとか、そんな場合には、パッケージプランをご利用いただいたほうが断然オトクってわけです。

こんな感じで、単品での購入を検討される場合は、パッケージプランとよく比較検討された上で購入いただくことをおすすめします。もちろん、どれが良いのかわからない!といった場合には、Office 365相談センターのOffice 365専任スタッフが、御社に必要なプランをご提案しますのでお任せください。

まとめ

s_gomichan-3shiro.pngProject OnlineとVisio Onlineは単体プランしかないため必要な場合は単体で導入する必要があります。残りの3つはOffice 365のパッケージによって含まれるか否かが変わります。他のOffice Suiteはオンプレスミス版を使っている場合などは、状況に応じて単体プランの導入を検討してください。

もし導入に際してご不明な点や不安なことがあったら、Office 365相談センターまでお気軽にお問い合わせくださいね。Office 365の専任スタッフが皆さまからのお問い合わせやご相談に丁寧に回答いたします。

では、また次回のブログでお会いしましょう!

Office 365相談センターでは、法人のお客さま向けにOffice 365の最新情報をご提供しています。
法人でのOffice 365導入やご利用についての質問は、Office 365相談センターまでお気軽にご相談下さい。
――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
Office 365相談センター お問い合わせフォーム


Office 365相談センター アドオンソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらの記事は掲載時の情報となり、今後変更となる可能性がございます。

Office 365相談センターへお問い合わせ
このページのトップへ
このページのトップへ
Office 365相談センターへお問い合わせ

  1. Office 365相談センター
  2. ブログ
  3. Office 365 全般
  4. Office 365、単品で提供されているプランはどんなものがある?